SSW・RUNG HYANGによるEP『MIST』の配信リリースが決定。客演にSIRUP参加

数々のアーティストに楽曲提供するRUNG HYANGが4曲入りのEP『MIST』を9月30日(水)にリリースする。サウンドプロデュースはShingo.S。
SHARE
2020.09.12 01:30

シンガーソングライターRUNG HYANG (ルンヒャン)がEP『MIST』を2020年9月30日(水)に配信リリースする。




シンガーソングライターRUNG HYANGがEP『MIST』リリース。客演に親交の深いSIRUPが参加


韻シスト、Ms.Ooja、青山テルマといった名だたるアーティストに楽曲を提供し、多方面かつ多彩な活動で知られるシンガーソングライターRUNG HYANGが、9月30日(水)に新たなEP『MIST』をリリースする。サウンドプロデューサーShingo.Sを迎え、チルなR&Bサウンドに耳ざわりのよい日本語リリックと美しいメロディーを刻むRUNG HYANGイズムが満載された4曲入りのEPとなっている。





音楽をいかに霧のように心へと浸透させるか


『理由もなく眠れない夜や突如襲ってくる不安。


まるで霧のように消えては現れる、はかない存在の正体を知っていこう。


そして自身の周囲に立ち込める霧の中からすべての本質を探って行こう。』


というオフィシャルステートメントが添えられた今作は、音楽をミスト(霧)のようにどう浸透させ、人々の疲れた体と心を癒すか、ということをコンセプトに制作され、その過程でアーティストが持つ使命について再認識したという渾身の作品だ。


収録曲「Low Key」には、兼ねてより親交が深く現在の音楽シーンのキーパーソンであるSIRUPが参加。クレジットを見ると、SIRUPと親しいshowmoreのキーボーディスト井上惇志も参加しており、トラックを彩る。浮遊感のある儚いトラックの上で美しいボーカルのハーモニーを互いに響かせる作品に仕上がっている。


各曲に共通して、心地の良いサウンドとボーカルとは裏腹に、リアルな心情を描写したギャップのある辛辣なリリックも聴きどころ。


RUNG HYANGはsankaraの立ち上げたコンセプチュアルなイベント「SIMCITY」にも出演予定。『MIST』からの楽曲をライブで聴ける機会となりそうだ。他の出演者、イベントの詳細は関連記事を参照してほしい。


▶関連記事

sankaraがニューイベント『SIMCITY』開催。RUNG HYANG、Kroiら気鋭のアーティストが参加 




▶『MIST』

リリース:2020年9月30日(水)


収録曲:

1. Fall

2. Umbrella

3. Walking in the moonlight

4. Low Key  feat. SIRUP


Creative Director : Yanghee OH

Visual Promotor : Shoko Ohira

Sound Producer : Shingo.S

Mixed & Mastered by SHIMI from BUZZER BEATS (D.O.C/NWP), CTR

Recorded by Shingo.S at studio349,  Hikaru Someno at monogram sounds

Key:Atsushi Inoue (M4)

Bass: Funky D(M4)

Photo : Yong-Hak Kim, muckylee

Hair & Make up :  Eri Sato

Costume : Little $uzie, LQUARTET®

Special thanks! runpe & hotel koe tokyo





▶RUNG HYANG (ルンヒャン) 

福岡県・筑豊生まれの在日コリアン3世。 卒園ソングをテーマにした「さくらびより」がYou Tubeで話題を呼び2012年にメジャー デビュー、情報番組や音楽番組に多数出演。 誰かの生活を覗き見しているようなリアルなリリックと、Jazz、Hip Hop、Soul、フォ ークと様々なジャンルを取り入れた「雑食」スタイルで進化を続けるシンガー””ソウル”ライター。多くのアーティストのプロデュースや楽曲も手がける。 


Written by Tomohisa Mochizuki





SHARE