Migosのメンバー、Offsetがバーチャルイベントに向けたプラットフォームを設立

特に新人アーティストの活動をサポート。イベント会社とパートナーシップを結び、マンスリーイベントを開催。
SHARE
2020.09.12 02:00

全米1位を何度も獲得しているラップトリオ、Migos(ミーゴス)のメンバーの1人であるOffset(オフセット)がイベント会社「Axis Replay」とパートナーシップを結び、バーチャル・オンラインイベントのプラットフォーム「AXSD Media」を設立した。今後は新人アーティストも含むライブイベントをマンスリーで開催していくとのことだ。






パンデミックで苦しむアーティストをサポート


Offsetは新たなプラットフォームについて「新型コロナ感染症によってパフォーマンスすることができない今は、アーティストの精神的にも経済的にも厳しい状況だ。特に新人アーティストにとってはね。AXSD Mediaではバーチャルの世界で安全かつファンとの繋がりを可能にする」とコメントを出している。


実は以前Migosのメンバーはインタビューにて「ファンとの繋がりを感じられないバーチャルなパフォーマンスには興味がない」と話していた。しかし今回Offsetが起こした行動ということは、それだけ現状できる限りのファンとの交流が感じられるプラットフォームとなるのではないだろうか。





新人アーティストに与えられたチャンス


発表されたコンサートシリーズでは今のところMigosはおろか、大物アーティストのラインアップは発表されていない。しかし出演する新人アーティストには賞金だけでなく今後はメインアクトのオープンアップ(前座)のチャンスが与えられるという。最初のイベントは現地時間9月11日に行われ、Netflixで配信されたラッパーオーディション番組「Rhythm + Flow」にも登場したCaleb Colossus(カレブ・コロッサス)を始め8人のアーティストが出演。


Axis ReplayはシンガーのYK Osiris(YK・オサイラス)が6月に行ったライブもプロデュース。その際は当然のごとくソーシャルディスタンスを保っての開催となり実際の会場には50人しか集まらなかったが、オンライン配信のチケットは35000枚も売れたという実績もある。さらに大学のプロムパーティやゲーム、eスポーツ業界にも進出しており、今後Offsetとのつながりでさらに需要が高まっていくことが予想されている。


オフィシャルサイト

https://www.axrexp.com/




配信はFutureStreamと呼ばれる日本でいうZAIKOに近いサイトから行われる。Migosが乗り出したとあれば今後セレブレティーなアーティストが参加することも期待できるだろう。




written by BsideNews


source

https://hiphopdx.com/news/id.57815/title.offset-launches-virtual-platform-for-artist-driven-live-concerts


photo

https://www.facebook.com/AXR.EXP/photos/?ref=page_internal

https://www.axrexp.com/




SHARE