ローランドとプーマがコラボ、TR-808感がハンパないコラボスニーカーをリリース!

この夏、クラブやフェスで着用したすぎる名機モチーフのスニーカーをゲットしよう。
SHARE
2018.07.24 22:00

今春、ユニクロとのコラボTシャツも話題になった楽器メーカーのローランドが新たにスポーツブランドのプーマとコラボし、同社を代表するドラムマシーンの名機「TR-808」をモチーフにしたスニーカーを発売する。


TR-808のアイコニックなカラーリングがクールなコラボスニーカー 


80年代にリリースされて以来、現在もクラブミュージックの制作には欠かせない重要機材になっている「TR-808」だが、実はローランドとプーマがコラボスニーカーをリリースするのは今回は2度目で、以前、2社は「TR-808」を彷彿とさせるブラックを基調としたカラーリングのモデル「PUMA RS-0 Roland」の写真を公開。その際もクラバーたちの間で注目を集めていた。






そして、第2弾となるコラボスニーカーは、プーマの「RS-100」がベースになった「PUMA RS-100 Roland」というスニーカー。こちらは、先述のモデルとはメインカラーが異なるものの、TR-808のアイコニックなブラック、イエロー、オレンジ、ホワイトを鮮やかに配色。よりポップなデザインになっているのが特徴だ。またシュータン部分のプーマとローランドのコラボを表すオレンジと黒のタグもこのモデルの最高にクールな部分。そして、スニーカーのかかと部分の側面にはアイコニックな「Rhythme Comporser TR-808」の文字がさりげなく配置されている点も見逃せない。 









発売日は”808”の日  


そんなクラブやフェスに履いていきたいこのコラボスニーカーだが、気になる発売日はなんと”808”の日である8月8日だ。Roland USの発表によると、PUMA RS-100 Rolandだけでなく、第1弾コラボモデルPUMA RS-0 Rolandもあわせて発売。販売価格は販売価格はPUMA RS-100 Rolandが100ドル(約1万1000円)、PUMA RS-0 Roland」が130ドル(約1万4400円)となる。


また両モデルは、グローバルリリースされ、プーマのオンラインストア、オフィシャルショップ、小売店など購入可能とのこと。気になった人は、”808"の日を楽しみにしておこう。




written by Jun Fukunaga 


source: 


https://www.residentadvisor.net/news.aspx?id=41521

https://www.residentadvisor.net/news.aspx?id=42180


Photo: Puma,  Resident Advisor



SHARE