Night Tempo、『昭和アイドル・グルーヴ』コンピレーションをCD/配信で5月リリース

これまで昭和グルーヴ・シリーズで配信リリースしてきた昭和アイドル・ポップスのリエディットをまとめた作品。アルバム用に新たにリエディットした楽曲も収録される。
SHARE
2021.03.25 01:00

韓国人プロデューサー/DJのNight Tempo(ナイト・テンポ)が、5月に『昭和アイドル・グルーヴ』コンピレーションをCD/配信でリリースする。


海外で巻き起こっているジャパニーズ・シティ・ポップのブームが日本のメディアでも紹介されている中、その象徴的な「プラスティック・ラブ」現象を巻き起こした立役者の一人=韓国のプロデューサー/DJのNight Tempo。今年2月にリリースした松原みきの昭和グルーヴも絶好調の彼が、これまで昭和グルーヴ・シリーズで配信リリースしてきた昭和アイドル・ポップスのリエディットをまとめたコンピレーションをCDと配信で5月にリリースすることが決定した。


『Night Tempo presentsザ・昭和アイドル・グルーヴ』と題し、既発の工藤静香、Wink、斉藤由貴、BaBeのリエディット各2曲に加え、このコンピレーション用にNight Tempoがセレクトした昭和アイドル・ポップスを4曲新たにリエディット(曲目は後日発表)、全12曲入りのコンピレーション・アルバムとして発売。


全ての音源が初CD化となり、昭和グルーヴ・シリーズの一連のアートワークを手掛けている韓国人イラストレーター、tree 13氏が描きおろしたジャケット写真も公開となった。


Charles Chatonとのアパレル・コラボ第2弾の発売も決定




また、2019年11月にアニメ「魔法の天使 クリィミーマミ」の描きおろしで話題を呼んだベイクルーズ社の人気女性ファッション・ブランドCharles Chatonとタッグを組んだトリプル・コラボ=Charles Tempoの第2弾の発売が4月に決定した。


今回は、「スローモーションをもう一度」の作者である人気漫画家・加納梨衣氏へラブコールを送りトリプル・コラボが実現。このコラボのためだけに描きおろしたスペシャルなイラストのテーマは<80年代の架空のアイドル>。


80年代をこよなく愛すNight Tempoと加納氏のタッグから生まれた、他にないムードを落とし込んだアイテムが4種類発売される。





【リリース情報】




ヴァリアス・アーティスツ 『Night Tempo presents ザ・昭和アイドル・グルーヴ』


発売日:2021年5月19日(水)  

発売元:ポニーキャニオン  

CD品番:PCCA-06038

価格:2,200円(税込)


収録曲:

工藤静香 「嵐の素顔 (Night Tempo Showa Groove Mix)」 「ワインひとくちの嘘 (Night Tempo Showa Groove Mix)」

Wink 「淋しい熱帯魚 (Night Tempo Showa Groove Mix)」 「Get My Love (Night Tempo Showa Groove Mix)」

斉藤由貴 「卒業 (Night Tempo Showa Groove Mix)」 「ストローハットの夏想い (Night Tempo Showa Groove Mix)」

BaBe 「Give Me Up (Night Tempo Showa Groove Mix)」 「I Don’t Know! (Night Tempo Showa Groove Mix)」

他、新規リエディット4曲も収録して全12曲入り。



【商品情報】


Charles Tempo 第2弾

商品ラインナップ:Tシャツ2種類(ホワイト、ブラック/S, M, L)、VHSケース型ノート、ブロマイド風ステッカー

4月21日(水)より、BAYCREW’S STOREとCharles Chaton ラフォーレ原宿店にて一斉発売。

4月1日(木)10:00~ BAYCREW’S STORE Charles Chatonにて、Tシャツ2型のみ、先行受注スタート。


▪ BAYCREW’S STORE Charles Chaton

https://baycrews.jp/brand/detail/charleschaton


▪ Charles Chaton ラフォーレ原宿店

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1丁目11−6ラフォーレ原宿4F


【Night Tempo(ナイト・テンポ)プロフィール】




80年代のジャパニーズ・シティ・ポップや昭和歌謡、和モノ・ディスコ・チューンを再構築し、「フューチャー・ファンク」というジャンルを生んだ韓国人プロデューサー兼DJ。米国と日本を中心に活動する。竹内まりやの「プラスティック・ラブ」をリエディットして欧米で和モノ・シティ・ポップ・ブームをネット中心に巻き起こした。昭和カセットテープのコレクターでもある。昭和時代の名曲を現代にアップデートする『昭和グルーヴ』シリーズを2019年に始動。Winkを皮切りに、杏里、1986オメガトライブ、BaBe、斉藤由貴、工藤静香、松原みきとこれまで7タイトルをリリース。同年フジロックフェスティバル’19に出演を果たし、秋には全国6都市を周る来日ツアーを成功させた。2020年2月には東京ドーム ローラースケートアリーナでバースデイ・イベントを開催。


■Night Tempo オフィシャルサイト/SNS

Official Website: https://nighttempo.com


Twitter: https://twitter.com/nighttempo


Instagram: https://www.instagram.com/nighttempo/


Facebook: https://www.facebook.com/nighttempo/


YouTube: https://www.youtube.com/nighttempo


Bandcamp: https://nighttempo.bandcamp.com/


Soundcloud: https://soundcloud.com/ntreboot



【加納梨衣(かのうりえ)プロフィール】


漫画家。2013年、漫画アクション(双葉社)に掲載の「スターライトウーマン」にて連載デビュー。2016年より80年代文化をテーマとしたラブコメ漫画「スローモーションをもう一度」を週刊ビッグコミックスピリッツ (小学館)にて連載。現在週刊ビッグコミックスピリッツ (小学館)にて「機動戦士ガンダムバンディエラ」、FEEL YOUNG (祥伝社)にて「カノジョは今日もかたづかない」を連載中。ほか、昭和歌謡を題材としたポスター、ジャケットイラストなども手掛けている。





SHARE