ナビゲーターやDJ、番組名、記事タイトル、文中ワードで一括検索することができます。

注目のキーワード

    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX

    【使ってみた】Shazamのchrome拡張機能って意味あるの?

    2022/01/21 (Fri) 20:30
    Yui Tamura
    Shazam.com

    と思っていたら予想以上にシャザディグが捗った件。

    この記事をシェア

    クラブでDJがかけている曲もショップでかかっている曲も、スマホでShazamをひらけば一瞬でディグれる、いやシャザれる時代。

    「昔はインターネットなんてなくてなあ、DJを目指すものは知らないかっこいい曲がかかると、ブースに近寄ってレコードのラベルをみて、メモを取って渋谷まで行ってレコード店をまわってはディグり、そうして一枚のレコードに数千円とか支払って、ようやくその曲をかけることができたんじゃ。それが今ではどうじゃ、、」
    といった発言も老害乙で一蹴だ。

    そんな時代のディガーならぬシャザーの活動をさらに活性化しそうな、ShazamのGoogle chrome拡張機能が公開されていたので試してみた。

    ぶっちゃけ使うのか?

    今回リリースとなったのはGoogle chromeブラウザ内で再生している音楽を解析できるという拡張機能。chromeで視聴しているNetflixのBGMやストリーミングラジオなどで気になった曲をすぐにシャザれるのだが、ぶっちゃけスマホを取り出してShazamを開けば同じことなのに、本当にchromeの拡張機能として利用する意味はあるのだろうか。

    実際に試してみた結論としては、シャザーにとってはかなり意味がある。

    Shazamはもはや便利になったという感覚も通りこして、それが当たり前という時代になってきた。となると今度はスマホを取り出してロック解除し、アプリの山からShazamを探し出して起動するのが面倒になってくる。

    その点、ブラウザ版ではchromeの右上に常にShazamボタンが表示されている状態なので、ちょっと気になるなと思ったらすぐにシャザれてしまうのだ。もちろんApple Musicと同期可能なので、気になった曲は即プレイリストに追加できる。

    イヤホンで聴いている最中も解析可能

    スマホ版と違い、マイクで音をひろって解析するわけではないので、スピーカーから音を出していなくても曲の解析ができる。例えばカフェや電車の中など公共のスペースでYouTubeやNetflix、ラジオやDJのストリーミング放送などをイヤホンで視聴しているときにもシャザ可能。騒音のある場所でも精度高く解析ができる。

    セリフなどがかぶっていて小さめの音量のBGMも正しく解析できていた。

    ▽曲を検索すると画面右上にアーティスト・タイトルとApple Musicリンクが表示される

    ほとんどのサイトで問題なく動作

    YouTube、Twitch、SoundCloud、Netflixそしてblock.fmのストリーミングなど、いろいろ試してみたが、どのサイトでも全く問題なく利用できた。ラジオやストリーミングDJプレイ中の一曲であればプレイリストから曲を探し出すよりも楽な印象だ。

    また、意外なところではYouTube広告などで、普段スルーしてたけどなんとなく気になっていた曲もシャザっている自分がいた。これもクリックするだけでスマホを取り出すストレスなくシャザな快適さがあってこそだ。

    インストール&使い方は簡単

    Google chromeを使っていれば使い方は簡単、他の拡張機能同様にchromeウェブストアで「追加」ボタンを押すだけ。

    shazam extention

    chrome画面右上にある拡張機能一覧に、おなじみのShazamロゴが追加されているはずなので、音楽のかかっているタブでShazamボタンを押すと楽曲解析がはじまる。

    というわけでシンプルな使い勝手で強力な機能を提供してくれるShazamは拡張機能としても非常に優秀といえそうだ。
    強いて言えばSpotifyにリンクしてほしい・・・ところだがShazamもApple傘下となっている以上、そこは難しいのかもしれない。

    ともかく無料なので、まずは試しに使ってみよう!

    関連タグを見る:

    この記事をシェア

    TOP NEWS

    05/18 UPDATE
    水曜深夜ちょっと前のRave Music Super Show
    REMO-CON

    水曜深夜ちょっと前のRAVE MUSIC SUPERSHOW Remote Control #508。
    今週はゲストにmorphonics a.k.a. 袋をお迎えしTHGS 2022 3日前SPをお送りします!

    2022/05/18 22:00
    |
    60 min
    05/18 UPDATE
    国内唯一のドラムンベース専門プログラム
    TETSUJI TANAKACARDZ

    第3水曜レギュラーMountainをお迎えしてリキッドファンクを軸にお送りします! Makoto最新アルバム”Motion Of Change”リリース記念特集。

    2022/05/18 21:00
    |
    60 min
    05/18 UPDATE
    ハードコアの今を知れるウィークリープログラム
    DJ ShimamuraMC STONE

    5/21開催TOKYO HARD GROOVE SESSION ’22 直前スペシャル!ゲストに国内最強のレイヴMC、MC RALLY (@akiller_MC)をお迎えし、プレミア生LIVEをオンエア!そしてAbitan (@Abitan_kh)による「今だからこそ聞いてほしい珠玉のUKハードコアset」をお届け。

    2022/05/18 20:00
    |
    60 min