POPS研究会が5thシングル「Summer Revison B」を配信リリース 11月にはアルバムも発売

starRoの別名義であるPOPS研究会が5thシングルをリリース。
SHARE
2019.10.30 12:00

8月28日に4thシングル「No One」をリリースしたstarRoの別名義、POPS研究会が早くも5thシングル「Summer Revison B」をリリースした。また、11月にはアルバムのリリースが決定。




音楽を見直さなければならない時期が来ている。


制作プロセス、流通構造など、作品をトップダウンでコントロールできる環境が長年続いた日本の音楽シーン。ストリーミング時代が到来し、レコード会社がアーティストに用意してきた従来の手法は再定義され始めた。


純粋にアーティストが作りたい作品を作り、世に出す。そういう作り手の世界が始まっている。


「POPS研究会」は、日本でポップミュージックを研究し、世界に向けて提案していくアーティスト、溝口真矢の音楽プロジェクトだ。溝口真矢が日本を拠点に、作りたい音楽と純粋に向き合い、伝えたいメッセージで日本語歌詞で書き、ポップミュージックという現代音楽のパッケージに変換したものである。特定のジャンルも定義しない、ストリーミングかCDかでもない。ヒット曲を目指さなくても良い、溝口のサウンドが好きな人のために曲を世に出す。それが「POPS研究会」が目指す方向性だ。


これまで溝口真矢はプロデューサーとしてstarRoという活動の場を通じて、初期はインストゥルメンタル・トラックやリミックスの制作、近年はシンガーやラッパーなど他アーティストとのコラボレーションを行ってきた。その創作活動の中、自身の人間関係、コラボレーターの意向、外部の決定など、自分のコントロールできない要因が音楽制作に影響を与えていることに気が付き、葛藤する時期が続いていた。


アメリカの音楽シーンでは、ポップミュージックの制作やヒット曲を狙ったライティングセッションの機会を目にしてきた。コ・ライティングでは十数人と一緒に曲を作ってきた。参加している彼らは、一日で5、6曲も作り、ヒット曲にクレジットされることを目指している。そこは弱肉強食の世界。自らの意図とはかけ離れた制作環境に置かれることとなり、溝口はアーティストとしての自身の在り方に思い悩むこととなった。


そこで気が付いたのは、自分はプロデューサーよりもアーティストであるということ。自分の音楽的なアイデンティティが入った曲だけを作り続けたいと思った。自分の音楽的アイデンティティを捨てることは出来ない。その感覚を認識した瞬間、自分の中で何かから開放された気持ちが新たに生まれた。それがアーティストの溝口真矢として「POPS研究会」を始めるキッカケとなった。


「POPS研究会」の役割は、日本の音楽を海外で当たり前に聴かれているアーティストに向けて提供していくことだ。それは今のヒットとは違う音楽かもしれない。一歩早いスタイルかもしれない。「POPS研究会」という名称では、海外で売れないと、日本人は普通に考えるはずだ。英語で発音しにくいし、歌詞も日本語で歌いにくい。だが、それは障壁ではないはずだ。大事なのは、リズムやグルーヴ、サウンドがカッコいいか、気持ちいいか。それがしっかりしていることが海外ではリスナーに届くからだ。聞き手の耳にグルーヴが届けば、日本語で歌うことは制約ではない。


アメリカでは、山下達郎さんや角松敏生さんといった日本のサウンドをカッコいいと言ってくれるアーティストを大勢見てきた。日本語歌詞であっても、彼らの音楽は単純に良いサウンドなのだ。そういう作品の広まり方を知ったことが「POPS研究会」に大きく影響している。20年後にこのサウンドをサンプリングしてくれるアーティストが出てきてくれれば良いのだ。現代のリスニングに正解は無いはずだ。



5thシングル「Summer Revison B」がリリース


「Summer Revison B」は夏の終わりをイメージしたchillでエモーショナルなトラックに、ある種の皮肉に聞こえてしまうくらい素直で内省的な感情が歌詞として綴られた楽曲となっている。

単に内省的というよりは、経験してきたことから自らを俯瞰し、本音を絞り出すような歌詞は誰もが共感できるようで、誰も見たことのない星の話のようにも聞こえて、POPS研究会の独自の視点を感じる作品となっている。




タイトル: Summer Rivison B

リリース日: 2019/10/30 水曜日

リリース形態: デジタル配信

作詞/作曲: 溝口真矢(starRo)


アートワーク:

Shu Sasaki (PERIMETRON)

https://twitter.com/McFeds

https://www.instagram.com/shu.sasaki/?hl=ja


Cota Mori(DWS JAPAN)

https://twitter.com/CotaDWS

https://www.instagram.com/dwscota/?hl=ja



楽曲配信URL:

https://linkco.re/8e2dhY3m



POPS研究会SNS:

Insta:  https://instagram.com/popskenn?igshid=zdrht8riqvoh


Twitter:  https://twitter.com/KennPops?s=17


【関連記事】

【対談】音楽業界 エージェント vs 事務所、どちらがいいの?





SHARE