5月も続くSTAY HOMEにおすすめの新作6作品:海外編

おうち時間に聴こう。Yung BaeのLow Steppaリミックス、Flume&Toro y Moiの鬼に金棒コンビ、Marshmello&Halseyなど注目の作品を紹介。
SHARE
2020.05.08 11:00

Written by TOMYTOMIO


大規模なフェスがいくつも企画されていたGWことSTAY HOME WEEK。アートとテクノロジーが結びついて僕らの生活を豊かにしてくれるのは本当にありがたい。これを書いている今も、オンラインフェスの配信を見ながら踊り疲れて息を荒くしているところである。5月いっぱいは外出自粛が続く見込みである中、自宅で聴きたい新譜をピックアップ。4月〜5月アタマのリリースEP・アルバム・シングル作品を海外編/国内編に分けた10作+おすすめの1作、全11作品を紹介する。この記事では海外編の6作品をレビュー。


▶国内編はこちら

5月も続くSTAY HOMEにおすすめの新作5作品:国内編




フューチャーファンク職人とハウス職人の邂逅:Yung Bae/Bad Boy(feat.bbno$,Billy Marchiafava)[Low Steppa Remix]



フューチャーファンクの旗手、Yung Bae。ご存じ日本のシティーポップサンプリングやディスコサウンドをベースとしたノスタルジアを感じさせる楽曲が特徴の人気プロデューサーだ。この楽曲は、昨年リリースのラッパーbbno$とBilly Marchiafava客演の「Bad Boy」をロンドン出身のハウスプロデューサー、Low Steppaがリミックス。原曲のケレン味あふれるサウンドを活かしつつ、よりハウシーに洗練された印象に。フロア映えするダンサブルな楽曲に仕上がっている。


配信URL:http://smarturl.it/BadBoyLowSteppaRemix



アイスが溶ける前に曲が終わる:Drelli/Ice Cream



アイスクリームが嫌いな人はいないと思うが、アイスクリームをタイトルにした曲も同様だろう(根拠はない)。ミネソタ州ミネアポリス出身のラッパーで、Dim MakからリリースのParty Pupilsにフィーチャーされた「The Plug」がバイラルヒットしたDrelli。しかしこの楽曲のMVは500回くらいしか再生されていない。曲自体、1分7秒しかなくて笑った。Duckwrth好きの友達が教えてくれただけに、Vince Staplesのようなジャンルレスかつユニークなアーティストが好きな人にハマりそう。DuckwrthもVince Staplesもハードでハングリーなバックボーンを持っているが、Drelliくんはどうなんだろう。


配信URL:https://fanlink.to/drelli-icecream


ついに実現したポップスター2大共演:Marshmello/Be Kind(With Halsey)



ポップス、ヒップホップ、EDM、あらゆるジャンルを横断し、愛されるプロデューサーMarshmelloが、今年1月に『Manic』をリリースしたHalseyを客演に迎えて、新曲をリリース。両者はコラボの噂はあったものの、今まで実現は至らずだった。ファニーなアートワークとキャッチーなメロディとは裏腹に、大切な人を思う歌詞はHalseyの哀愁漂う歌声とその力強さと相まって響くものがある。Halseyは自身と同様にThe Chainsmokersと客演したシンガー、Kelsea Balleriniのリリースした「the other girl 」に参加。コロナで来日公演を含むツアーがキャンセルになってしまった分、制作に励んでいるのだろうか。終息したら日本に絶対来てほしい。


配信URL:http://www.bekindxx.com/




融合した2つの音楽宇宙をさらに拡張:Flume,Toro y Moi/The Difference(Extended)



FlumeとToro y Moiという鬼に金棒コンビで3月にリリースされた「The Difference」。AppleのAirPods ProのCMで使用された楽曲で、Appleとコレオグラファー/ダンサーのMatilda Sakamotoとコラボレーションした動画も公開されている。静かに響くトラックにこだまする歌声、FlumeとToro y Moiの壮大なユニバースが融合した素晴らしい曲だ。その楽曲を“Official Extended Mix”と称して原曲をさらに拡張。オリジナルバージョンよりもビートとベースラインが前面に際立った構成になっており、疾走感溢れるドラムンベース色が強くなったクラブ仕様に変貌を遂げている。


配信URL:http://flu.me/DifferenceExtended


ミサイル級のド迫力と研ぎ澄まされたクオリティで鼓膜を撃ち抜く:Westside Gunn/Pray for Paris



Westside Gunnといえば十分ベテラン枠に入るんだろうけど、イイ意味でヤングガンな勢いと成熟した凄みを感じさせるミサイル級のアルバムをリリース。全編にわたり重厚なハードビート、オーセンティックなピアノループが特徴的なサウンドは、それでいてどこかフレッシュさを孕む。「Brrrrr」や「Boom!! Boom!! 」など往年のWestside Gunn節も健在だ。Griselda Recordsの(凶悪な)仲間たち、Benny the ButcherやConway the Machineらとスピットしまくり、Wale、Freddie Gibbs、Tyler, the Creator、Joey Bada$$といったこれまた気骨のある濃い面々を客演に迎えている。(TylerはTr.12のプロデューサーとしても参加)ガツンとくるUSハードコアヒップホップが聴きたいならWestside Gunnにおまかせ。Brrrrr!!!! 


配信URL:https://empire.ffm.to/prayforparis


サッカーと音楽が息づくUKブライトン直送の空気感を味わう:Frankie Stew&Harvey Gunn/Breathing Exercises




このアルバムはリリースとしては2月なので、新譜としてもっと早くに紹介できれば良かったのだが、タイミングを逃してしまったのでこの記事にねじ込んだ。推しは推せる時に推せ、ということでUKはブライトン出身の2人組ヒップホップユニットを紹介したい。Lo-Fiな雰囲気を漂わせつつ繊細で情緒あふれるサウンドが特徴だ。ブライトンという、ロンドンとはまた違ったローカル性、身近なトピックを等身大で綴る叙情的リリックが魅力。Tom MischやRex Orange CountyといったUKアーティストと共演するなど世界的に活躍するサウス・ロンドン出身のラッパーLoyle CarnerやLoyle Carnerのサポートメンバーを務めるなど縁の深いピアニスト、作曲家のAshly Henry、シンガーソングライターJoel Baker、ロンドンのグライム、オルタナティヴシーンのコアアーティストのひとりで4月にフルアルバムをリリースしたManga Saint Hilareが参加している。 UKカルチャーメディアGafferの過去のインタビューで語られているようにサッカーが生活に根ざしているというのもUKらしさを感じてイイ。


配信URL:https://slinky.to/BreathingExercises



photo:

https://youtu.be/C1R-C1HIFMo

https://youtu.be/wXq9xMWf8hI

https://twitter.com/marshmellomusic/status/1256072804388102144/photo/1

https://youtu.be/YvsSO3QQBUA

https://www.instagram.com/p/B-O8ahKFuZP/


source:https://gaffer.online/features/music/frankie-stew-harvey-gunn/





SHARE