RolandのTR-8S、MC-707など『AIRAシリーズ』がグッドデザイン賞を受賞!

ほかにもショルダータイプシンセのAX-Edgeや映像機材のVR-1HDが今年度の受賞作品に選出されている。
SHARE
2019.10.02 09:00

今年、ドラムマシーンの名機TR-808が「重要科学技術史資料」に選出された音楽機材メーカーのRolandだが、新たに今年度のグッドデザイン賞を同社の製品が受賞したことを発表した。

関連記事:TR-808、DX7が「重要科学技術史資料」に! 国立科学技術館が発表 



『AIRAシリーズ』とAX-Edgeが「2019年度グッドデザイン賞」受賞


「2019年度グッドデザイン賞」を受賞したのは、TR-8S、VT-4、MC-707、MC-101といったドラムマシーン、ボイストランスフォーマー、グルーヴボックスを含む『AIRAシリーズ』、ショルダータイプシンセサイザーのAX-Edge、そして映像機材のVR-1HD、V-02HDだ。 


以下は音楽系機材に寄せられた審査員評価コメント。



AIRAシリーズ(TR-8S、VT-4、MC-707、MC-101) 


製品筐体の面積のほぼ全てが操作インターフェイスである電子楽器。視認性と操作性の調和を最大限に活かしたデザインが高く評価されました。常に変化・進化し続けるアーティストの要望に対して最適なソフトウェアとハードウェアで応え続ける開発姿勢も素晴らしい。新しく導入されたイルミネーションの演出もしっかりとプレイヤーの操作性をフォローする作りになっており非常に高いレベルで機能と意匠の調和が図られている


AX-Edge


プレイヤーを最大限に演出する肩掛け式のシンセサイザーならではのアグレッシブな意匠性と操作性が特徴の本製品。プレイヤーの趣向に合わせた外観のカスタマイズだけでなく、演奏音に変化・効果を与えて演出するような特殊なユーザーインターフェースの開発など、随所に配置されたこの楽器ならではの工夫とアイデアが高く評価されました



Rolandは先月、ダンスミュージック系の最新ハード機材として今回グッドデザイン賞を受賞したMC-707、MC-101のほかにJUPITER-X、JUPITER-Xm、JU-06Aなどを発表。さらに音楽制作アプリ「Zenbeats」のリリースも音楽クリエイターたちの間で話題になったことも記憶に新しい。block.fmではそれらの機材を紹介する記事を公開中だ。是非この機会にそちらもあわせてチェックしてほしい。  


関連記事: 

Rolandがダンスミュージック系音楽制作ハードウェアの新製品を発表
【使ってみた】Rolandから無料で始められるトラックメイカー仕様なDAWが登場 


written by Jun Fukunaga 


source: https://www.roland.com/jp/news/0849/?lang=ja-JP 


photo: Roland



SHARE