Mars89とsuminによる「南蛮渡来」が5周年記念パーティ開催、ゲストは重低音デュオWaqWaq Kingdom

【block.fmイベントピックアップ】ポスト・トライバルを掲げスタートした同イベントのルーツと新しいビジョンが入り混じる内容で行われる。
SHARE
2020.01.06 02:00

渋谷・Ruby Roomの隔月パーティを経て、昨年からWWWβを舞台に開催されているプロデューサー/DJのMars89とsuimin主宰のミューテーション・パーティ「南蛮渡来」が5周年を迎えるにあたり、アニバーサリーを開催する。



渋谷のミューテーション・パーティ「南蛮渡来」が5周年記念パーティ開催 


WWWβではベルリンからCera Khin、ロンドンからcoucou chloe & SHYGIRL、NYCからMachine Girlをゲストに新世代のミューテーション(突然変異)をフィーチャーしてきたが、アニバーサリーのゲストには話題のユニット、WaqWaq Kingodmが迎えられていることに注目だ。  


”トライバル”にインスパイアされたキラーな重低音デュオ、WaqWaq Kingodm  


WaqWaq Kingodmは、UKベースシーンの重要プロデューサーであるThe BugとのKing Midas Soundでも活動するシンガー/プロデューサーKiki Hitomiと、SeefeelのメンバーでもあるShigeru Ishihara (別名DJ Scotch Egg)による”トライバル”にインスパイアされたキラーな重低音デュオ。


”ヘビー・バイブス”なデュオとして知られ、ヨーロッパ、中国での評判を皮切りに「Phantom Limb Records」からのセカンド・アルバム『Essaka Hoisa』のリリース以来、USからの関心も高めている。また古代神道の神話や、地元の神々を称える日本の”祭り”をテーマとし、催眠的でシャーマニックなライブ・パフォーマンスは、「アニミスティックなルーツとフーチャリスティックな都市のネオン・カラーを再接続する強烈なタイムワープの体験」と称されることも。



現在までに最初の2枚のレコード、および「Jahtari」からのEPとLPで着実な評価を得ながらワールドワイドへ進出。QuietusやResident Advisorからの熱烈な記事や、The Wireでもフィーチャーされる。またShigeru Ishiharaはウガンダの新興フェスティバルで昨年はBoiler Roomの配信もここ日本の早耳音楽ファンの間で話題になった「Nyege Nyege」に出演。ナントとロッテルダムでもギグを行っている。


ポスト・トライバルを掲げスタートした「南蛮渡来」のルーツと新しいビジョンが入り混じる、ベース&トライバルな阿弗利加、亜細亜、神、祭、未来、タイムワープな新世界が展開されるアニバーサリーパーティ。フルラインナップは後日発表される予定だ。



【イベント情報】

南蛮渡来 5th Anniversary

2020/01/18 sat at WWW / WWWβ


OPEN / START 23:30

ADV ¥1,800@RA | DOOR ¥2,500 | U23 ¥1,500


WaqWaq Kingdom (Kiki Hitomi & Shigeru Ishihara) [Phantom Limb / Jahtari / JP/DE]

DJ Scotch Egg

Mars89 [南蛮渡来]

suimin [南蛮渡来]

and more


※You must be 20 or over with Photo ID to enter



written by Jun Fukunaga





SHARE