エレクトロ・ポップ・トリオSHAEDによる楽曲「Osaka」のEnd of the Worldとのコラボバージョンが解禁

「Osaka」は初来日を果たした際に日本の文化のとりこになり、インスピレーションを受けて制作した楽曲。SHAED、End of the Worldのコメントも掲載。
SHARE
2021.09.10 12:00

2018年、Apple MacBook AirのCMソングに「Trampoline」が起用され、今ではストリーミング再生回数が世界中において20億を超えるほどの大ヒットとなった、ワシントンD.C.出身のエレクトロ・ポップ・トリオのSHAED(シェイド)。


SUMMER SONIC 2019にて初来日を果たした際に日本の文化のとりこになり、インスピレーションを受けて制作した楽曲「Osaka」が今年の5月に発売されたデビュー・アルバム『HIGH DIVE』に収録されている。



 

その「Osaka」新バージョンが、日本を代表するバンドEnd of the World (エンド・オブ・ザ・ワールド/SEKAI NO OWARIのグローバル展開を目的として取り組むプロジェクト名) とコラボした形で9月10日に日本を含む世界へ配信された。




この新バージョンに関してSHAEDは

「End of the Worldはこの楽曲の壁を打ち砕いてくれました!ヴァースではダークさを引き出してくれた上に、トラックでは重厚なハーモニーをのせてくれています」

と絶賛している。


またEnd of the Worldは

「過去に「Tokyo」という楽曲で海外アーティストとコラボしたことがある中、今回は「Osaka」で実現しました!「Osaka」の音源を最初に聞いた瞬間に、そのキャッチーさや、ミステリアスなフィーリングに魅了されました。このSHAEDとのコラボレーションは大変楽しく、光栄に思っています」

と語っている。



なお、SUMMER SONIC 2019でSHAEDはblock.fmがプロデュースしたインタビューにも登場。SUMMER SONICのIGTVで視聴できるので、ぜひチェックを。






【リリース情報】




シングル「Osaka (End of the World Remix)」

配信中

試聴/購入リンク:https://virginmusic.lnk.to/OSAKA_EOTW


デビュー・アルバム『HIGH DIVE』

2021年5月14日発売(輸入盤/デジタルのみ)



<アーティスト日本公式ページ>


https://carolineinternational.jp/shaed/



<バイオグラフィー>


アメリカはワシントンD.C.出身のエレクトロ・ポップ・トリオ。双子のMaxとSpencer Ernstは、高校時代の友人であるChelsea Leeのパワフルなヴォーカルに魅せられ、2016年に結成。(2018年10月にSpencerとChelseaは結婚。)”SHAED”という名前は、メンバー3人とも好きなファンタジー小説「Name of the Wind」に登場する、女神によって影で織られたマントが由来。2018年、「Trampoline」がApple MacBook AirのCMソングに大抜擢され、一気に世界中ヒットに。2019年9月には“最もキテいるアーティスト” をチャート化した全米ビルボードEmerging Artist チャートにおいて、1位を獲得し、その後ZAYNと共演した「Trampoline」の新バージョンもリリースし、更なるロングシングルと化しては、全米ビルボードHot100において、Top15入りを果たした。2021年5月14日には待望のデビュー・アルバム『HIGH DIVE』をリリース。





SHARE