日本のヒップホップにフォーカスした新企画『RASEN』 初回はLEX、SANTAWORLDVIEW、荘子it、Taeyoung Boyが登場

Red Bullによる日本のヒップホップシーンに焦点を当てた新企画がスタート。Vol.1のビデオをチェック。
SHARE
2019.07.04 09:00

世界的なヒップホップブームを受けて、近年日本のヒップホップシーンも、続々と全国各地から名をあげる新世代のラッパーたち、メインストリームのシーンにも進出し充実の時期を迎えた実力者、そして自らの武器を磨き続け独自の境地に達したアーティストなど1つのシーンには括れないほど多様化し活性化してきている。


Red Bull Music Festivalや惜しくも終了が決まってしまったRed Bull Music Academyなどにおいても、日本の音楽シーンと深い関係性を築いてきたRed Bullが、今回現在の日本のヒップホップシーンにフォーカスした新企画『RASEN(読み:ラセン)』をローンチさせた。





この企画では多様化する日本のヒップホップシーンから、毎回コンセプトを設定してラッパーとビートメイカーを選出。その場限りのサイファーを収録し、YouTubeのRed Bull Musicチャンネルで公開するもの。


初回は17歳の超新星LEX、Yamie Zimmerとのコンビネーションでも特異な存在感を放つSANTAWORLDVIEW、Dos Monosのメンバーとして独自の言語感覚と身体性で魅了する荘子it、歌もラップもオールマイティーに高水準にこなすTaeyoung Boyという4名が登場。トップラッパーたちのプロデュースを手がけるKMのビートの上で、それぞれの世界を表現している。


RASEN Vol.1 



"RASEN" #1 アーティストインタビュー

https://www.redbull.com/jp-ja/rasen-01


LEX




SANTAWORLDVIEW




荘子it(Dos Monos)




Taeyoung Boy




※登場順

prod.by KM



RASENとは


Red Bull がキュレートする、“その場限り”のマイクリレー


4本のマイクでつなぐ円(縁)は高みを目指し、“螺旋”をえがく——

そのうねりの行き着く先は、ヒップホップの未来か


written by 編集部



SHARE