ナビゲーターやDJ、番組名、記事タイトル、文中ワードで一括検索することができます。

注目のキーワード

    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX
    XX
    XXXX
    XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX

    【前編】NEO-RAVE EUPHORIA ~イギリス屈指の混沌とレイヴの祭典「BANGFACE WEEKENDER 2017」密着レポート~

    2017/04/20 (Thu) 19:30
    admin

    DJ Shimamuraが出演したBANGFACE WEEKENDER 2017現場の空気をレポート

    この記事をシェア

    Written by DJ ShimamuraPhoto by UMA KUMATA @iinuo + DJ Shimamura1text今回は2017年3月16日から19日までイギリスのサウスポートで開催されたイベント「BANGFACE WEEKENDER 2017 (以下BFW2017)」に僕、DJ Shimamuraが出演して来たので現場の空気をレポートしていきたいと思います。そもそも「BANGFACEとは?」について、今回のBFW2017でのJAPAN INVASION (1エリア丸々日本のアーティスト/DJで構成されるショーケースナイト)を取り仕切ってくれたリーダー、ばいを般若氏 (@biohannya)に解説していただきました。1text

    / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /
    BANGFACEはロンドンのアングラパーティーから発展した「NEO-RAVE UTOPIA」を掲げるパーティー。そんなBANGFACEが数日間に渡りレジャー施設を貸し切り、150組以上のアーティストを招聘して行うフェスが「BANGFACE WEEKENDER」参加者もド派手で、アホなバナーを掲げたりプールパーティー以外でもプール用品が会場中を飛び交う景色はBANGFACE名物。などなど音楽以外にも語り尽くせない魅力とアホな発想を詰め込んだ唯一無二の音楽フェスです!BANGFACE略歴:2003年、ロンドンのマンスリーアングラクラブイベントとしてスタート。回を重ねる毎に規模を増していきGlade(2006)やグラストンベリー(2010,2011)等のフェスでショーケースをまかされたりメディアでも取り上げられるようになる。2008年、BANGFACE WEEKENDERを開催。これが大成功し後に開催される船を貸しきったボートパーティーと共にBANGFACEの名物イベントに。2013,4年にはベルギーやオランダ等UK以外のヨーロッパでもBANGFACEを開催。2015年のBF WEEKENDERで遂に100回目の大台を突破!来年2018年は15周年となるためさらなる期待が高まる
    / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /
    1textそんなBFW2017。会場となったPontins Holiday Parkはサウスポート駅から車で10数分のレジャー施設で、コンサートエリア、バーなどはもちろんゲームセンター、コンビニ、プール、ゴーカート、アスレチックや、出演者 / 参加者全員の宿泊施設(シャレー)も完備されていました。早速、会場に入ってみるとまずはBFW名物「GABBA THE HUTT」がお出迎え!真っ赤な目をしたス◯ーウォーズのモンスターそっくりの怪物との対面は、これから起きる数日間を予言しているかのようでした。
    20170315_170419_0026.jpg
    1
    textDAY1: 16日 (THU)初日は16時からQUEEN VICTORIAエリアでのHARD CREW TAKEOVERと、会場内のシャレーで放送されるBANGFACE TV(死ぬほどしょーもない映像とPVやクイズ番組、トロピカルパーティー、たまにちゃんとしたインタビューなどが流れる)がスタート!
    20170315_170419_0027.jpg
    HARD CREW TAKEOVERでは、初日からHAPPY GABBA / HAPPY HARDCORE / JUNGLE / BREAKCOREでガンガン盛り上がっていました!そしてメインフロアは19時からスタート。特筆したいのはBLACKOUT CREW!アップリフトなドンクチューンをバックにノンストップで繰り広げられるMCセッションは確実に日本で見ることの出来ないショーでした。もちろん会場も最高の盛り上がり。また、会場内には巨大TR-909やTB-303があって(しかもちゃんと音が出る!)みんなずっとそれで遊んだり、即興でレイヴァー同士でセッションが始まったりBFWならではのアトラクションで楽しませてくれました(初日のTB-303は故障していてTB-404の張り紙が・・・)
    1
    textDAY2: 17日 (FRI)この日は13時にQUEEN VICTORIAエリアでのIRISH TAKEOVERからスタート。メインフロアのBANG ROOMと2番目のFACE ROOMは19時からスタート。20時からはBANG ROOMにて謎のオープニングセレモニーも行われ、本格的にBFW2017が幕開けしました。BANGFACE WEEKENDER 2017 - OPENING CEREMONY : https://www.youtube.com/watch?v=N3xxPY5g64Uこの日はAPHRODITE、LUKE VIBERT+RAGGA TWINS、DJ HYPE、DAVE CLARKE、THE PANACEA、THE DJ PRODUCERなど蒼々たるアクトが続き、どのステージも盛り上がっていました。ステージ上のLEDパネルに大写しされる数多くのスローガンもフロアを高揚させるのに一役買っている印象でした。
    そして24時から、我々のJAPAN INVASIONがスタート!前日からヨーロッパ諸国のレイヴァーから待望の声を沢山聞いていたのですが、始まってみるとフロアに収まりきらないレイヴァーがバーエリアで踊り始めるくらいに終止人だかりで、彼らの日本への感心をひしひしと感じました!DJ Shimamura with MC STONE & Numb'n'dubのセットも盛り上がりました!またこの日はACID TECHNOのアクトも最高で、CEEPHAX ACID CREW、THE LIBERATORSのステージは会場内を巨大ニコちゃんバルーンが飛び回ったりして、すっかり自分もアシッドの虜になってしまいました。
    1textDAY1,DAY2 タイムテーブルTT_day1_2.jpg【後編】NEO-RAVE EUPHORIA ~イギリス屈指の混沌とレイヴの祭典「BANGFACE WEEKENDER 2017」密着レポート~http://block.fm/news/neo_rave_eurhoria_21textDJ Shimamura & MC STONEがナビゲートするハードコアレイヴプログラム▶︎RAVE-A-RIDE 毎月第1,3木曜日 20:00 - 21:00 http://block.fm/ondemand/ravearide

    関連タグを見る:

    この記事をシェア

    TOP NEWS

    05/13 UPDATE
    Alison Wonderlandによるエレクトロニックショー
    Alison Wonderland

    RADIO WONDERLAND #260
    エレクトロニックミュージックを中心に紹介して行く、DJ/プロデューサーAlison Wonderlandによるウィークリープログラム。ゲストコーナー「808s and Mates」には彼女に近しいアーティストが登場し、インタビューやゲストミックスをお届けします。

    2022/05/14 00:00
    |
    60 min
    05/13 UPDATE
    UKの今をお届け
    Sigala

    Sounds of Sigala #Episode 32
    現ダンス・シーンの最前線で活躍する注目度No.1のヒットメイカーSigalaがオススメトラックを紹介!さらにSigalaの最新ニュースもお届けします!

    2022/05/13 23:00
    |
    60 min
    05/13 UPDATE
    アイロニックなユーモアも交えたトークと選曲をお届け
    RHYME SO

    第7回目のRHYME SO ESSENTIAL POPPERS。大沢さんも3ヶ月ぶりに登場でRHYMEさんと共にライブミックスをお送りしました!

    2022/05/13 22:00
    |
    60 min