K-Houseシーン最注目株、Park Hye Jinがリリースを控える最新EPよりタイトル曲「How Can I」を公開

同曲が収録されるEP『How Can I』は6月26日に名門「Ninja Tune」よりリリースされる。
SHARE
2020.06.11 11:00

Peggy Gouを筆頭に韓国から世界に広がりをみせるK-Houseシーンで存在感を放つライジングスター、Park Hye Jin。そんな彼女が、今月26日に名門レーベル「Ninja Tune」よりリリースされる最新EP『How Can I』のタイトル曲「How Can I」を公開した。



先行曲「Like this」に続き、最新EPのタイトル曲が公開 


Park Hye Jinは、デビューから18ヶ月間という短い活動期間ながら、すでに世界中の名だたるベニュー、フェスでのプレイを経験しているほか、i-D、Hypebeast、Boiler Room、FADER、Dazedでのピックアップ、OnesToWatchの「Best New Artists: 2020」の1人にも選ばれている。  


公開されたばかりの「How Can I」やすでに公開されている先行曲の「Like this」など『How Can I』には全6曲が収録される。先述の「Like this」がディープハウスだったことに対し、今回の「How Can I」はトラップ系のサウンドになっているが、これはDJ、ラッパー、シンガーソングライターとして活動する彼女ならではのアプローチだろう。またトラックで使われるハイハットの音がハウシーなTR-909系の音になっていることにも注目したい。





新たな世界的K-Houseクラブヒットが生まれるかにも注目 


なお、プレスリリースによると同EPには他にもムーディーなテクノの「NO」、ジューク/フットワークにインスパイアされた「How come」なども収録されており、収録されるトラックは繊細でエモーショナルな空気を纏っているとのこと。 


 同郷のPeggy Gouが2018年に「Ninja Tune」よりリリースしたEP『ONCE』収録曲の「It Makes You Forget (Itgehane)」が世界的なクラブヒットになったという前例があるだけに『How Can I』からも世界に広がるK-Houseの新たなクラブヒットが生まれることになるかもしれない。 


『How Can I』は12インチとデジタルで6月26日にリリースされる。気になった人はリリースを楽しみにしておこう! 


written by Jun Fukunaga



SHARE