レジェンドMC集団、Wu-Tang Clanの総帥RZAがアイスクリームトラックのジングルを制作!!

100年の歴史を持つアイスクリームブランド、Good Humorが差別的表現に繋がるとしてジングルを新たに変更。
SHARE
2020.08.18 03:00

伝説のヒップホップグループ、Wu-Tang Clan(ウータン・クラン)をまとめ上げてきたラッパーでプロデューサーのRZA(リザ)が老舗アイスクリームブランドとコラボ!? しかも全米のトラックで使用されるとのこと。ヒップホップの中でもハードコアなグループと知られる彼らからは想像のつかない展開だが、そこには時代的背景もあったようだ。






100年の歴史を持つジングルを変更したわけ


今回RZAに依頼したアイスクリームブランド、Good Humor(グッド・ユーモア)は1920年代からオハイオ州に始まり、全米に広がっていったアイスクリームブランドで、街中でのトラック販売からオレオのようなお菓子ともコラボしている老舗だ。アメリカでは今でも街中をアイスクリームトラックが走り回り、それを見つけた子供が駆けつける様子は一種の夏の風物詩でもある。トラックから流れるジングル(音楽)が知らないうちに脳裏に焼き付いていることもしばしば。


今回そんな歴史を持つジングルが変更されたのには理由がある。これまでに使われていたジングルはアメリカのフォークソング「Turkey in the Straw」と呼ばれるもので、この曲は昔ミンストレル・ショーと呼ばれる顔を黒く塗った白人によって演じられた寸劇で度々演奏されていたものだと言う。


昨今の人種差別問題の広がりを受けてこうした決断をしたGood Humorは素晴らしい。そしてそこにRZAが参加とあってはファンとしては二重の喜びだ。



新しいジングルへの思い


「全てのコミュニティーで受け入れられて欲しい」RZAはプロモーション映像でそう語っている。さらに新たなジングルはこの先ずっと使われていくもののようでWu-Tang Clanのセカンドアルバムのタイトル『Wu-Tang Forever』とかけてコメントを残し、自分のグループをレペゼンしている所にも嬉しくなってしまう。


全てのドライバーや子供達に受けたメロディーと言うことでヒップホップなどではないが、このジングル・メロディーが全米のトラックから流れ、それが子供達の思い出になっていくと考えると重要な作品と言えるだろう。



Good Humorはジングル完成後すぐに全米のアイスクリームトラックで「Turkey in the Straw」を流すことを止めさせたという。ハードコアなヒップホップ出身ではあるが、こうしてコミュニティーに貢献していく一面もヒップホップにはあるのだ。





written by BsideNews


source

https://pitchfork.com/news/rza-pens-new-ice-cream-truck-jingle-for-good-humor-listen/


photo: https://www.youtube.com/watch?v=6vQhCFm--cI





SHARE