ナビゲーターやDJ、番組名、記事タイトル、文中ワードで一括検索することができます。

注目のキーワード

    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX

    【後編】NEO-RAVE EUPHORIA ~イギリス屈指の混沌とレイヴの祭典「BANGFACE WEEKENDER 2017」密着レポート~

    2017/04/21 (Fri) 15:30
    admin

    DJ Shimamuraが出演したBANGFACE WEEKENDER 2017現場の空気をレポート

    この記事をシェア

    Written by DJ ShimamuraPhoto by UMA KUMATA @iinuo + DJ Shimamura1text今回は2017年3月16日から19日までイギリスのサウスポートで開催されたイベント「BANGFACE WEEKENDER 2017 (以下BFW2017)」に僕、DJ Shimamuraが出演して来たので現場の空気をレポートしていきたいと思います。(後編)1textDAY3: 18 (SAT)この日は日中、プールパーティーも開催されていたみたいです!(すんません!寝てました!)

    メインフロアではSERIAL KILLAZ、RATPACK、ATARI TEENAGE RIOT、BONG-RA、HELLFISHなど、この日も豪華なアーティストが目白押しでした!RATPACKのステージは圧巻で、経歴約30年の重鎮アクトにも関わらずレイヴアイドルさながらの盛り上がり。Underworld、The Prodigyのヒットチューンのカバーもプレイされ贅沢な1時間でした!最新の音源もチェックするしOLDSKOOLも大好き。そんなイギリス人らしさを感じさせるフロアの空気にグッと来るものを感じました。また、今回のヘッドライナーATARI TEENAGE RIOTもフロア煽りまくりのロックなステージでした!この日はFACE ROOMも贅沢なラインナップで、ED SOLO & DEEKLINEのブチアゲJUNGLE / DRUM&BASSセットはMCも入って最高でした。その後のROCKWELLもインテリジェンスな方向からガンガンあげていくスタイルで見事なセットでした。
    1textDAY4: 19 (SUN)最終日。メインフロアはALTERN8のMARK ARCHERからスタートというこれまた贅沢なオープニング。FACE ROOMではMOVING SHADOW LEGENDSと題してレーベルMOVING SHADOWのヒーロー達が続々出演。JUNGLE / OLDSKOOL / HAPPY HARDCOREからDRUM&BASSへ移行していくレーベルの歴史を辿るような素晴らしいショーケースでした。そしてメインフロアではMACHINEDRUM、LUKE VIBERT、トリには今年のSONIC MANIAにも出演が決まったSHOBALEADER ONEが出演!AM1時のクロージングセレモニーにて無事終演を迎えました。
    1text* * * * * * * * * * * * * *どのステージ、いやもっと言えばステージ外のどこにいっても皆子供のような笑顔で全力でレイヴを楽しんでいて、寝泊りするシャレーでもお客さんが機材を持ち込んでホームパーティーが始まったりと、落ち着く瞬間が月曜の朝まで存在しない夢のような時間でした。「自分たちが求める自由度の高いレイヴがなかったから作った」そんなレイヴの基本であるDIY精神を運営から強く感じました。ヘッドライナーの半数が90年代に特に活躍したアーティストというのは、多くの参加者 / 運営側がまだ子供の頃に活躍していたヒーローのステージを観たいというのもあるだろうけど、本能的に興奮するレイヴサウンドを発信し続けているのが、その時代のアーティストだったという部分が大きいのではないかと思いました。これはリバイバルでも懐古でもなく、確実に最新のレイヴァーからの要求に対する答えなんだと。一緒に参加したSHaKa-iTCHi君のコメントも同感でした。

     ※SHaKa-iTCHi君たち出演の #MIDI_sai は5/5開催です!ゲストにLUKE VIBERT! https://www.facebook.com/events/410482982654664?tsid=0.6036211217287928日本社会では悪い印象が付きまとう「好きにやる」という感覚を、英国紳士マナーの中で当たり前のようにアウトプットしている運営陣、またそれを受けてこれまた自分たちなりに好きに遊んでいるレイヴァー達の光景は本当に気持ちのいいものでした。ダンスミュージックにおいてトレンドを追いかけるのも一つの愉しみ方だけど、ここには「自分はこれが好きだからここにいる」という強力なアイディンティティーというか、PUNK的で無邪気な本能のようなものを感じました。そしてそれは僕にとって死ぬほどカッコよく見えました。BANGFACEのスローガンのひとつ「HEALTH & SAFETY CAN FUCK OFF(健康や安全なんてクソくらえ!)」なんて言葉も今の日本のメインストリームとは逆方向を向いていてカッコいい。海外のレイヴに遊びに行く愉しみにはもちろん日本で見れないアクトを観に行くというのもあるけれど、現地のレイヴァーの中に混じってパーティーを楽しむ実体験は何にも替えられないものがあると思うので、ぜひ皆さんにも海外のレイヴに行って、向こうの料理を食べ、向こうの酒を飲み、知らないレイヴァーと肩を組み大暴れしながらレイヴを楽しんでほしいと思います!最後に、ACID TECHNO、HAPPY HARDCORE、JUNGLEはヤバいぞ!レイヴなんていつまで待っても来ないんだから自分たちで生み出すんだ!
    1
    textDAY3,DAY4 タイムテーブルTT_day3_4.jpg1text【前編】NEO-RAVE EUPHORIA ~イギリス屈指の混沌とレイヴの祭典「BANGFACE WEEKENDER 2017」密着レポート~http://block.fm/news/neo_rave_eurhoria_11textDJ Shimamura & MC STONEがナビゲートするハードコアレイヴプログラム▶︎RAVE-A-RIDE 毎月第1,3木曜日 20:00 - 21:00 http://block.fm/ondemand/ravearide

    関連タグを見る:

    この記事をシェア

    TOP NEWS

    05/13 UPDATE
    Alison Wonderlandによるエレクトロニックショー
    Alison Wonderland

    RADIO WONDERLAND #260
    エレクトロニックミュージックを中心に紹介して行く、DJ/プロデューサーAlison Wonderlandによるウィークリープログラム。ゲストコーナー「808s and Mates」には彼女に近しいアーティストが登場し、インタビューやゲストミックスをお届けします。

    2022/05/14 00:00
    |
    60 min
    05/13 UPDATE
    UKの今をお届け
    Sigala

    Sounds of Sigala #Episode 32
    現ダンス・シーンの最前線で活躍する注目度No.1のヒットメイカーSigalaがオススメトラックを紹介!さらにSigalaの最新ニュースもお届けします!

    2022/05/13 23:00
    |
    60 min
    05/13 UPDATE
    アイロニックなユーモアも交えたトークと選曲をお届け
    RHYME SO

    第7回目のRHYME SO ESSENTIAL POPPERS。大沢さんも3ヶ月ぶりに登場でRHYMEさんと共にライブミックスをお送りしました!

    2022/05/13 22:00
    |
    60 min