NENEが最新EP『夢太郎』より、NIPPSをフィーチャーした「地獄絵図」のMVを公開

映像制作はスタジオ石。サイケデリックでハッピーな夏の日の奇々怪々を描く。
SHARE
2020.09.30 11:00

7月10日にソロEP「夢太郎」をセルフリリースしたゆるふわギャングのNENEが、最新作『夢太郎』から2本目となるミュージックビデオ「地獄絵図 feat. NIPPS」を公開した。




NENEが最新EP『夢太郎』より、レジェンドNIPPSをフィーチャーした「地獄絵図」のMVを公開




ゆるふわギャングのNENEが、7月に発表したEP 「夢太郎」より、NIPPSをフィーチャーした「地獄絵図」のミュージックビデオを公開した。


妖怪をテーマに制作されたNENEの6曲入りのEP「夢太郎」。それぞれ喜怒哀楽の感情を如実に表現した楽曲が収録されていた。EPのラストを飾った「地獄絵図」は、怒りに猛ったシャウトするようなラップとハードなビート、不穏なギターリフが印象的なサイケデリックブーンバップ。そして日本のラップのレジェンドであるNIPPSをフィーチャーし、エキセントリックでハイテンションにラップしまくるNENEに対し、クールでいて変態的にラップするNIPPSとのコントラストがまさに地獄絵図の様相を呈した楽曲だ。




スタジオ石が描く、NENEの奇妙な冒険


聴きどころ盛りだくさん、アクロバティックな「地獄絵図」のMVを手掛けたのはスタジオ石。stillichimiyaから派生した映像制作チームで田我流やFNCY、NORIKIYOといったアーティストを始め、幅広いアーティストのMV作品や、冨田克也監督作品『バンコクナイツ』、『典座-TENZO-』の撮影など映画作品にも携わっている。


今回のMVでは廃校を舞台に、女学生に扮したNENEとゆかいな仲間達が繰り広げる、奇々怪々な夏の1日を切り取った。レジェンドNIPPSも登場し、レジェンドの名に違わぬ妖怪七変化で魅せてくれる。一定以上の世代の人でなければ分からないかもしれないが「学校の怪談」シリーズを彷彿とするシチュエーションや演出、作中に登場するツボをおさえた粋な小道具たちにも注目だ。



▶NENE - 地獄絵図 feat. NIPPS


主演: ネネ、ニップス


出演: ミーコ、パー子、アケミ、まりな、シンディ


撮影助っ人: 清水俊明、田中隆之介、リュウゴイシダ


提供: NIIYAMAYA


映像制作: スタジオ石




NENE - 夢太郎 

配信URL:https://linkco.re/E7eNSP2Q


▶NENE

Ryugo Ishidaとのゆるふわギャングとして2017年のデビューから2枚のアルバム、1枚のEPをリリースし、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど国外のライブも積極的に行っている。

2017年12月にソロとしてファーストアルバム「NENE」をリリース。KID FRESINOやSUPERCAR、Awichといったアーティストともコラボレーションを行いながら、昨年はThe Chemical Brothersのオリジナルアルバム「No Geography」に日本人アーティストとして初めてゲスト参加した(同アルバムはグラミー賞ベストエレクトロニックアルバムを受賞)。

2020年、「NENE」より2年半の期間を経て、日本の伝説的な「妖怪」をテーマにしたEP「夢太郎」を7月10日に発表。ろくろっ首をモチーフにしたカバーアートは、タトゥーアーティストのGanjiが描いた。

ゆるふわギャングとしては、5月にISObeatsのプロデュースによる新曲”Ah”をリリースし、MVも公開。また、ヘンタイカメラとYOUTHEROCK★とともにインドゴアに遠征し、4曲入りのトランスEP「GOA」を制作、「夢太郎」と同時リリースした他、ヘンタイカメラとともにトランスDJとしての活動も始めている。


Written by Tomohisa Mochizuki



SHARE