Night Tempo、昭和グルーヴ最新作で秋元薫「Dress Down」をオフィシャル・リエディット

2010年代に入ってから発売当時以上に国内外での評価が高まっていた楽曲の公式リエディットが実現。
SHARE
2021.07.28 01:00

海外で巻き起こっているジャパニーズ・シティ・ポップのブームが日本のメディアでも紹介されている中、その象徴的な「プラスティック・ラブ」現象を巻き起こした立役者の一人=韓国のプロデューサー/DJのNight Tempo。自身のキャリア原点となる「Catch Me」のオフィシャル・リエディットを含む中山美穂の昭和グルーヴを6月にリリースしたばかりだが、早くも昭和グルーヴ第9弾のリリースが決定した。


今回取り上げるのは秋元薫。元カシオペアの最強リズム隊でジンサクへと発展する神保彰&櫻井哲夫、そして国分友里恵と共にシャンバラ(SHAMBARA)を結成した女性シンガーで、松任谷由実のツアー参加歴もある彼女が、1986年にInvitation/ビクターから発表した唯一の自己名義の作品である傑作アーバン・ファンク・アルバム『Cologne』からの2曲をピックアップ。


中でも「Dress Down」は黒くてアーバンなプログラミング・リズムや厚塗りリバーブのサウンド・メイクの80's ジャパニーズ・ブギー・ファンクとして、発売当時以上に2010年代に入ってから国内外で評価が高まり、海外のフューチャー・ファンク系プロデューサー/DJらもピックアップしていたナンバーだ。


Night Tempoもインタビューで松原みき「真夜中のドア/Stay with Me」以外にも海外で既にバズっているシティ・ポップ楽曲の一つとして挙げていたこの曲を、リエディットして公式リリースする運びとなった。


原曲の良さを活かしつつ、ゴリゴリのフューチャー・ファンクへと昇華させており、本人曰く「このリエディットは海外で人気になります。」と自信をのぞかせている。もう一曲は、アルバム『Cologne』に収録されている、Night Tempoお気に入りのバラード「今日はひとりきり」をピックアップ。ビートを効かせたミディアム・テンポなナンバーへとリエディット、コンテンポラリー感が増したトラックへと変貌を遂げている。


一連の「昭和グルーヴ」シリーズを手掛ける韓国のイラストレーター、tree 13氏による、アルバム『Cologne』をモチーフにした今回のジャケットにも注目だ。


先月にはオリジナルの「Dress Down」の新たなリリック・ビデオが海外向けに公開され、早くも20万回を超えるビュー数を記録している。






【リリース情報】




アーティスト:秋元薫 (読み:アキモトカオル)

タイトル : 秋元薫 – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ

配信日:2021年8月11日(水) 


収録曲:

1. Dress Down (Night Tempo Showa Groove Mix)

2. 今日もひとりきり(Night Tempo Showa Groove Mix)

ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて8月11日より配信スタート。


【発売中】

アーティスト:秋元薫

●タイトル:和モノ A to Z プレゼンツ・ビクター・Japanese Groove Rare Collection Cologne

発売中/VICL-64506/\2,530(tax in)


●Cologne (+2)<タワーレコード限定>

<Bonus Tracks>シングル「パラドックス/予感」2曲収録

発売中/NCS-10238/\2,530(tax in) 


配信リンク

"Dress Down" Linkfire  https://jvcmusic.lnk.to/DressDown



【Night Tempo(ナイト・テンポ)プロフィール】




80年代のジャパニーズ・シティ・ポップや昭和歌謡、和モノ・ディスコ・チューンを再構築した「フューチャー・ファンク」の人気アーティストである、韓国人プロデューサー兼DJ。米国と日本を中心に活動する。竹内まりやの「プラスティック・ラブ」をリエディットして欧米でシティ・ポップ・ブームをネット中心に巻き起こした。角松敏生とダフト・パンクをこよなく敬愛する、昭和カセット・テープのコレクターでもある。昭和時代の名曲を現代にアップデートする『昭和グルーヴ』シリーズを2019年に始動。Winkを皮切りに、杏里、1986オメガトライブ、BaBe、斉藤由貴、工藤静香、松原みき、中山美穂とこれまで8タイトル、そして昭和アイドルのフォーカスした『昭和アイドル・グルーヴ』コンピレーションをリリース。2019年にフジロックフェスティバルに出演を果たし、同年秋には全国6都市を周る来日ツアーを成功させた。翌年2月には東京ドーム ローラースケートアリーナでバースデイ・イベントを開催。


■Official Website: https://nighttempo.com


■Twitter: https://twitter.com/nighttempo


■Instagram: https://www.instagram.com/nighttempo/


■Facebook: https://www.facebook.com/nighttempo/


■YouTube: https://www.youtube.com/nighttempo


■Bandcamp: https://nighttempo.bandcamp.com/


■Soundcloud: https://soundcloud.com/ntreboot



【秋元薫プロフィール】


1985年、シングル「PARADOX」でビクター音楽産業(現:ビクターエンタテインメント)からデビュー。1986年、全曲彼女の作詞である1stアルバム「Cologne」を武部聡志のプロデュースの下、リリース。1989、元カシオペアの櫻井哲夫と神保彰が結成したSHAMBARAに国分友里恵と共にボーカリストとして参加。1991年、シングル「瞳に映して」を発売。ソングライターとしても活動し、中森明菜、高橋由美子、光GENJI、永作博美、奥菜恵などに楽曲提供。


昨年より、「Dress Down」がSpotifyを中心に、アメリカ、メキシコ、UKなど海外リスナーの再生回数がUPしている。





SHARE