覆面姿で知られるミュージシャンSBTRKT(サブストラクト)ってナニモノ!?

sbtrkt,覆面,ダブステップ,Wildfire,Hold On,Transitions,I Feel Your Pain,New Dorp. New York.,サブストラクト
SHARE
2018.05.29 07:46


覆面姿にこだわるミュージシャン! SBTRKTの挑戦




SBTRKT(サブストラクト)は、覆面姿で爆発的な人気を集めるミュージシャンだ。覆面姿にこだわっているのも、彼なりの考えに基づくものである。SBTRKTが作る楽曲には、その歌詞の中に強いメッセージ性が込められていることでも有名である。現代音楽の更なる発展に向けての努力を決して惜しむことなく続けているのだ。



70年代フレイヴァーの復興運動にも注力したSBTRKT! 覆面の奥に見せるその笑顔とは


SBTRKTは、現代音楽史を語る上では欠かすことができないアーティストの一人といえるのではないだろうか。その特徴的ともいえる覆面姿には、多くの人が興味関心を掻き立てられることになるだろう。SBTRKTとは「引き算」という意味であり、自らの存在を引いて考えて欲しいという考えに基づいて命名したといわれる。SBTRKTの生まれはロンドンであり、幼少期から音楽の世界に興味を持ち、取り組んできた。ロンドンはイギリスの首都であると同時に多くのスーパースターを輩出してきたことでも知られる都市でもある。多くの偉人を輩出しているその土壌がSBTRKTをここまでの音楽家に育て上げることになった原動力ともいえるかもしれない。




覆面姿がすっかりと定着を見せているSBTRKTであるが、その知名度を一気に押し上げることになったのが、70年代フレイヴァーによる復興運動である。現代の音楽にも大きく影響を及ぼすことになった70年代の音楽サウンドを改めて再現することで、現代音楽を更に進化させることにつながるという考えのもとに有志が集まることになったのだ。SBTRKTがこだわったのは、ただ単に70年代の音楽の模倣で終わらせてはいけないという点である。良いところは取り入れながらも、新たな風を吹き込むことを忘れてはいけないという使命感を持って取り組んだことでも知られる。




覆面姿が特徴であるSBTRKTは、ダブステップの上手さにも定評があることで知られている。とはいえ、SBTRKTのダブステップは他のアーティストやミュージシャンとは一線を画しているとして話題も呼んでいる。一部のファンの間ではファンキーを洗練させたのがSBTRKTだと評価する声も多い。SBTRKTの凄さは、そんなファンの声にきっちりと応えるための努力を決して忘れない点だ。




意外と優しいSBSTRKTの素顔


覆面姿で活躍するミュージシャンやアーティストは多くいるが、SBTRKTほどに多くのファンやマニアから支持を集める人は他に類を見ないといえるのではないだろうか。単なるパフォーマンスで覆面姿でいるわけではなく、あくまでも自分自身の求める音楽への挑戦という覚悟に満ちていることが、その言動に現れている。SBTRKTは、テレビなどのメディアに登場する場合には、必ず覆面を被っているが、決まってアフリカの部族を思わせるようなタイプのものを着用している。その理由についても決して多くを語ろうとしないが、まぎれもなく、音楽の世界を極めたいという思いと自分の存在を明かしたくないという意味が込められていることは間違いないといえるだろう。




SBTRKTが作り上げる楽曲には、どことなくポップへの野心が感じ取れることも特徴だ。彼が発表した「SBTRKT」では、そんな一面を垣間見ることができる。SBTRKTの人気は既に世界中にまで広がりを見せている。特筆すべきは、その世代を超えての人気ぶりだ。音楽の世界に足を踏み入れたばかりの若者はもとより、中高年やシニア世代にも広く受け入れられている。覆面姿からもわかるように、決してファンの前でも素顔を現すことを良しとしないのが、SBTRKTだが、ファンに対しては優しく接することでも有名だ。マスコミやメディアへの露出は最小限にしても、ファンサービスへの取り組みには、決して手を抜くことはない。


Photo: https://www.facebook.com/SBTRKT/


Written by 編集部




SHARE