スケボーキング10年振りの新作MV「キャプテン隊長」が公開

スケボーキング10年振りの新作MVで20年ぶりにデロリアンに乗車。さらにアタッシュケースの中身の秘密が明かされる。
SHARE
2021.01.29 00:00

両A面デジタルシングル「不気味の谷」に続き「キャプテン隊⻑」のMVが公開。




「不気味の谷」に続くスケボーキング10年振りの新作MV「キャプテン隊長」MVが公開。20年ぶりにデロリアンに乗車


1990年代後半から日本のミクスチャーシーンの代表的バンドのひとつとして活躍したスケボーキングが約10年振りに活動を再開させ、昨年12月に両A面デジタルシングル「不気味の谷」「キャプテン隊⻑」 をリリースした。


既に公開されている「不気味の谷」に続き、「キャプテン隊長」のMUSIC VIDEOも遂に公開。 メンバーのSHIGEOが初めて自ら監督・編集したMUSIC VIDEOの1作目「不気味の谷」は大好きなヒップホップ・バンドのMVをオマージュした、撮影時間15分で仕上げた作品だったが、2作目の「キャプテン隊長」はSHIGEOの想いといくつかの奇跡と偶然が重なり誕生した作品になっている。 






20年ぶりのデロリアンとアタッシュケースの中身とは


映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズに登場するタイムマシンのベースカーとして広くその存在を知られているDMC-12 こと“デロリアン”にSHIGEOとSHUNが乗車。DragonAshのメンバーも参加した20年前の作品「Child’s Replay」以来のデロリアンの登場になる。もちろんホバーボードも搭載されている。 


SHIGEO曰く『「Child’s Replay」のMVで契約に失敗したスケボーキングが、20年間あのアタッシュケースに何を格納して時空を超えずに旅してきたのか、是非その見所を楽しんでくださいw』とのことなので是非チェックして欲しい。




そして今回のMV公開を記念(?)してSHIGEOによる「キャプテン隊長」のMVにまつわる話がオフィシャルサイトにも掲載されている。


スケボーキング復活直後のblock.fmインタビューでは、スケボーキングが名作映画をオマージュした演出をMVに取り入れてきたことなど映画愛を感じられる制作秘話を披露してくれた。今回公開されたSHIGEOによる「キャプテン隊長」エピソードともクロスオーバーする内容となっている。


▶「キャプテン隊長」のMVにまつわる話 by SHIGEO

   https://www.sukebo-king.com/new-mv-relese/ 


▶関連記事

【インタビュー】スケボーキング復活。今こそ聞きたい25年目の本音とこれから






▶『不気味の谷 / キャプテン隊長』


スケボーキング、12年ぶりの復活両A面デジタルシングル

各ダウンロードサイト&サブスクサービスにて配信中


収録曲:

01. 不気味の谷

02. キャプテン隊⻑

レーベル:Things Records (THNG-007) 

配信URL:https://linkco.re/VpM5UbGs


iTunes Store、レコチョク、mora 他主要ダウンロードサイト、Apple Music、LINE MUSIC、Spotify、AWA、Amazon Music、YouTube Music 他主要サブスクリプションサービスにて配信


Info

Ofiicial Website:https://www.sukebo-king.com/

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCmAG9SbuFlQX6O34QO4jwCg?view_as=subscriber

Twitter:https://twitter.com/SUKEBO__KING

Instagram:https://www.instagram.com/sukebo_king_official/




▶スケボーキング

1995年結成。

2000年1⽉インディーズ時代の楽曲のベストアルバム『SUPER BEST』でデビュー。


2001年⼩⽥和正の「ラブ・ストーリーは突然に」をサンプリングした「TOKIO LV」がオリコンウィークリーチャートで10位にランクイン。⼀気に知名度を拡げた。2002年には嵐に少年隊の楽曲「ABC」をサンプリングしたシングル「a Day in Our Life」を提供し話題を集めた。


ヒップホップとロックをミックスするスタイルで、2000年代初頭に起こったミクスチャームーヴメントの旗⼿として⼀躍シーンの代表アーティストとして注⽬を集めた。


Dragon AshのKJをゲストに招き発表されたコラボ作品「EPISODE1」は⼤きな話題を集めその後SBKとDragonAshが交互に発表する「EPISODEシリーズ」として現在までに6作品が発表されている。


2010年6⽉にSHIBUYA-AXで⾏われたデビュー10周年ライブ『EPISODES』を以って解散を発表。

2020年2⽉、約10 年の時を経てSHIGEO(ボーカル/ラップ)SHUN(ボーカル/ラップ)SHUYA(スクラッチ)MASH(ベース)、解散時と同じ4⼈のメンバーで再結成。


Written by Tomohisa Mochizuki



SHARE