サウス・ロンドン出身のシンガーソングライターSamm Henshawが新曲「Chicken Wings」をリリース

"心が欲しがるもの"を食べ物に例えたコミカルで印象的なリリックを軽快なヒップホップのビートに乗せて歌った楽曲。
SHARE
2021.10.01 03:00

サウス・ロンドン出身のシンガー・ソングライターSamm Henshaw(サム・ヘンショウ)が新曲「Chicken Wings」をリリースした。



タイトルにもなっている Chicken Wings をはじめ "心が欲しがるもの" を食べ物に例えたコミカルで印象的なリリックを、軽快なヒップホップのビートに乗せて歌った本作。ゴスペルをルーツとするSammの圧倒的な歌唱力と、サビを彩るコーラスワークは健在。


恵比寿LIQUID ROOMでの来日公演の振替公演を予定するなど、日本での注目度も急上昇している。


【関連記事】

SPOTLIGHT:Samm Henshaw|サウスロンドン発、型破りなソウルミュージックを奏でる新鋭アーティスト




【リリース情報】




■ アーティスト:Samm Henshaw (サム・ヘンショウ)

■ タイトル:Chicken Wings(チキン・ウィングス)

■ リリース日:2021年10月1日(金)

■ レーベル: ASTERI ENTERTAINMENT

■ URL:https://asteri.lnk.to/ChickenWings


【プロフィール】




牧師の息子としてゴスペル音楽に囲まれて育ち、15歳のときに教会のためにワーシップソングを書き始める。

カーク・フランクリン、ローリン・ヒル、マーヴィン・ゲイなどに影響を受け、2015年に発表したEP「The Sound Experiment」で高い評価を受けてデビュー。

「Broke」(2018年) や「Church」(2019年) などのシングルで波に乗り、2022年には待望のアルバム『Untidy Soul』のリリースを予定している。

NPR Slingshotの「2021 Artists To Watch」に選出。Afropunk & Solidays ParisやNos Alive Lisbonといった国際的な大型フェスのステージや、ロンドンの有名なライブハウスElectric Brixtonをソールドアウトさせるなど、活躍の場を世界へと広げている。




SHARE