okadada & ワイパの「AUDIO TWO」ゲストにtofubeats ライゾマによるSFV SPECIAL VJ DJ SHOWCASEを配信

インテルとライゾマティクスのコラボによる実験的なプロジェクト「Intel Presents. SFV PLAYING TOKYO vol.0」に、「AUDIO TWO」が参加。
SHARE
2020.06.24 05:00

eスポーツとパーティーを繋ぐクロスオーバーなライブストリーミングイベント「Intel Presents. SFV PLAYING TOKYO vol.0」がTwitchのライブストリーミングで2020年6月27日(土)15時から開催される。


世界で活躍する人気プロゲーマー、ゴールデンボンバーの歌広場 淳としんじょう君がストリートファイターV チャンピオンエディションで対戦するエキシビジョン・マッチや、tofubeatsをゲストに迎えたokadada & DJWILDPARTYレジデントのパーティー「AUDIO TWO」と「Rhizomatiks」によるストリートファイターV チャンピオンエディションのキャラクターを使用したSFV SPECIAL VJ DJ SHOWCASEなど、実験的なプロジェクトをライブストリーミングで楽しめる内容となっている。


ライゾマティクスからメッセージ


イベントコンセプト『PLAYING TOKYO』


eスポーツプレイヤーの卓越したゲームプレイを鑑賞するカルチャーが2000年代以降広まっています。ゲームはただひとりで遊ぶツールでなく、鑑賞者同士が交流するコミュニケーションのハブになっています。オンラインであれライブ会場であれ、そこには、ゲームがなければつながることもなかった世界中の不特定多数のファンたちの熱気があり、セレンディピティが絶えず生成されています。


今、コロナ禍においてはライブプレイの場を実際に設けることは難しくなっています。

ライゾマティクスでは、新型コロナウイルス感染症拡大を受けて緊急事態宣言が発出される以前の4月3日より、「Staying TOKYO」と題したオンラインイベントを実施してきました。家にいながらも表現できることをしよう、楽しむことを忘れないために、今できることをやってみるというコンセプトの元、交流のあるゲストを招き、トークやDJ/VJイベントをリモートで行ないました。


また、Staying TOKYO実施中に、リアルに集まることが難しい状況になった今、 オンラインでリアル空間の様なソーシャルな営みを行うことができないかという思いから「Social Distancing Communication Platform」が立ち上がりました。これは、大人数でのオンラインコミニュケーションの新しい可能性を探る実験的なプロジェクトです。


そして、「PLAYING TOKYO」においても、ライゾマティクスがコロナ禍に実施してきた2つのプラットフォームを融合させ、ゲームが生み出す熱気をオンラインで体感いただこうと思っています。『面白い!』『凄い!』と思ったときに、誰かと共有することで、感動や共感はさらに大きく拡がっていくことでしょう。

今回はライゾマティクス内にもファンが多いストリートファイターVのプロ選手をお招きして

板橋ザンギエフVSネモ、歌広場 淳 VS しんじょう君、キチパVSトラボ

因縁のスペシャルエキシビジョンマッチが実現します。


さらに、CIRCUS TOKYOで開催されているokadada & DJWILDPARTYレジデントのAUDIO TWOにtofubeatsが登場しDJパフォーマンスを披露。

RhizomatiksによるストリートファイターV チャンピオンエディションのキャラクターを使用したSFV SPECIAL VJ DJ SHOWCASEは必見です。



【開催概要】






■イベント名: Intel Presents. SFV PLAYING TOKYO vol.0

■出演:(掲載順)

板橋ザンギエフ

ネモ

歌広場 淳

しんじょう君

キチパ

トラボ

アール

倉持由香

tofubeats(DJ set)

okadada

WILDPARTY


■開催日時 : 2020年6月27日(土) 15:00 - 18:00 [予定]

■配信先 : https://www.twitch.tv/outerch/squad

■主催 : インテル株式会社


https://www.outer-kochi.com/blog/playingtokyo-0

SHARE