話題のTR-808クローンBehringer「RD-8」、ユーザー向けクイックチュートリアル動画が公開!

いよいよ国内発売が開始されたハードウエアドラムマシーンの教則動画で今すぐ操作方法をマスターしよう。
SHARE
2020.01.10 05:00

ハード機材派の音楽クリエイターにとって待望の最新ドラムマシーンであるBehringer「RD-8」がついに国内発売リリース。それにあわせて、同機を使いこなすためのクイックチュートリアルが公開された。




待望の最新ドラムマシーンBehringer「RD-8」がついにリリース!  


Behringer「RD-8」は、近年、発売が噂されていたRolandの名ドラムマシーン「TR-808」のクローンモデルで、業界内では”新解釈クローン”とも称される2020年最注目のハード機材だ。RD-8は、昨年末から予約販売開始しており、発売を首を長くして待っていた音楽クリエイターの中にはすでに予約完了で同機が手元に届くのを待つばかりという人も少なからずいることだろう。 


「RD-8」のチュートリアル動画で今すぐ操作方法をチェック  


そんなRD-8を最初から上手く使いこなすためのチュートリアル動画がこのほどYouTubeに公開されたばかりのふたつの動画だ。  


まず動画のひとつめ、「Behringer/RD-8 クイックチュートリアル01」では、RD-8でドラムパターンを打ち込む/保存する方法をわかりやすく紹介。動画では、バスドラム、スネア、ハイアットなど各パート(VOICE)の中からまずバスドラムを選択し、打ち込みをスタートする様子やDATAエンコーダーを回して、テンポ(BPM)を変更する方法、TAP/HOLDボタンを任意のテンポにあわせてタップすることでテンポを入力するなど、ハードウエアドラムマシーンの基礎的な使い方などを確認できる。また作成したパターンを保存するための方法も日本語字幕付きで分かりやすく解説されている。





次に動画のふたつめ、「Behringer/RD-8 クイックチュートリアル02」では、オリジナルのTR-808にはない、Wave DesignerとAnalog FilterというRD-8の”新解釈クローン”部分の使い方を解説。


動画ではWave Designerを使い、バスドラムとスネアのアタックやサスティーンを変化させることで音のテイストを変えていく方法が説明される。またAnalog Filterについてもローパス、ハイパスの切り替えながら、音色に変化を加えていく方法やフィルターのカットオフのオートメーション設定の仕方も解説。カットオフにより変化していくトリッキーなドラムパターンを作成していく様子も確認できるため、興味深いチュートリアル動画になっている。





チュートリアル動画を観て気になった人は今すぐRD-8をゲット! 


そのコストパフォーマンスの高さでも注目を集めているだけあって、すでに予約段階で完売している販売店も少なからず存在するというRD-8。しかし、この記事を執筆している時点では、まだ在庫がある販売店もあるようなのでチュートリアル動画を観て、改めて気になった人は今すぐRD-8をゲットしてみてはいかがだろうか?



written by Jun Fukunaga 


source: https://www.youtube.com/playlist?list=PLdl4ttTj001OA6N8KfykPTja4_ZEL8skl


photo: electori-br.jp




SHARE