Kanye Westの秘蔵っ子、Teyana Taylorが全身全霊をかけたライブ『House of Petunia』のドキュメンタリー映像が公開

レッドブル・ミュージック・フェスティバルのパフォーマンスを映像化。Usher、Fabolous、Method Manらベテランアーティストも登場する。
SHARE
2020.03.30 08:30

あのKanye West(カニエ・ウェスト)の秘蔵っ子とも言われる、シンガーでありダンサーから女優業までこなすTeyana Taylor(テヤナ・テイラー)が、2019年5月に行なった『レッドブル・ミュージック・フェスティバル・ニューヨーク』で披露したアイコニックなパフォーマンスの制作プロセスを追ったドキュメンタリー作品『Assembly Required: Teyana Taylor’s House of Petunia』をレッドブルが無料公開中!! 


ステージのイメージからダンサーのオーディションまでTeyana Taylor本人が全てに関わり、完成させたこのパフォーマンスの裏側を知ることができるうえに、70分間に及ぶ映像が嬉しい日本語字幕付き。さっそくチェックしておこう。






Beyonceの振り付けも担当


シンガーとしてはKanye Westが2010年にリリースした5枚目のアルバム『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』に参加し注目を浴びると、2018年にはKanye West監修によるアルバム『K.T.S.E.』の発表などで、一躍トップアーティストの仲間入りを果たしたTeyana Taylor。彼女の才能はシンガーとしてだけに留まらず、ドキュメンタリー作品の中でも真剣な眼差しでダンスに取り組むように振付師としての一面も持ち合わせている。


中でも有名なのがBeyonceが2006年にリリースしグラミー賞にもノミネートされた「Ring the Alarm」のMVの振り付けを当時若干16歳のTeyana Taylorが担当しているのだ。キャリア初期から大物アーティストと仕事をしてきた彼女がステージを作り上げていく過程はなんとも見応えのある貴重映像だ。



Usher、Fabolousも出演


およそ70分間にわたる映像は、ダンサーのオーディションからリハーサル、サウンド、照明、ステージ設営、コンセプトの決定に至るまで、様々なクリエイティブプロセスをありのままに記録したもの。予期せぬトラブルやストレスを抱えながらも、母であり1人の力強い女性としてプライベートとキャリアを両立させつつ果敢に立ち向かうTeyana Taylorの姿が映し出されている。


作品中にはシンガーのUsher(アッシャー)やラッパーのFabolous(ファボラス)、Method Man(メソッド・マン)といったベテランアーティストらも登場し、彼女がいかに信頼され期待されているアーティストなのかがわかる。




Red Bull TVアプリまたはレッドブルのYouTubeチャンネルから今すぐ観てみよう!!


-作品概要-

題 名: Assembly Required: Teyana Taylor’s House of Petunia

時 間: 70分

視 聴: Red Bull TVまたはレッドブルのYouTube(日本語字幕付き)


Red Bull YouTube

https://youtu.be/lf74tw2vp8w


Red Bull TV App

https://go.onelink.me/351027264/e6ef6006

※アプリをダウンロードのうえ作品名を検索してご視聴ください。


Red Bull TVとは?

2010年にスタートし、 Red Bullが世界で展開するスポーツ、音楽、ライフスタイルなどのイベントを放送するインターネット・テレビ局。他では得られない特別な体験をお届けします。 Red Bull TVのアプリ(iOS / Android / Amazon Kindle Fireなど)、Red Bull TVがチャンネル登録されている機器(Apple TV / Samsung Smart TV / Chromecast / Xbox360など)からどなたでも登録不要・無料でご覧頂けます。




written by BsideNews





SHARE