Shin Sakiuraが新曲「Slide feat. maco marets」をリリース 12月には初のワンマンライブも

ギタリスト/プロデューサーのShin Sakiuraが、ラッパーmaco maretsをフィーチャーした新曲をリリースした。
SHARE
2019.06.26 07:40

プロデューサー/ギタリストとして活躍する Shin Sakiura が新曲『Slide feat. maco marets』を配信リリースした。


今作には福岡県出身で東京を拠点に活動するラッパーmaco maretsをフィーチャリング。Shin Sakiuraが奏でるキャッチーな鍵盤&ギターリフとmaco maretsのローファイなフロウが絡み合うチルなポップ・チューンが完成した。




Shin Sakiuraは東京を拠点に活動するプロデューサー/ギタリスト。2019年1月23日にiTunesエレクトロニック・チャートで1位を獲得した『Cruisin’ feat. SIRUP』を含む2ndアルバム 『Dream』をリリースし注目度を高め、同年4月6日には早くも3rdアルバムに向けたニュー・ シングル『Partner feat. Opus Inn』をリリース。SIRUPや向井太一など気鋭シンガーや人気ダンスパフォーマンスチームst kingzの楽曲をプロデュースするなど、活躍の幅を広げている。





初のワンマンライブも決定


12/7(土)には代官山UNITで初のワンマンライブを開催することが決定。キーボードに井上惇志(showmore)、ドラムに堀正輝を迎えた3人編成で、VJによる映像を交えたライブを披露する。


Shin Sakiuraがナビゲートする番組「Dreamin' Radio」はこちら。6月18日の放送では、ライブにも参加する井上惇志をゲストに迎えている。

https://block.fm/radios/718


Release Info


Slide feat. maco marets - Shin Sakiura




Release Date: 2019.6.26.wed 

Label: PARK

Format: Digital

Tracks: 

01. Slide feat. maco marets

 

Live Info


Shin Sakiura 1st One Man Live

日程:2019.12.7(土)

時間:OPEN 18:00 / START 19:00

会場:代官山 UNIT

料金:3,500 円(税込 / 1drink 別)

プレイガイド:イープラス、ぴあ、ローソンチケット

オフィシャル先行(抽選): 7/1 (月) 12:00 ~7/15 (月)23:59

プレイガイド先行:8/14(水) 12:00~8/25(日)23:59

チケット一般発売:10/5(土) 12:00~

問合せ:CREATIVEMAN PRODUCTION 03-3499-6669

公演 URL: https://www.creativeman.co.jp/event/shin19


Biography


Shin Sakiura




東京を拠点に活動するプロデューサー/ギタリスト。バンド活動を経た後、2015年より個人名義でオリジナル楽曲の制作を開始。2017年10月に80KIDZ、TAAR等を擁するレーベルPARKより1stアルバム『Mirror』(2017年10月)、2ndアルバム『Dream』(2019年1月)、2枚のフル・アルバムをリリースした。エモーショナルなギターを基としながらも、 HIPHOPやR&Bからインスパイアされたバウンシーなビートとソウル~ファンクを感じさせるムーディーなシンセ・サウンドが心地よく調和されたサウンドで注目を集め、SIRUPのライブをギタリスト/マニュピレーターとしてサポート し、SIRUPや向井太一、st kingz、showmore、Rude-α、miwaの楽曲にプロデュース/ギターアレンジで参加するなど活躍の場を広げ、アパレルブランドや企業のPV、CMへの楽曲提供も行っている。


maco marets




1995年生まれ、福岡県出身/東京都在住。 2016年6月、東里起 (Small Circle of Friends / Studio75)のプロデュース&トラックメイクによる1stアルバム『Orang.Pendek』で金沢発の「Rallye Label」よりデビュー。デジタルシングル『Pools』 『Hum!』『Summerluck』などを挟んで、2018年11月にはセルフレーベ ル「Woodlands Circle」を立ち上げ、2nd アルバム『KINŌ』をリリースした。 オーガニックなテイストのヒップホップトラックに、詩情ゆたかなリリック。落ち着いたフロウでタイトに刻むラップスタイルが特徴。 マサキウエダ(2019 映像作家 100 セン)などのクリエイターとタッグ を組んだ映像先品が火付け役となり、各界から注目を集めている。 近年はTOSHIKI HAYASHI (%C) 、RICK NOVAといったヒップホップアーティストをはじめ、 LITE、Group2、Half Mile Beach Clubなど、 バンド/シンガーとのコラボレ ーションワークも多数。そのほかイベントオーガナイザーとしても長く活動しており、「Woodlands Circle Club」「BINKS」「Arcade95」「TAUNTAUN」 など、東京・渋谷エリアを中心に多数のパーティを手がけている。


【関連記事】

一気に広がった“作り手”としての世界。次世代トラックメイカー・Shin Sakiuraが2ndアルバムで表現した「ソロとしての音楽」

ぷにぷに電機が新曲『君は Queen』をリリース 制作陣にMikeneko Homeless、Shin Sakiura


written by 編集部



SHARE