Phoenix、7枚目となる新作アルバムのレコーディング開始を示唆

昨年リリースしたシングルではGqomのビートを取り入れたことでも注目が集まった。
SHARE
2021.01.15 11:00

パリを拠点に活動するフランスの人気ロックバンド、Phoenixが今週、新作アルバムのレコーディング開始を示唆する投稿をInstagramで行った。



マスクをつけて、セッションを行うPhoenixメンバーの動画が公開 


マスクをつけて、セッションを行うPhoenixのメンバーの姿も確認できるモノクロ動画付きの投稿のキャプションには、"New Year, new studio #7"とあり、2017年にリリースされたアルバム『Ti Amo』に続く7枚目のアルバムを示唆するものと思われる。




新作アルバムにもGqom取り入れた「Identical」が何らかの形で収録される模様 


Phoenixは、昨年、最新シングルとなる「Identical」発表。同曲はバンドのフロントマン、Thomas Marsの妻で映画監督のソフィア・コッポラの新作映画『オン・ザ・ロックス』のサントラにも収録された曲だ。また、クラブミュージックファンの間では南アフリカのGqomユニット・FAKAによる「Uyang'khumbula」をサンプリングし、Gqomのビートを取り入れたことでも注目が集まったことは記憶に新しい。



 NMEによると、新作アルバムには先述の「Identical」が何らかの形で収録されるほか、収録曲に一貫性はなく、バンドの1stアルバム『United』に少し似たテイストになるという。また、2019年12月にバンドは、彼らとも縁が深いフレンチ・タッチの重要プロデューサーの1人で、Cassiussのメンバーとして活躍するも2019年に亡くなったZdarことPhilippe ZdarのMotorbass Studioで新曲のレコーディングに取り組んでいたことも報じられている。  


現段階ではPhoenixの7枚目の詳細は明らかになっていないが、近いうちに『Ti Amo』以来となるアルバムがリリースされることに期待したい。 


written by Jun Fukunaga  


source: 

https://www.nme.com/news/music/phoenix-reveal-theyre-at-work-on-new-album-in-paris-2855747 


photo: Rama 



SHARE