MUTEK.JPが渋谷ストリーム ホールにてNANO MUTEK.JP 2021ライブパフォーマンスのアーカイヴを上映

2月23日(火)〜26日(金)にかけて上映されるのは今年2月初旬に渋谷ストリーム ホールにて行われたもの。
SHARE
2021.02.18 03:00

電子音楽とデジタルアートの祭典「MUTEK.JP」が、2月23日(火)〜26日(金)に今年2月初旬に渋谷ストリーム ホールにて行った「NANO MUTEK.JP 2021」での4日間のライブパフォーマンスをアーカイヴ上映する。



イベント会場だった渋谷ストリーム ホールにて上映会を実施 


高度映像配信プラットフォームによる4Kの収録再配信(アーカイヴ)をライブ会場の特等席にいるような大迫力の映像音響で楽しめる上映会は、イベント会場だった渋谷ストリーム ホール。料金は1000円となる。 


「NANO MUTEK.JP 2021」は、総務省/一般社団法人映像配信高度化機構の策定する4K/8K高精細映像や立体音響の配信仕様に基づき、東急株式会社と富士通株式会社が提案する「高度映像配信プラットフォームを活用した多拠点映像配信環境の構築による新しい鑑賞環境サービス」の提供を試験的に行うもの。





INOYAMALAND、Daito ManabeとSatoshi Horiiによる「phenomena」などがラインナップ 


4日間の上映プログラムだが、2月23日(火)は、22年振りの新作アルバム『Swiva』を昨年リリースした、日本の環境音楽、アンビエントミュージックのパイオニア、INOYAMALANDのシンセサイザー主体のライブセットのアーカイヴを上映。 


2月24日(水)は、RhizomatiksのDaito ManabeとSatoshi Horiiによるオーディオビジュアル・パフォーマンス「phenomena」を公開。「様々な小さな現象の中に生まれるリズムやモーションを増幅、編集することによって作り出す」というコンセプトのこのプロジェクトは、2018年の「MUTEK.JP」で披露された後、2020年に「MUTEKサンフランシスコ」でも「phenomena - Quarantine Version」として公開され高い評価を得ている。 


さらにMUTEKの長年のコラボレーターである音楽家の大野哲二によるオーディオビジュアル・プロジェクト「Intercity-Expressが出演。オーディオ信号によって生成されるA/V作品『Triggering』シリーズの新作を公開する。 


2月25日(木)は、音楽家/シンガーソングライターの角銅真実の歌をメインにしたライブパフォーマンス、2月26日(金)は、サウンドアーティストの藤|||||||||||田が、自作パイプオルガン、水、火鉢などを用いて、「コロナ禍を一年通ってきたからこそ見えてきたやり方」でライブ作品の発表に挑んだパフォーマンスのアーカイヴが上映される。 


本イベントは、ひとつの場に多数の観客を動員することが難しくなったコンテンツを高度映像配信プラットフォームを活用し多拠点に向けて発信することで、新たな表現の場の可能性を探るもの。文化芸術団体の事業構造の改革を促し、活動の持続可能性を高めるために、各分野の特性を活かした新しい収益確保・強化策を実践していく。また、今後、さまざまな文化施設/劇場/ホール/ホテル等の多拠点をネットワーク化し、高度映像配信プラットフォームによる高精細映像の配信で新しい鑑賞環境を構築することを見据えているとのこと。 


NANO MUTEK.JP 2021 [アーカイブ上映]の詳細は以下のとおり。

【イベント情報】

NANO MUTEK.JP 2021 [アーカイブ上映]

日 程:2021年2月23日(土)〜26日(火)開場18時/開演18時半/終演19時半

会 場:渋谷ストリーム ホール

料 金:1,000円

チケット購入:https://www.confetti-web.com/mutek


主催:文化庁(文化芸術収益力強化事業)、東急株式会社

制作:一般社団法人MUTEK Japan

技術協力:富士通株式会社、パナソニック映像株式会社、株式会社シネ・フォーカス、株式会社日テレ・テクニカル・リソーシズ

会場協力:渋谷ストリーム ホール、ヒカリエホール、株式会社マグネットスタジオ、株式会社シアターワークショップ


MUTEK.JP オフィシャルサイト: https://tokyo.mutek.org


written by Jun Fukunaga



SHARE