Behringerの最新クローンドラムマシーン「RD-8」、ついに国内発売日が決定!

かねてより話題のクローンドラムマシーンだったが、2020年1月に国内発売されることが明らかになった。
SHARE
2019.12.16 02:00

近年、開発されていることが明かされ、徐々にその秘密のベールがはがされていったBehringerの最新クローンドラムマシーン「RD-8」の国内発売日が決定。来年1月10日より販売が開始されることが明らかになった。



噂のBehringer版”TR-808”、ついに国内で発売!  


「RD-8」は、Rolandの名ドラムマシーン「TR-808」のクローンモデルとなり、開発が明らかになった段階から世界中のハードウェアファンを中心に注目を集めてきた話題の最新機材だ。特徴としては本家を彷彿とさせる本体のルックスがまず挙げられるが、本家にはないMIDIやUSBによる外部デバイスとの同期機能などモダンドラムマシーンの性能もしっかりと搭載されている。  


またそのほかにクラシックなサウンドパフォーマンスを実現する本格的なアナログサウンドエンジン、追加パラメーターとグローバルアクセント機能付き16オリジナルドラムサウンド、強力な64ステップドラムシーケンサー、Wave Designer、デュアルモードフィルターなどの機能も搭載。クラシックアナログリズムマシーンになっている。





気になる「RD-8」販売価格も明らかに 


そして、最も気になるのが当初から低価格と言われていたその販売価格だ。オープンプライスとなる「RD-8」の市場予想価格は、税込4万1360円(税別3万7600円)。海外での当初の予想価格より少し高くなった気がするが、それでも4万円ちょっとでこのスペックのハードウエアドラムマシーンが手に入るのは魅力的ではないだろうか? 発売間近の「RD-8」は、現在、各楽器店のECサイトなどで予約を受け付けている。気になった人は早めに購入検討を!



なお、本家の「TR-808」は、今年、「重要科学技術史資料」に選出されるなど、文化的な分野でも注目され話題になったことも記憶に新しい。 


関連記事:TR-808、DX7が「重要科学技術史資料」に! 国立科学技術館が発表


written by Jun Fukunaga

source: 

https://twitter.com/BEHRINGERJP/status/1205381388544819200?s=20

https://www.electori-br.jp/products/763.html


photo: electori-br.jp





SHARE