Roland Cloud版「TR-808」や「JUPITER-8」など28音源がAppleシリコンへのネイティブ対応開始!

M1チップ搭載のMacへのネイティブ対応により、音楽表現の可能性を大きく広げる。
SHARE
2021.07.23 05:00

Rolandがクラウド・ベースのプラットフォーム「Roland Cloud」で提供している音楽制作用の高品位なソフトウェア音源のAppleシリコンへのネイティブ対応を開始を発表した。



Appleシリコン搭載Macで「Roland Cloud」音源性能がフル発揮可能に


「Roland Cloud」では、現代の音楽制作やライブ演奏に最適化したソフトウェア/コンテンツを提供。約50年にわたるシンセサイザーの研究開発で培った、独自のモデリング技術やノウハウによって、歴史的な電子楽器として評価の高いローランドのシンセサイザー「JUPITER-8」や「JUNO-106」、ドラムマシン「TR-808」などを、ハードウェア固有の「振る舞い」まで精密に再現。しかし、高精度のモデリング音源を使うには、PCの高い処理能力を必要とする。

今回のAppleシリコンへのネイティブ対応開始により、Appleシリコン「M1」を搭載したMacBook Air、MacBook Pro、Mac miniなどのApple製デバイスで「Roland Cloud」にラインナップされている音源の性能をフルに発揮することが可能になった。




「JUPITER-8」、「JUNO-106」、「TR-808」など28のソフトウェア音源が対応


Rolandによると、2021年7月21日(水)時点で先述の「JUPITER-8」、「JUNO-106」、「TR-808」を含む28のソフトウェア音源が対応しているとのこと。

▶︎Appleシリコンにネイティブ対応する「Roland Cloud」のプラグイン音源

「ZENOLOGY」「SYSTEM-1」「SYSTEM-8」「JUNO-60」「TR-606」「D-50」「JX-3P」「PROMARS」「SH-101」「JUNO-106」「SYSTEM-100」「TB-303」「TR-808」「JUPITER-8」「JV-1080」「TR-909」「SH-2」「SRX BRASS」「SRX DANCE TRAX」「SRX ELECTRIC PIANO」「SRX KEYBOARDS」「SRX ORCHESTRA」「SRX STRINGS」「SRX STUDIO」「SRX WORLD」「SRX PIANO I」「SRX PIANO II」「XV-5080」

なお、「Roland Cloud」では、歴代のRolandシンセなどを網羅する「Legendaryシリーズ」や、最新の音源システム「ZEN-Coreシンセシス・システム」の高品位なサウンドを音楽制作に活用できる「ZENOLOGYシリーズ」、アコースティック楽器の表情豊かな音色を再現する「Teraシリーズ」など、現在50以上のタイトルをラインアップ。また、「Rolandアカウント」を取得することで利用できる無料の「Free」プランをはじめ、「Core」、「Pro」、「Ultimate」という3種類の有料メンバーシップがよういされており、使いたいコンテンツに応じてプランを選択できる。

written by Jun Fukunaga

source: https://www.roland.com/jp/news/0928/

photo: Roland

SHARE