世界最高のサッカー選手ネイマールの演技「ローリング・ネイマール」がバイラル動画に

いじられるのもスターの宿命か? ネイマールの行為がミーム化、さらにテレビCMまで!
SHARE
2018.07.11 11:00

いよいよ終盤戦となったロシアW杯! 日本代表はもとより、目が離せない試合ばかりで寝不足となっている人も多い中、残念ながらベスト8で敗退してしまったブラジル代表において、その結果をあざ笑うかのようにエースストライカーのNeymar(ネイマール)の過剰に「ダイブ」する仕草がインターネット上でミーム化され、話題となっている。


ネイマールの14分間



今大会では、微妙な判定ではビデオ判定する技術「VAR」が導入されたが、それでも倒れこむ演技”をする選手の姿は多く見られた。その代表格であるネイマールは、調べによると試合中にファウルを受けて倒れ込んでいた時間の合計がなんと14分間に上る。彼が転がりまわる姿はミーム化され、ネットでバイラルしているのだった。




ローリング・ネイマール


サッカーファンでなくとも、選手がグラウンドで倒れこみ、時にはずっと足を抑えている場面を見たことはあるだろう。ネイマールが今大会で見せた姿はネット上では「ローリング・ネイマール」と呼ばれ、その映像はあらゆる場面と合成され笑いのネタにされている。試合中に見たら心配してしまうような姿でも、映像によっては面白く「しょうがないな」と思うほかない。





テレビCMにまで!


「ローリング・ネイマール」の影響はネット上の嘲笑の的だけでは止まらず、ケンタッキーフライドチキンの南アフリカがテレビCMのネタにして使われているのだ! もちろん直接ネイマールが出演しているわけではなく、多くのサッカー選手が見せる姿ではあるのだろうが、CMを見る限りネイマールの姿にインスパイアされて作られてと思って間違い無いだろう。他国であるとはいえ、中々勇気のあるCM作品だ!





エース選手の宿命でもあり、ネイマールに対してはとかくチェックが厳しく、ファウルを受ける数も断トツに多い。スイス戦ではW杯大会史上2番目に多い10回のファウルをうけた。倒れこむ姿が目立っても仕方が無いので同情してしまうが、それでも話題にしてしまうのが現代のネット社会か。できれば傷だらけのその足元にもフォーカスを当ててほしい!



written by #BsideNews


source:

https://www.cbssports.com/soccer/world-cup/news/world-cup-2018-brazils-neymar-has-spent-14-minutes-on-the-ground-according-to-study/

https://www.cbssports.com/soccer/world-cup/news/kfc-south-africa-capitalizes-on-neymars-world-cup-flopping-with-amazing-ad/


photo: YouTube

SHARE