The Notorious B.I.G.がロックの殿堂入り!! Diddy、Jay-Z、Nasらが祝福のコメント

今年は史上初となるテレビ向け番組として式典が開催。受賞スピーチをは実の子供であるT'yannaとCJが担当。
SHARE
2020.11.12 06:30

The Notorious B.I.G.(ノトーリアス・B.I.G.)のロックの殿堂入りを記念して、未発表フリースタイルがペプシとコラボしたアニメーションMVとして発表されたことはお伝えしたが、11月7日には式典が開催された。今年は多くのアワード、フェスやイベントと同じく通常通りの開催とはならず、史上初となるテレビ向け番組としてHBOで放送されたロックの殿堂。


今年はWhitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)、the Doobie Brothers(ドゥービー・ブラザーズ)、Depeche Mode(デペッシュ・モード)、T. Rex(T・レックス)、Nine Inch Nails(ナイン・インチ・ネイルズ)らとともに、現在活躍する多くのラッパーにも影響を与えてきたThe Notorious B.I.G.が殿堂入りとなった。






盟友達からのコメント


The Notorious B.I.G.は1997年に亡くなっているが、彼と時代を共にしニューヨークの一時代を築いてきたラッパーはまだ多く健在だ。今回の式典ではそんなレジェンドラッパー達の中からThe Notorious B.I.G.の才能をいち早く見出して世に送り出したDiddy(ディディ)、今では音楽だけでなく司法制度改革にも乗り出しているJay-Z(ジェイ・Z)、先日ニューアルバム『King's Disease』をリリースしたばかりのNas(ナズ)と90年代前半から切磋琢磨した盟友達からコメントが寄せられていたが、これだけで今でもThe Notorious B.I.G.残した功績が偉大なものであることが伝わるだろう。


Nasは「それまで西海岸のラップしか売れていない状況をThe Notorious B.I.G.は全てひっくり返してくれたんだ」とその後の東海岸におけるラップビジネスに影響を与えたことを讃えた。ちなみにThe Notorious B.I.G.の名前を出せば思い浮かぶであろう西海岸代表の2Pac(2・パック)は2016年にすでにロックの殿堂入りを果たしている。



受賞スピーチは子供達が担当!!


本来受賞スピーチは本人がするものだが、The Notorious B.I.G.はすでに亡くなっているため今回は娘でアパレルショップを系しているT'yanna(T・ヤーナ)と息子で俳優のCJが担当した。


T'yannaは「父はキング・オブ・ニューヨークだけではなく、カルチャーの上でもキングとなりました」とコメントし、3歳の時に父親を亡くしたものの周りから話を聞くうちに偉大さに気づいたという。そしてThe Notorious B.I.G.の生涯を描いたドキュメンタリー映画『Notorious』では幼少期の父親を演じたCJは、劇中でも印象的なシーンで使われた名台詞「Brooklyn We Did It !!(ブルックリン、やったぞ)」と受賞スピーチを締めくくった。



”キング・オブ・ニューヨーク”という言葉はThe Notorious B.I.G.の死後も多くのラッパーが名乗ってきたが、やはり彼ほどに似合う人物はいないだろう。




written by BsideNews


source

https://www.hotnewhiphop.com/the-notorious-big-inducted-into-the-rock-hall-of-fame-news.120941.html


photo

https://www.facebook.com/NotoriousBIG/photos/?ref=page_internal

https://www.facebook.com/rockandrollhalloffame/photos/?ref=page_internal




SHARE