ウィッチハウスの先駆者、Salemが10年ぶりに待望の最新アルバム『Fires In Heaven』をリリース!

デビューアルバム『King Night』以来の最新作には11曲が収録され、共同プロデューサーにShlohmoが迎えれている。
SHARE
2020.11.03 08:00

ウィッチハウスのパイオニアとして知られるSalemが最新アルバム『Fires In Heaven』をリリースした。



Salem、10年ぶりに待望のセカンドアルバムリリース! 


本作はSalemにとって、デビューアルバム『King Night』以来、10年ぶりのアルバムリリースとなるセカンドアルバム。共同プロデューサーにShlohmoを迎えた本作は、Kanye West作品にも長らく関わってきたMike Deanがマスタリングを担当している。 


 全11曲を収録した本作は、約30分とアルバムとしては短い収録時間ながら、ネットラジオ局のNTSで配信されたミックスにも収録されていた1曲目「CAPULETS」、ノイジーながらも壮大なシンセとボトムヘヴィなドラムが鳴り響く4曲目「Sears Tower」、アルバムの先行曲のひとつとしてリリースされていたゴストラップな7曲目「Red River」、ウィッチホップらしい怪しくも神秘的な雰囲気をノイジーな音色で表現したトラックにエモなボーカルが乗る8曲目「Old Gods」など、ヒップホップ、シューゲイザー、ゴスなど以前からのファンにとっては納得のSalemらしいトラックが収録されている。





アルバムをモチーフにしたマーチアイテムも販売 


『Fires In Heaven』はデジタルリリースのほか、アナログ盤とカセットテープでもリリースされる予定だが、すでにカラーヴァイナルの限定盤はプレオーダーの時点で完売済み。また、そのほかに『Fires In Heaven』をモチーフにしたTシャツ、フーディなどマーチアイテムもECサイトでは購入できるので、アルバムを聴いて気になった人はそちらもチェックしてみてはいかがだろうか? 


written by Jun Fukunaga 


source: 

https://www.stereogum.com/2104413/salem-fires-in-heaven/music/ 

https://thehyv.shop/collections/salem 


photo: Salem bandcamp



SHARE