Vineで大人気だったキッズが、将来有望のヒップホップMCに大変身! Rich Brianがデビューアルバム『Amen』をリリース

アメリカでVineを駆使した動画がヒットし、有名になったブライアン・イマニュエル。そんな彼がリッチ・ブライアンというMCネームで、ヒップホップアーティストとしての活動をスタートさせた。
SHARE
2018.02.06 02:30

昨年1月、Twitter社の動画提供SNS、Vineのサービスが終了した。Vineとは、撮影した動画を6秒間にまとめ、ショートムービーを作成できるアプリだ。2012年にサービスを開始し、アメリカを中心に爆発的に利用者が増え、日本でも高校生たちがこぞって動画を投稿していた。


このアプリを上手く活用し、現在インフルエンサーとして活躍している人も少なくない。今回はそんな人たちの中でも、アプリ利用当時の印象から驚くほど変貌を遂げたアーティストを紹介しよう。


ドープなトラックが耳から離れない!! Rich BrianとしてMCデビュー


彼はインドネシア出身、本名Brian Imanuel(ブライアン・イマニュエル)でVineを利用しており、おふざけ動画がアメリカでも取り上げられ、話題になった。




そんな彼が2016年にMCとしてキャリアをスタートさせた。当初は
Rich Chigga(リッチ・チガ)という名前で活動しており、ファーストシングルとしてYouTubeに投稿したMV「Dat $tick」が物議を醸した。


 

ピンクのポロシャツをズボンにインさせ、まさかのウエストポーチ、というおよそヒップホップアーティストとは思えない服装でラップしている。MVの内容からも、とても真剣に音楽をやっているように見えない演出が多く、ヒップホップファンからの中傷もあったそう。


そんな状況を一変させたのが、このMVを見た有名MCたちの興奮した様子を映すインタビューだ。


世界的に名のあるMCたちが絶賛、曲に合わせて体を揺らすジェスチャーも



なんとあのWu-Tang Clan(ウータン・クラン)のMC、Ghostface Killah(ゴーストフェイス・キラ)や、トラップミュージシャンを代表する21 Savage(21・サベージ)などが「これはドープだよ」と賞賛している。中には、「こいつはニガーだ、俺たちの仲間だ」とするMCも。ゴーストフェイス・キラに至っては、「彼なりの表現がすげえ良い。俺、リミックスするよ」といち早くこの曲のリミックスを制作、彼とのコラボレーションを披露した。




デビューアルバム『Amen』は、より洗練されクールな仕上がりに


彼はRich Brian(リッチ・ブライアン)とMCネームを変え、デビューアルバム『Amen』をリリースした。現在SpotifyやiTunes、Apple Musicでストリーミングできる。ミーゴスからオフセット(Offset)が、また先述の21・サベージもアルバムに参加している。一層厚みの増したトラックや、アメリカに移り自身が経験したことを如実に表現したリリックが胸に刺さる、素晴らしい出来になっている。




また、先日James Corden(ジェームズ・コーデン)が司会をつとめる番組「The Late Late Show With James Corden」に出演し、アルバムから「Amen」と「Cold」を実演し、喝采を浴びた。



若干18歳のアジアの少年が、アメリカンドリームを実現させようとしている。Vineでのおもしろ動画投稿がこんな結果につながるんだから、もしかしたらいつかあなたがこのステージに立つこともあるかも…。


参考元:

http://pigeonsandplanes.com/music/2018/02/rich-brian-amen-release

http://pigeonsandplanes.com/news/2018/02/rich-brian-performs-amen-cold-corden

https://www.billboard.com/articles/columns/hip-hop/8097424/rich-brian-interview-album-amen-name-change


Written by Kenji Takeda

Photo:Hypebeast

SHARE