Perfume、15周年記念に行われたオンラインライブがNetflixにて配信スタート ライゾマによるビハインド・ザ・シーンも公開に

圧倒的なバーチャルパフォーマンスで話題を呼んだ作品。配信スタートに合わせ、作品制作にどのようなデータが使用されているのか、その裏側を紹介するビハインド・ザ・シーン映像もYouTubeにて公開。
SHARE
2021.04.23 02:00

昨年9月にメジャーデビュー15周年を迎えたPerfume。その15周年を記念して行った周年事業「Perfume 15th&20th anniv with you all」の中で、人気の高かった映画『Reframe THEATER EXPERIENCE with you』がすでにNetflixで配信中だ。


さらに4月23日、オンラインライブ「Perfume Imaginary Museum “Time Warp”」の配信がNetflixでスタートした。





「Perfume Imaginary Museum “Time Warp”」は、昨年のPerfumeメジャーデビュー記念日である9月21日に、約7時間にわたりオンライン上で開催された「“P.O.P” Festival(Perfume Online Present Festival)」の最後に行われたライブ。


Perfumeとライゾマティクスが様々な形で行ってきた最先端の演出を堪能できるパフォーマンスを、オンラインに特化した形で表現。圧倒的なバーチャルパフォーマンスで話題を呼んだ作品となっている。


配信スタートに合わせ、PerfumeのYouTubeチャンネルにて作品制作にどのようなデータが使用されているのか、その裏側を紹介するビハインド・ザ・シーン映像も公開。


Perfumeメンバーも音声にてコメントを寄せているこの映像には、ライゾマティクスの真鍋大度氏が解説者として登場。リアルとバーチャルを行き来する演出を行ったSXSWやコーチェラでのパフォーマンス事例も交えつつ、世間をあっと言わせた最先端の本作に使用された技術を、映像を使って詳しく解説している。






さらに、「Perfume Imaginary Museum “Time Warp”」で使用したデータを元に制作された、Perfume初のCryptoArt (クリプトアート)作品「Imaginary Museum “Time Warp”(仮)」のリリースが近日中にされることが決定。


NFTによって価値を担保されたデジタルアート作品であるCryptoArtは、2019年夏あたりよりメディアアート界隈でも話題となっているが、この度パフォーマンスで披露された振付の中から、Perfume3名の象徴的なポーズを3Dデータ化し、「Imaginary Museum “Time Warp” 仮)」としてCryptoArt作品化がされる予定。


販売場所・日時などの詳細は追って発表される。


CryptoArtイメージ






〜NFTとは〜

NFT= Non-Fungible Token※(代替不可能な暗号資産のこと) ※直訳:非代替性トークン


〜CryptoArt (クリプトアート)とは〜

NFTによって、永続性/相互運用性/唯一性を保証し、価値を担保されたデジタルアート作品を「 CryptoArt (クリプトアート)」と呼ぶ。

2019年夏あたりよりメディアアート界隈でも話題となっていたが、コロナ禍により急速に世界中でムーブメントとなり、高額な取引も行われている。





SHARE