トライリンガルシンガーSHiON初のEP『WE FOUND LOVE』リリース。アレンジはKazuma Takahashiが担当

J-Waveのパーソナリティーも務めるDJ TARO主宰のレーベル、V.A.S.P. RECORDSからのリリース。
SHARE
2019.03.30 05:00

J-Waveのラジオパーソナリティーを務めるDJ TAROが率いるレーベル、V.A.S.P. RECORDSよりSHiONの第一弾となるEPが発売された。





トライリンガルシンガーSHiON初のEP。アレンジにはKazuma Takahashiが参加。


SHiON初のEP『WE FOUND LOVE』。DJ/トラックメイカーのKazuma Takahashiと手がけた今回の作品は、どこか懐かしい90’s直系のR&Bに、最新のエレクトロニック・サウンドが融合された全英詩の甘くグルーヴィーな一曲に仕上がっている。





【リリース情報】


SHioN『WE FOUND LOVE』




2019年3月28日配信開始 / 250円


配信サイト:https://linkco.re/PcrveAgg


【アーティスト情報】


SHiON




日本人の父とフィリピン人の母を持つトライリンガルシンガー、10歳で来日。来日直後は言葉の壁を痛感したものの、自分で作った歌を披露した際、音楽を通して人と繋がることの喜びを感じ、音楽の道を進むことを決心した。DJ TORAの楽曲『LOVE SUNSHINE』のフューチャリングアーティストとして注目を浴び、現在は自分のルーツであるR&Bを軸に癒やしのある音楽を追求しながらシンガーとして活動している。


Kazuma Takahashi




2014年、burn Residency 2014 Japan WinnerとしてスペインIbizaでの世界大会に出場。全6000人の参加者の中から2週間のBoot CampにてCarl Cox、Pete Tong、John Digweedらの世界的DJ達から高い評価を受け、日本人初となる最終選考の6名に残り、約3ヶ月間Ibizaの有名クラブ(Privilege,Cafe Mambo,Ushuaia beach club)などのレジデントDJを経験。帰国後も幕張メッセにて開催された国内最大級フェスティバル、electrox 2015への出演も果たし、80KIDZの“FACE”のリミックス盤への参加、OFF THE ROCKER(Shinichi Osawa+Masatoshi Uemura)による人気MIX/COMPLATIONシリーズ“SOFA DISCO 15FW”の参加とDJ、プロデューサーとして活躍中。アナログレコードに特化したYOYOGI VILLAGE MUSIC BARのミュージックディレクター、チーフセレクターを務める他、レディースファッションブランドRIM.ARKへの楽曲提供や、総合音楽ディレクションなど数多くの人気ファッションブランド、ランウェイショーのミュージックディレクション、音楽制作も担当している。



written by 編集部



SHARE