PKCZ®、日本発のダンスプロリーグ『D.LEAGUE』のオフィシャルアンセム「ALL OR NOTHING」配信リリース決定

『D.LEAGUE』は1月10日開幕、同日「ALL OR NOTHING」も配信リリースとなる。
SHARE
2021.01.05 06:30

日本発のプロダンスリーグとして2021年1月10日(日)に開幕する『D.LEAGUE』。


そのアンセムとして永続的に使用されるインスト楽曲を、クリエイティブユニット PKCZ®(EXILE MAKIDAI・VERBAL・DJ DARUMA・白濱亜嵐)が制作。Dリーグ開幕日である1月10日(日)0:00から、各音楽配信サイトで配信がスタートすることが発表になった。


この楽曲は、開幕に先駆け2020年11月15日に開催されたプレスカンファレンスでPKCZ®によってパフォーマンスされた楽曲。ダイナミックかつ壮大な楽曲として、全9チームのDリーガー達を鼓舞するアンセムに仕上がっている。 


さらに、1月10日(日)の『D.LEAGUE』開幕戦では、PKCZ®が特別参加することになっており、日本初となる熱いダンスバトルの開幕はさらに盛り上がるだろう!






【リリース情報】


D.LEAGUEオフィシャルアンセム 

PKCZ®『ALL OR NOTHING ~ D.LEAGUE ANTHEM』 

(D.LEAGUE RECORDS) 

2021年1月10日(日)  

0:00〜各音楽配信サイトにて配信スタート


配信リンク:

https://nex-tone.link/ALL_OR_NOTHING 



【PKCZ® INFO】 




【HP】http://www.pkcz.jp


【Twitter】https://twitter.com/pkcz_official


【Instagram】https://www.instagram.com/pkcz_official



■PKCZ®(ピーケーシーズ)  


2014年 EXILE HIRO、EXILE MAKIDAI、VERBAL(m-flo)、DJ DARUMA が中心となり音楽、 ファッション、アート、カルチャー等、様々なジャンルで「本物の感動や理屈抜きにカッコ良いと思える感 覚」を MIX して、新しい価値を創造するクリエイティブ・ユニットとして活動を開始。 2019年にはUS を拠点にアジアにルーツを持つアーティストたちを本場のHIPHOP / R&B シーンに送り込みアジア系アーティストの躍進に成功したレーベル《88rising》からアジアを代表するGirls ポップアイコン・CL(元2NE1)と世界のトップDJ/ 音楽プロデューサーのAFROJACK を客演に迎えた楽曲『CUT IT UP feat. CL & AFROJACK』を世界リリース(iTunesソングチャートでは、フィリピン3位・シンガポール8位・ベトナム9位)を記録した。2020年10月、白濱亜嵐(EXILE / GENERATIONS)が新メンバーとして電撃加入。現在は、EXILE MAKIDAI・VERBAL・DJ DARUMA・白濱亜嵐の4人体制で活動中。 

 


■D.LEAGUE 


近年、日本の教育の中にも取り入れられているダンスは、2020 年でダンス経験者延べ2,000万人を超え、ストリートダンスの人口としては、現在600 万人以上とも言われている中、2024 年のパリ五輪では、ブレイキンがオリンピックの正式種目として採用が決定している。 


こうした中、日本発のプロダンスリーグを発足し2021年1月10日(日)に開幕を迎えるD.LEAGUEは、「avex ROYALBRATS」、「KADOKAWA DREAMS」、「KOSÉ 8ROCKS」、「CyberAgent Legit」、「SEGA SAMMY LUX」、「SEPTENI RAPTURES」、「FULLCAST RAISERZ」、「Benefit one MONOLIZ」、「USEN-NEXT I’ moon」の9 チームが参加、8 名制のダンスコンペテ ィションリーグとなり、ダンスのNEW STANDARD としてスタートを切る。 





SHARE