Shin Sakiura、Kan Sanoを迎えた楽曲「ほんとは」をMori Zentaroがリミックス

Shin Sakiura「ほんとは feat. Kan Sano」をSIRUPなどのプロデュースを手掛けるMori Zentaroがリミックスした。
SHARE
2020.07.29 05:00

プロデューサー/ギタリストとして活躍するShin Sakiura。3rdアルバム『NOTE』の収録曲「ほんとは feat. Kan Sano」のMori Zentaroリミックスが7月29日よりデジタル配信された。



本楽曲はキーボーディスト/プロデューサーとして多方面から支持を集めるKan Sanoをフィーチャリングした「ほんとは」を、SIRUPやiriなどのプロデュースを手掛けるMori Zentaroがリミックスしたもの。レゲエ調のビートが心地よい夏を感じさせるリミックスに仕上がっている。また本作は9月2日(水)に発売される「ほんとは」の7”レコードのB面にも収録されることが決まっている。





【リリース情報】




Shin Sakiura『ほんとは feat. Kan Sano (Mori Zentaro Remix)』

Release Date: 2020.7.29.wed

Artist: Shin Sakiura

Title: ほんとは feat. Kan Sano (Mori Zentaro Remix)

Label: PARK

Format: Digital


Shin Sakiura『ほんとは feat. Kan Sano』

Release Date: 2020.9.2.wed

Artist: Shin Sakiura

Title: ほんとは feat. Kan Sano

Label: PARK

Format: 7” Vinyl


Side A: ほんとは feat. Kan Sano

Side B: ほんとは feat. Kan Sano (Mori Zentaro Remix)



【プロフィール】




Shin Sakiura

東京を拠点に活動するプロデューサー/ギタリスト。バンド活動を経た後、2015年より個人名義でオリジナル楽曲の制作を開始。エモーショナルなギターを基としながらもHIP HOPやR&Bからインスパイアされたバウンシーなビートとソウル~ファンクを感じさせるムーディーなシンセ・サウンドが心地よく調和されたサウンドで注目を集め、これまでに『Mirror』(1stアルバム/2017年10月)、『Dream』(2ndアルバム/2019年1月)、『NOTE』(3rdアルバム/2020年3月)、3枚のフル・アルバムをリリースしている。また、SIRUPのライブをギタリスト/マニピュレーターとしてサポートし、SIRUPや向井太一、s**t kingz、showmore、Rude-α、miwaの楽曲にプロデュース/ギターアレンジで参加するなど活躍の場を広げ、アパレルブランドや企業のPV、CMへの楽曲提供も行っている。




Kan Sano

キーボーディスト/プロデューサー。

Chara、平井堅、SING LIKE TALKING、土岐麻子、KIRINJI、m-flo、iri、DedachiKentaなど国籍もジャンルも越えたアーティストのライブやレコーディングに参加。

七尾旅人、Michael Kanekoらを迎えた3rdアルバム『k is s』がCDショップ大賞北陸ブロック賞を受賞。

2019年、300万回の再生を超える2曲のシングルを含む最新アルバム『Ghost Notes』をリリース。




Mori Zentaro

2013年頃よりトラックメイカーとして活動を開始。 以降様々なアーティストへのトラック、楽曲提供を行う。 ミュージシャン、フォトグラファー、ペインター等が集う アーティストコレクティブ「Soulflex」に所属。 Soul, R&B, Hiphop, Jazz, Funk, Electronica, Alternative Rock など、あらゆるジャンルから影響を受けた多彩な音楽性を特色とし、2017年に行われた国内最大級のトラックメイク、 ビートメイク、作曲の大会「beat grand prix vol.02」では ファイナリストに選出された。 近年ではSIRUPの他、「香取慎吾」「山本彩」「向井太一」など数多くのアーティストの楽曲を手掛ける、現在最も注目されるトラックメーカー・プロデューサーの1人。





SHARE