RAM RIDER「東京論」MV公開。 1/31リリースの新曲は人気漫画家ふせでぃとコラボ

「東京論」MVは、RAM RIDER本人が撮影、高校2年生の若手映像監督マルルーンが監督した“東京の景色が踊りだす”作品。
SHARE
2020.01.14 13:30

1月14日、RAM RIDERの新レーベル「401」からリリースされた楽曲「東京論」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。


本作はRAM RIDER本人が撮影した映像を中心に、高校2年生の若手映像監督マルルーンが様々な手法で再構築、編集した”東京の景色が踊りだす”非常にインパクトの強い4分43秒の映像作品。素材は手持ちのiPhone、ミラーレス一眼からヘリコプターによる東京上空の4k撮影まで多岐にわたる。



新曲「おやすみ。」は1月31日リリース


また、今回のミュージックビデオ公開と同時に、新曲「おやすみ。」が1月31日にデジタル配信にてリリースされることも同時に発表。ジャケットやミュージックビデオ内のイラストをInstagramに公開した作品をきっかけに注目を浴び、現在では『全部失っても、君だけは』を講談社×pixivのまんがアプリ「Palcy」で連載中の人気漫画家ふせでぃが手がける。ジャケットや映像、楽曲の詳細はリリース日と同時に公開となる予定だ。


RAM RIDER本人コメント




まだ誰もみたことのない”東京の景色”を映像作品としてお届けできることが本当に嬉しく、皆さんに観ていただけるのが楽しみです。世界中の一人でも多くの方に観てほしい一本となりました。監督のマルルーンくんは間違いなく2020年代を代表する映像作家になると思っています。


マルルーン(MV監督)コメント

この作風でMVの仕事を受けるのは初めてだったので試行錯誤しながらでしたがどうにかいい方向にまとまってよかったです!RAMさんには撮影から細かいチェックまでしていただきました。ずっと作業していると自分だけではどこがいいのか悪いのかわからないのでとても助かりましたし、より良い作品になったと思います!



楽曲詳細




▶https://401u.jp/products/ramrider-tokyoron-single/





SHARE