Daft Punkの代表曲「One more time」がVR化! 仮想現実空間でのレイヴが可能に

ファンが作り上げたVR空間で再現されるあの世界感。没入してフレンチタッチなレイヴパーティに参加してみよう!
SHARE
2019.09.19 02:00

出てきては立ち消えるDaft Punkのライヴ情報。最近、実しやかに囁かれているのが来年のグラスンベリーに出演するという噂(出演者予想の賭けも始まっている)だが、果たして今回は実現するのだろうか? まあ、あまり期待はしすぎずにおこう。とはいえ、そろそろ本当にDaft Punk再始動には期待したいところだろう。



そんな風に思うDaft Punkファンに是非おすすめしたいのが、今回ご紹介する「Interstella VR | Daft Punk Virtual Reality Experience」。Daft Punkの代表曲「One more time」をVR化したものだ。こちらはオフィシャルではなくファンプロジェクトとして制作されたものだが、その仕上がりは秀逸。なんと、あの松本零士デザインのキャラクターが繰り広げる熱狂のレイヴパーティにファンが参加できるというから驚きだ。 


「One more time」をVR化したのはオーストラリア人VR開発者Jake Donaldson。このコンテンツでは、HTC ViveなどVRヘッドセットを使用することでユーザーがあの『インターステラ5555』の世界に深く没入することができる。





YouTubeで公開されているデモ動画の中盤では、ユーザーがコントローラーを使って、キラキラと輝く小さな星々を放出する様子も。実際の音楽ライヴではサイリウムやペンライトを動かし、アーティストのパフォーマンスに応えるファンの姿を良く見かけるが、その代替品として星を使うアイデアはとてもファンシー。ファンタジー味強めのVRレイヴにはまさにもってこいだ。 


VR版は先述のとおりあくまでファンプロジェクトだが、いつの日か本家がこのアイデアに目を付け「One more time」収録のアルバム『Discovery』を丸ごとVR化することに期待したい。  


現在、「Interstella VR」はこちらのリンク先でダウンロード可能。VRヘッドセットをお持ちの方はいますぐお試しあれ! 


written by Jun Fukunaga 

source: https://djmag.com/news/daft-punk%E2%80%99s-%E2%80%98one-more-time%E2%80%99-has-been-turned-vr-rave-watch


photo: Jake Donaldson VR



SHARE