ヒューマンビートボクサーSO-SOとMasayoshi Iimoriがコラボ曲「I Scream」をリリース

SO-SOの口から奏でられるサウンドをベースにMasayoshi Iimoriが楽曲に落とし込み、シンセなどはほぼ使用せずに制作された。
SHARE
2020.11.13 06:00

これまでにSkrillex (スクリレックス)、Diplo (ディプロ)、Major Lazer (メジャー・レイザー)、DJ Snake (DJ スネイク)、Yellow Claw (イエロー・クロウ)、A-Trak (A-トラック)といった名だたるトップDJが主宰するレーベルから数々の楽曲をリリースするなど、日本のダンスミュージックを代表する実績を獲得してきた​Masayoshi Iimori (マサヨシ イイモリ)と、ビートボックスの世界最大規模の大会「Grand Beatbox Battle」のループステーション部門でTOP4入賞やアジア大会ではチャンピオンにもなる華々しい経歴を持つヒューマンビートボクサーSO-SO (ソーソー) ​がコラボした最新シングル「I Scream」が11月13日にリリースされた。



本作はSO-SOの口から奏でられるサウンドをベースにMasayoshi Iimoriが楽曲に落とし込んだ1曲となっており、シンセサイザーなどはほぼ使用せず制作された。 両名が愛するIndustrial Bass (インダストリアル ベース)を基調とした楽曲となっている。


また同楽曲をSO-SOが全てヒューマンビートボックスで再現した「I Scream (SO-SO Beatbox Version)」も収録し、これまでビートボックスに馴染みがなかったリスナーにもビートボックスを体感出来るようになっている。 







【リリース情報】




アーティスト名:Masayoshi Iimori, SO-SO 

作品タイトル:I Scream (アイスクリーム) 

発売日 : 2020年11月13日(金) 

価格:450円(税別)

フォーマット: デジタル販売 / ストリーミング 

レーベル:TREKKIE TRAX

◆ 曲目:

1. I Scream

2. I Scream (SO-SO Beatbox Version)


【Masayoshi Iimori】

1996年生まれの音楽プロデューサー。フェスティヴァルミュージックを貴重に様々 なジャンルの音楽をクロスオーヴァーさせるその才能は世界中の有名プロデューサーにも認められ、Skrillexが主宰する<OWSLA>のファミリーレベル<NEST HQ> より”Whirlwind”、Dipoが主宰する<MAD DECENT>のファミリーレーベル<Good Enuff>より”Kickin’ Up”、DJ Snakeが主宰する<Premiere Classe>より”Flow”、 A-Trakが主宰する<Fool’s Gold>より”Hardcore EP”など世界中の数々の著名レーベルからのリリースを行っている。

またリリースされた数々の楽曲はSkrillex, Diplo, Major Lazer, DJ Snake, The Chainsmokers, Mija, Carnage, Anna Lunoe, Alison Wonderland, RL Grime, Baauer, といった様々なアーティストからサポートされているだけでなく、デビューした 2015年には自身が所属するTREKKIE TRAXがセルフプロデュースで行った全米ツアー4箇所6公演を成功させ、翌年2016年や2018年にもアメリカツアーを行い成功を収めている。

また日本ではULTRA JapanやEDC Japanといった巨大ダンス・ミュージックフェスティヴァルへの出演をはじめ、数々の大型フェスティヴァルや大型ヴェニューでの公演を行っている。 そしてその才能は数々のアーティストからもラヴコールを受け、2018年のメジャー デビューからわずか2年でNHK紅白歌合戦への出場を果たし、日本を代表する人気 バンドとなった“Official髭男dism”、HIKAKIN率いるエンターテインメントカンパ ニー<UUUM>に所属する“アバンティーズ”のプロデュースをはじめ、Youtubeでの チャンネル登録者数が100万人を超える人気女性シンガー“Reol”への楽曲提供、人気メジャーアイドル”CY8ER”のプロデュースなど、その才能はダンスミュージック 越え評価されている。


【SO-SO】

1999年生まれの日本のヒューマンビートボクサー。ループステーションやボーカルエフェクターを使って自身の口から発せられる音を多重録音し、リアルタイムで音 楽を構築していくパフォーマンスが武器である。 その実力はポーランドで開催された世界大会<Grand Beatbox Battle>のループス テーション部門でtop4入りを果たし、同年のアジア大会では見事チャンピオンに輝いた。彼の世界大会のYouTube動画は合計で現在3000万回以上再生されており、瞬 く間に世界から注目を集めた。その後中国大会やオンライン世界大会などでは審査 員も務めている。 また、オリジナル曲を多数リリースしており、2ndアルバムの収録曲 “NO LOOP NO LIFE” を、同じくTREKKIE TRAX所属のFellsiusがRemixを手掛けた。更に TeddyLoid氏が審査員を務めた、イギリスで行われる「Hyper Japan Festival 2020」 の出場者オーディションでは、トラックメーカー部門で最優秀賞にノミネートされ る。他にも”パプリカ Foorin楽団バージョン”のアレンジなどで知られるサキタハヂ メ氏が音楽を担当するミュージカルへの出演や、音楽プロデューサー蔦谷好位置氏 等が審査員を務めた<確認フェスティバル2019>にゲスト出演するなど、ジャンルを問わず幅広く音楽活動をしている。






SHARE