Night Tempo、工藤静香「嵐の素顔」のリエディットをMVとともにリリース

さらに人気イラストレーター、永井博氏とのオンライン・イベントや歌謡ポップスチャンネルへの出演も決定。
SHARE
2020.08.21 01:00

海外で巻き起こっているジャパニーズ・シティ・ポップ・ブームの中でも象徴的な「プラスティック・ラブ」現象を巻き起こした韓国のプロデューサー/DJのNight Tempo(ナイト・テンポ)が、話題の昭和グルーヴ・シリーズ第6弾『工藤静香 - Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』を本日配信リリースをした。


彼女の代表曲「嵐の素顔」と、デビュー・アルバム『ミステリアス』収録のバラード・ナンバーの2曲をフューチャー・ファンクへアップデート。中でも「嵐の素顔」は、Night Tempoが昨年の昭和グルーヴ・ツアー用にリエディットをしており、彼のDJセットの中でも1,2を争うほどのフロア爆発力を持つ人気曲であったが、この度オフィシャル・リリースが叶う事となった。


本作リリースを記念して、Night Tempoによる「嵐の素顔」のオフィシャル・リエディットMVが公開となっている。



また人気イラストレーター・永井博氏が、夏の風物詩となった代官山蔦屋書店での展示の開催(8月24日~9月6日)、そして永井氏の夜景・夕景を集めた最新作品集『NITEFLYTE』(復刊ドットコム刊)の刊行を記念したオンライン・イベントを8月29日(土)に開催する。


このイベントに、昨年10月にリリースしたNight Tempoのアルバム『夜韻』のジャケットを永井氏が描き下した縁で、Night Tempoのゲスト出演が決定。(因みに『NITEFLYTE』にも『夜韻』ジャケットが掲載。)二人の馴れ初めから大好きな音楽の話まで世代も国籍も超えたトークは必見。Night TempoはDJセットも披露することになっている。


そして昭和歌謡を愛するNight Tempoが、歌謡ポップスチャンネル「MUSIC JUNCTION」に韓国ソウルの自宅からリモート出演することも情報解禁となった。この回の番組テーマは「シティポップ クールジャパン」。Night Tempoは海外のシティポップ事情を語っており、MCの飯尾和樹氏(ずん)、コムアイ氏(水曜日のカンパネラ)、そしてゲストの上坂すみれ氏や音楽ライターの金澤寿和氏とのやり取りは必見、オンエア日は9月28日(月)となっている。





【リリース情報】



『工藤静香 – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』 

2020年8月21日(金)配信リリース


【収録曲】

1. 嵐の素顔 (Night Tempo Showa Groove Mix)

2. ワインひとくちの嘘 (Night Tempo Showa Groove Mix)


配信リンク

https://lnk.to/ShizukaKudo_NightTempo



【オンライン・イベント出演情報】


Conversation in Niteflyte


8月29日(土)20:00~

出演:永井博、Night Tempo

(※イベントは日本語での開催ですが、韓国語と英語の字幕が付きます。)

お問合せ:代官山 蔦屋書店

電話番号: 03-3770-2525

ホームページ:https://store.tsite.jp/daikanyama/



【番組出演情報】


歌謡ポップスチャンネル 「MUSIC JUNCTION」


一つの音楽テーマから各ジャンルに精通した多彩なゲスト陣が熱くプレゼンし、MC飯尾和樹(ずん)、コムアイ(水曜日のカンパネラ)が独自の結論を導き出すトークバラエティ!

#8 「シティ・ポップ クールジャパン」 

世界に発信され、今では日本の魅力の1つとなりクールと捉えられている「シティ・ポップ」。昭和歌謡やシティ・ポップを再構築し「フューチャー・ファンク」というジャンルを生んだ韓国人プロデューサー兼DJ Night Tempoと多彩なゲスト共に再注目された謎を深掘りします。


<ゲスト>上坂すみれ、Night Tempo(プロデューサー/DJ)、金澤寿和(音楽ライター)他

<放送日> 9月28日(月) 21:00~21:30

<番組HP>https://www.kayopops.jp/feature/music-junction/

<歌謡ポップスチャンネルとは>

https://www.kayopops.jp/



【Night Tempo(ナイト・テンポ)プロフィール】



80年代のジャパニーズ・シティ・ポップや昭和歌謡、和モノ・ディスコ・チューンを再構築し、「フューチャー・ファンク」というジャンルを生んだ韓国人プロデューサー兼DJ。米国と日本を中心に活動する。竹内まりやの「Plastic Love」をリエディットして欧米で和モノ・シティ・ポップ・ブームをネット中心に巻き起こした。昭和カセットテープのコレクターでもある。2019年に昭和時代の名曲を現代にアップデートする『昭和グルーヴ』シリーズを始動。Winkを皮切りに、杏里、1986オメガトライブ、BaBe、斉藤由貴とこれまで5タイトルをリリース。同年フジロックフェスティバル’19に出演を果たし、秋には全国6都市を周る来日ツアーを成功させた。2020年2月には東京ドーム ローラースケートアリーナでバースデイ・イベントを開催。


■Night Tempo オフィシャルサイト/SNS

Official Website: https://nighttempo.com


Twitter: https://twitter.com/nighttempo


Instagram: https://www.instagram.com/nighttempo/


Facebook: https://www.facebook.com/nighttempo/


YouTube: https://www.youtube.com/nighttempo


Bandcamp: https://nighttempo.bandcamp.com/


Soundcloud: https://soundcloud.com/ntreboot


 


【工藤静香 プロフィール】

85年、アイドル・ユニット、セブンティーンクラブのメンバーとして、シングル「ス・キ・ふたりとも!」でデビュー。86年、おニャン子クラブのメンバーになる。87年、うしろ髪ひかれ隊としてシングル「時の河を越えて」をリリース。同年にはシングル「禁断のテレパシー」でソロ・デビューを果たした。代表曲は、「MUGO・ん・・・色っぽい」「嵐の素顔」「黄砂に吹かれて」「慟哭」など。


2017年、ソロデビュー30周年を記念して、12年ぶりとなるオリジナルアルバム「凛」をリリース。そして昨年は、<Relax>をテーマにした初の洋楽コンセプト・カヴァーアルバム「Deep Breath」をリリースし、スタンダードジャズの名曲から最新の大ヒット曲までの内容で、幅広い年齢層に支持された。


■工藤静香 オフィシャルサイト/SNS


Official Website: https://shizuka-kudo.net/


Instagram: https://www.instagram.com/kudo_shizuka/





SHARE