ORESAMAインタビュー「こんなときだからこそ、みんなに早く音楽を届けたい」

シングル「CATCH YOUR SWEET MIND」をリリースしたORESAMAに、m-flo ☆Taku Takahashiがインタビュー。
SHARE
2020.05.01 13:30

80s‘Discoをエレクトロやファンクミュージックでリメイクした音楽を体現するユニット、ORESAMAの2人がTCY Radioに登場。☆Taku Takahashiとは半年ぶりの対談となった。外出自粛中につきオンラインでのインタビューで、お家での過ごし方や、新曲「CATCH YOUR SWEET MIND」の制作秘話までトークしてもらった。


トークのアーカイブ視聴はこちらから。

TCY Radio(5月1日放送回)

https://block.fm/radios/1





ORESAMA
渋谷から発信する音楽ユニット。
80s‘Discoをエレクトロやファンクミュージックでリメイクした音楽を体現。
TVアニメ/CM楽曲起用や、様々なアーティスト、声優への楽曲提供、
ボーカル参加等、様々な分野で発信し続ける。
◆ぽん
可愛らしさと力強い歌声を兼ね備えた ボーカリスト
◆小島英也(こじま ひでや)
キャッチーかつ技巧的なポップミュージックを 体言するギタリスト兼サウンドクリエイター



☆Taku:今日のゲストはORESAMAのお二人です。オンラインにてお話させてもらいます。


ぽん:ORESAMAのボーカル、ぽんです!




小島:ORESAMAの作曲、ギターの小島です!よろしくお願いします!




☆Taku:では早速ですが、TCY Radio恒例の“一問一答”をお願いします!



ー出身地は?


ぽん:長野県です。


小島:僕も長野県です。


ー小さい頃になりたかった職業は?


ぽん:すごく小さい頃は、歌を歌う人か、絵を描く人になりたかったです。


小島:プロ野球選手です。


ー音楽活動はいつから?


ぽん:高校生からです。


小島:僕も曲を作り始めたのは高校生です。


ー初めて買ったCDは?


ぽん:初めて自分で調べてCDショップに買いに行ったのはフジファブリックさんの『TEENAGER』です。


小島:SOUL'd OUTさんの『To All Tha Dreamers』です。


ー最近お気に入りのアーティストは?


ぽん:私は小島くんからオススメしてもらったTom Misch(トム・ミッシュ)の曲を聴いたりしています。


小島:Cory Wong(コリー・ウォン)というギタリストです。


ー最近いちばん嬉しかったことは?


ぽん:リリースやライブ前に、自分のSNSアカウントでカウントダウン企画をやってるんですが、4/15にリリースしたニューシングルはアニメの主題歌を担当させていただいたということもあって、そのアニメの監督でもあった漫画家の押切蓮介先生がご好意でカウントダウンに一緒に参加してくださったんです。とても嬉しかったです。


小島:僕はそのシングルが無事リリースできたことです。


ーよく出没する場所は?


ぽん:今はずっと家にいますが、以前も今も、スーパーが一番多いと思います。


小島:僕も今は家ですが、それ以前は渋谷の楽器屋ですね。


ー尊敬する人は?


ぽん:自分がわからないもの、得意でないものに携わる方はみんな尊敬しています。


小島:Nile Rodgers(ナイル・ロジャース)です。


ーこれから挑戦したいことは?


ぽん:今は難しい状況なんですけど、いずれはもっと海外でライブをしたいです。


小島:ギターを作りたいです。



☆Taku:ありがとうございました!ぽんさんは、小さい頃の夢が叶ってるんですね。小さい頃はどんな歌手をイメージしてたんですか?


ぽん:絵も歌も褒められることがすごく嬉しかった記憶があるので、みんなを楽しませられる歌を歌う人になりたかったんだと思います。


☆Taku:小島さんは、尊敬する人がNile Rodgers。


小島:そうですね、「Get Lucky」という曲で出会ってからずっと好きなんです。最近TwitterでNile Rodgersがオーケストラかなにかの指揮をしている動画をあげていて、「そんなことまでやり始めたんだ」って感動しました。新しいものを追求していく姿がかっこよくて、今でも大尊敬ですね。


☆Taku:ぽんさんの最近嬉しかったことはアニメの監督とリリースカウントダウンができたということでしたね。監督も漫画もやられている方なんですか?


ぽん:もともと漫画家の先生なんですけど、今回初めて監督に挑戦されたミニアニメ作品の主題歌を担当させていただいたんです。


☆Taku:ちなみにそのカウントダウン企画はどういう感じでやってるんですか?


ぽん:「5,4,3,2,1」って自分の写真に数字をつけて毎日アップするんですけど、今回は私が「5」、先生が「4」というようにリレー方式で。最後は私の写真に先生が直接イラストを書き込んでくださって、夢のコラボの1枚ができあがりました。



☆Taku:それは見たいですね〜!あとは小島さん、よく楽器屋に出没したり、ギターを作りたいと。


小島:僕は一応ギタリストという肩書きなんですが(笑)、特にギターの改造が好きなんです。新しいギターを買ってきても、その日のうちにはパーツを変えて改造しちゃうんです。


☆Taku:ギターってどういうところを改造できるんですか?


小島:エレキギターだと電気系統、特にピックアップっていうんですけど、音を拾う心臓部分を変えることで全く音が変わったり。コンデンサーや導線とか、いろんなものをちょっと変えるだけで音が変わるのでそれが楽しくて。今ずっと家にいるのでギターの改造が加速しちゃってます。そしてさらに、自分だけのギターを作りたいという気持ちが芽生えてきてしまって(笑)。


ぽん:あはは(笑)。


☆Taku:最近は外出自粛しなきゃいけない中ですが、ぽんさんはどうやって過ごしてますか?


ぽん:以前から趣味だった料理をするか、映画を観てることが多いですね。今まで観てこなかった作品を観たいなと思って。


☆Taku:何を観ましたか?


ぽん:今更ながら今敏さんの作品が好きで、『パプリカ』『パーフェクトブルー』『東京ゴットファーザーズ』とかを観てます。


☆Taku:アニメ映画の名作中の名作ですよね。


ぽん:今は自宅にずっといるじゃないですか。だから心だけでも外の世界にトリップする、夢中になれるのはすごくいいことだなと改めて感じました。


☆Taku:小島さんはギターの改造に熱中してて他のことはあまりしてないかもしれないんですけど(笑)、他になにかやってたりしますか?


小島:そうですね(笑)。ずっと曲を作ってます。曲を作って、その間に好きなゲームをして。家を満喫してる感じになってますね、僕は(笑)。


☆Taku:今回リリースされた「CATCH YOUR SWEET MIND」についても聞いていきたいんですが、『ざしきわらしのタタミちゃん』というアニメの主題歌だということで。どんなアニメなんですか?


ぽん:田舎から上京してきた“ざしきわらしのタタミちゃん”っていうキャラクターが主人公なんですけど、彼女が都会の生活に戸惑いながらも、どうにか憧れの東京に馴染もうと奮闘していくホラーギャグストーリーです。



☆Taku:その監督がORESAMAの大ファンで、主題歌に対してオーダーとかリクエストがなかったと聞いたんですが、本当ですか?


小島:そうなんです。タイアップの場合は何かしらリクエストがある場合が多いんですけど。“疾走感”とか…。


☆Taku:必ず言われますよね。前にも話しましたね、これ(笑)。


小島:でも今回は“ORESAMAらしい曲を”っていうリクエストをいただいて。僕的にはすごく楽しかったんですけど、自由が故に苦労する部分も意外と多くて。今までは多少リクエストがあった分作りやすかったんだな、というのも思いながら作りました。


☆Taku:“大喜利のネタ”を出してもらったほうが実は作りやすいことってありますよね。


小島:はい。だから作曲は“自分がどれだけ出せるか”の勝負になっていて。今回は、楽曲を作る前からあえて他の音楽を聴くことを断って、自分の中からどんな音がでてくるのかを試しながら作りました。


☆Taku:ぽんさんは歌詞を担当されていますが、お題がない中どうやって書き上げたんですか?


ぽん:このアニメは“疲れて何もしたくない、何も考えたくない”みたいなときでも、ダラっと横になりながら観られる感じがすごく好きなんです。何も考えずに笑えるというか。そこに一種の開放感みたいなものを私は感じたので、曲を聴いて、固くなったものが柔らかくなるような感覚をみんなが抱いてくれたらいいなと思いながら書きました。歌詞に関しては先生から“パーティー感”とか“楽しい感じ”っていうイメージをいただいていたので、それを念頭に置きながら。



☆Taku:カップリングの「ドラマチック Dressup ver.」。“Dressup ver.”という、普通のリミックスとは違ったタイトルですが、どういった意図で?


小島:ORESAMAのライブでは、過去にリリースした曲をライブ用にさらに発展させて演奏することが多いんですが、今回はそれを音源にしてリリースすることになったんです。“Dressup”は、“ライブ、パーティー用にちょっと着飾って”という意味を込めました。楽曲をガラッと変えるリアレンジと、原型を残しつつ変化させるリミックスのちょうど中間くらいのものを目指していて。この「ドラマチック」も、原曲のオーディオを切り貼りしたところと、シンセやベース、ギターを新しくレコーディングしたところがあるんです。今後もシリーズ化したいと思っていて、その第1弾がこの「ドラマチック Dressup ver.」です。


☆Taku:リミックスっていうと、基本的には小島さんの作業のほうが多いイメージですが、作るときには2人で話し合ったんですか?それとも小島さんがぽんさんに「こういうの作りたいんだ」って言って作った感じですか?


小島:基本的には僕が提案をして、ぽんちゃんからいろんな意見をもらいながら作る感じですね。


☆Taku:なるほど、じゃあ2人で作ってるんだ。


ぽん:そうですね。歌も録り直したりしてるので。


☆Taku:じゃあリスナーには聴き比べて楽しんでもらいたいですね。


ぽん:本当にそうですね!


☆Taku:いわば新曲みたいなリミックス。


小島:そこを目指しました。原型を残しつつ、「あれ?別の曲じゃないの?」って思わせるような楽曲にしたくて。



☆Taku:今回はシングルにインストも収録されてますが、インスト入れるかどうかとか、他の収録曲をどうするかとか、悩みません?


小島:はい、とても悩みます。


☆Taku:僕はノリで決めちゃったり、みんなにリミックスを作ってもらいたいなと思ってアカペラバージョンを入れたりしますが。インストを入れるのはどういう形で決まったんですか?


小島:僕がインストを入れたいんですよ。インストの音源が好きっていうのもあるし、あとはみんなに歌って欲しいという思いが大きいです。一つひとつの音源を丸裸にされるようで、若干照れくさい部分も僕の中ではあるんですけど。歌詞や歌を担当しない分、音をさらけ出すことで僕の表現してる部分を感じて欲しいという意味もあります。


☆Taku:ぽんさん、自分のアカペラを出すのとインストを出すの、どっちが恥ずかしいと思いますか?


ぽん:え〜!(笑)自分のボーカル丸裸のほうが恥ずかしいです…。


☆Taku:ですよね〜!(笑)


小島:確かにそう言われたらそうですね…。ちょっと謝らなきゃいけない(笑)。


☆Taku:ボーカリストはみんなそう言うんですよ。「アカペラ出すの〜!? 裸見られてるようで嫌なんだよね…」って。


ぽん:そうですよね〜。でも、吐息とか、楽曲の上で聴こえない部分を聴いてもらえるっていうのは楽しいかもしれないです。


小島:あぁ〜!確かに。


☆Taku:人のアカペラを聴くのは楽しいですよね。自分のだと照れくさいけど。


ぽん:そうですね。


☆Taku:最近はライブが延期や中止になってしまったり、アーティストとして活動するのが大変な状況が続いてます。ORESAMAは今後、どういった形でファンに音楽を届けようと思っていますか?今後のことが読めない世の中ではありますが。


ぽん:実際に私たちも4月のワンマンライブが中止になりましたし、すごく悔しい思いもしました。でも、ライブやイベントができないこの状況の中でも、もっとORESAMAの楽曲の可能性を楽しんでもらえるようなコンテンツを今後発信していきたいなと思っています。


小島:こんなときだからこそ短いスパンで定期的に、「ドラマチック Dressup ver.」のような音源を何かしらの形で配信したいなと思って準備を進めているところです。僕らとしては、作品をみんなに届けたい。あと、僕らはもともと東京をメインにライブをしていたので、なかなか他の県に行くことが少なかったんですが、これを機にORESAMAのライブを配信として届けられないかってみんなで準備してます。ネットを通じて、僕らも何かを表現していけたらなと。


☆Taku:2人バラバラだと、レコーディングひとつとってもいろんなチャレンジがありますよね。いろいろと考えながら発信していくことがアーティストに求められてるのかなと思ったり。最後に、リスナーに一言ずついただけますか?


小島:ORESAMA、一日でも早く新しい曲を届けられるように頑張っていきます。今はステイホームということで、僕らもライブハウスでみなさんと会えるのを楽しみにしているので、みんなで協力して、頑張って我慢していきましょう。


ぽん:ニューシングル「CATCH YOUR SWEET MIND」は、思わず体が動いてしまうような、踊りだしたくなるような、楽しいパーティーチューンなので、こんな時期だからこそ、おうちでたくさん楽しんでいただけたらと思います。最後に、ライブでも特に盛り上がる私たちのとっておきの曲で、おうちでも踊ってください。



【関連記事】

80'sカルチャーに影響を受けた新世代ユニット、ORESAMAが語る「今表現したいシティポップ」






【リリース情報】




ORESAMA「CATCH YOUR SWEET MIND」

 

01. CATCH YOUR SWEET MIND

02. ドラマチック -Dressup ver.-

03. CATCH YOUR SWEET MIND [instrumental]

04. ドラマチック -Dressup ver.- [instrumental]


配信リンク:

https://lnkfi.re/oresama



【ラジオ情報】


TCY Radio

毎週金曜日20:00-21:00放送

https://block.fm/radios/1



written by Moemi





SHARE