ヒューマンビートボクサーSO-SOによる初の撮り下ろしライブ映像をTongpooから有料配信 監督はマザーファッ子

SO-SOの地元大阪で音楽制作のインスピレーションの源を映し出す【前編】、そして新木場「USEN STUDIO COAST」でド派手なパフォーマンスを繰り広げる【後編】の二部構成となっている。
SHARE
2021.07.08 07:00

ヒューマンビートボクサー、SO-SOの初撮り下ろしライブ映像作品『SO-SO THE LOOP ALIEN』がコンテンツメーカー"Tongpoo"から2021年8月2日(月)有料配信されることが決定した。




ABCマート、ファンタなど、さまざまなブランドのWEBCMに出演。さらに音楽番組「関ジャム完全燃SHOW」「スッキリ」へゲスト出演もするなど、お茶の間まで知名度を広げている注目度No.1のヒューマンビートボクサーSO-SO。


ループステーションやボーカルエフェクターを使って自身の口から発せられる音を多重録音し、リアルタイムに音楽を構築していくパフォーマンスで世界を舞台に活躍中。ダークテクノ、ハードコア、エレクトロ、ベースミュージックなど、ダンスミュージックのトレンドのすべてが詰まったサウンドを声で創り上げる。


ヒューマンビートボックス歴4年ながら、その実力はポーランドで開催された世界大会『GRAND BEAT BOX BATTLE 2019』のループステーション部門でトップ4入り、同年の台湾で行われたアジア大会では見事チャンピオンに輝いたほど。2021年の世界大会では優勝候補として大きな期待が寄せられている。



そんなSO-SOの初撮り下ろしライブ映像作品『SO-SO THE LOOP ALIEN』が、コンテンツメーカー"Tongpoo"から2021年8月2日(月)有料配信される。



本作は日常と非日常をテーマに、SO-SOの地元大阪で音楽制作のインスピレーションの源を映し出す【前編】、そして新木場「USEN STUDIO COAST」でド派手なパフォーマンスを繰り広げる【後編】の二部構成。


映像監督はMONDO GROSSO、SIRUP、あっこゴリラ、SCANDAL、Mrs. GREEN APPLEらのMVを手掛けてきた、サイケデリックな世界観やカラフルなライティングを得意とするマザーファッ子。新木場「USEN STUDIO COAST」でサイバーパンクな世界観を生み出してくれたレーザー演出はYAMACHANG。ライティングはSHINTARO MIURAが担当した。






SO-SOコメント

Wassup?

初めまして、ヒューマンビートボクサーのSO-SOです!


今回ご縁を頂きまして、「SO-SO THE LOOP ALIEN」と題し、Tongpoo videosの企画に参加させて頂きました!


改めて少し自己紹介をすると、僕は普段自分の口から出る音を使って曲を作っています!

そんな僕が今回、空港や学校、工場などで色々な音を録音して、今までにない新しい曲作りに挑戦しました!


さらにSTUDIO COASTのアリーナで無数のレーザーと最強のVJでDJ&Beatboxのライブをさせて頂きました!

全てオリジナル曲の渾身のライブパフォーマンス、ぜひご覧あれ!


SO-SO


マザーファッ子コメント

今回のお話を頂いた当初、YouTubeでビートボックスのパフォーマンスを拝見した時は、純粋に物凄くビートボックスがうまい!すごい人だなあ。。と思ったのですが、制作が進むにつれ、トラックメイクのセンスやパフォーマンス力の高さにも驚きました。環境音から楽曲を制作する過程が作中描かれていますが、SO-SOさんがビートボックスで出す音のルーツも少し覗けるんじゃないかなと思います。


ビートボックスのチャンピオンとしてのSO-SOさん、トラックメイカーとしてのSO-SOさん、両方の面を堪能して頂ける作品だと思います。


映像の中でSO-SOさんは様々な音を操っていて、音を操る宇宙人なんじゃないか・・・と思ってしまうパフォーマンスが詰まっているので、ぜひ楽しんでご覧になってください。


マザーファッ子



"Tongpoo"はエンタメ業界に生きる人々の"原点"に新たな価値や可能性を宿らせる集団(コンテンツメーカー)。映像/アート/ファッションなど多彩なアウトプットでワクワクする体験を生み出す。これまでにDJ KENTARO、PUNPEEのオリジナル動画を配信。動画ならではの毎回趣向を凝らしたライブエンターテインメントの作品撮りが話題になっている。


"Tongpoo"のECサイトではPUNPEEも愛用するオーディオケーブルブランド「オヤイデ電気」とのコラボ商品を含む、アパレルも好評発売中。近日にはSO-SOと"Tongpoo"のコラボアイテムも登場する。

▶https://tongpoo-tokyo.shop/


【関連記事】

SO-SOインタビュー|世界で戦うビートルーパーが語るビートボックス最前線




【作品情報】


名 称:SO-SO THE LOOP ALIEN|Tongpoo videos vol.3

配信日:2021年8月2日(月)開場20:30/開演21:00(8月4日23:59までアーカイブ視聴可)

料 金:2,200円

視聴チケット:https://tongpoo.zaiko.io/e/Tongpoo-videos-vol3


監 督:マザーファッ子

出 演:SO-SO 

映像制作:REALROCKDESIGN

協 力:クリエイティブマンプロダクション

Photo by Masanori Naruse


【プロフィール】


SO-SO

1999年生まれの日本のヒューマンビートボクサー。 ループステーションやボーカルエフェクターを使って自身の口から発せられる音を多重録音し、リアルタイムで音楽を構築していくパフォーマンスが武器である。 その実力はポーランドで開催された世界大会「Grand Beatbox Battle」のループステーション部門でtop4入りを果たし、同年のアジア大会では見事チャンピオンに輝いた。彼の世界大会のYouTube動画は合計で現在3000万回以上再生されており、瞬く間に世界から注目を集めた。

https://www.youtube.com/c/SOSOLOOPER


マザーファッ子

映像ディレクター/VJ/DJ。これまでにSIRUP、ZEN-LA-ROCK、あっこゴリラ、電波少女などのMV制作をしている。また、クラブイベントにてDJやVJも行っている。『渋谷芸術祭 presents SCRAMBLE FILMS #1』にてグランプリを獲得。

https://www.instagram.com/motherfucko/





SHARE