Kendrick Lamarが設立の会社「pgLang」がカルバン・クラインとコラボ

2020年に映像監督Dave Freeとともに創設したメディア会社がついに始動。キャンペーン動画にはBaby Keemらが出演。
SHARE
2021.01.18 12:00

新たなアルバムの情報が待たれているKedrick Lamar(ケンドリック・ラマー)と映像監督のDave Free(デイブ・フリー)が2020年にローンチした正体不明のメディア会社「pgLang」がファッションブランド、カルバン・クラインとコラボしたキャンペーン動画を公開した。ウェブサイトも公開されていたが、一向に動きがなかったpgLangなだけに今後の動きにも注目が集まる。






いくつもの動画を公開


今回の「pGLang for Calvin Klein」と呼ばれるコラボではすでにいくつものキャンペーン動画が公開されている。動画にはpgLang創設当時から関わりのあるとされ、Kendrick Lamarと親戚関係にあるラッパーのBaby Keemのほか、女優のRyan Destiny(ライアン・デスティニー)、Juice WRLD(ジュース・ワールド)ともコラボ経験のある若手シンガーのBrent Faiyaz(ブレント・ファイヤズ)らが出演。監督はもちろんDave Freeがつとめている。


ようやく始動された謎のメディア会社についてKendrick Lamarはインタビューで「pgLangは小さなアイデアを何もないところから形にしていく。信頼と忠誠を形にしたものなんだ」とコメントしている。2020年3月にローンチの情報が発表されて以降サイト上でも動きがなかったpgLangが2021年にどのような動きを見せていくのか楽しみにしたい。




次なるアルバムは!?


冒頭でも書いたように2017年にリリースされた4枚目のアルバム『Damn.』に続く新たなアルバムが待たれているKendrick Lamar。映画『Black Panther』のサウンドトラック・アルバムを2018年に手掛けてはいるものの、ファンとしては約3年間も待っていることになる。MV撮影と思われる様子がSNSで投稿もされていたが、次なるアルバムについて本人から語られていることもない現状だ。


しかし今月に入ってKendrick Lamarと同じくTop Dawg Entertainmentに所属するラッパーのAb-Soul(アブ・ソウル)がTwitterにて「アルバムは制作中だ」と明かしており、さらに2021年中頃に開催が予定されているデンマークのフェス「Roskilde Festival」にKendrick Lamarが出演することが発表され、ニューアルバムもその前後ではと予想されている。



pgLangの役割は今のところ音楽レーベルとは異なるようなので、新たなリリースは期待されていないが、今後どのようなアーティストが関わっていくのかも注目していきたい。




written by BsideNews


source

https://www.hotnewhiphop.com/kendrick-lamars-pglang-collaborates-with-calvin-klein-news.124618.html

https://hypebeast.com/2021/1/kendrick-lamar-dave-free-calvin-klein-pglang-collaboration-announcement


photo

https://www.facebook.com/kendricklamar/photos/10153207259533092




SHARE