#NAMM2020 で発表された新製品まとめ第二弾。DAW・自宅スタジオ機材編

クリエイターなら必ずチェックしておきたいNAMMの新製品から、制作のクオリティや作業効率を上げる新製品を紹介!
SHARE
2020.01.21 10:00

すべてのサウンドにかかわるクリエイターの注目する世界最大の音楽制作・プロオーディオ機材の展示会『NAMM2020』では今年も多くのメーカーが新製品を発表!

NAMM記事第2弾となるこちらの記事ではDAWや自宅スタジオ向けによさそうな新製品をピックアップして紹介。シンセ関連の新製品はこちらの記事へ





Oeksound Soothe2 




あまり知られていないがOeksoundの独特な機能を持つプラグイン、Sootheのメジャーアップグレードが発表された。想像がつく方にはなんとなく絵で想像がつくかもしれないが、素材の音の動きに合わせて自動で耳障りな音や不要な帯域を低減させてくれるというプラグイン。ディエッサーをもっと細かく音の帯域に反応して動くようにして、かつ全ての帯域で使えるようなイメージのプラグインと言えそうだ。iZotope「Neutron3」でも近いアイディアのプラグインがあったが、製品自体はSootheの最初のバージョンのほうが先にリリースされており、一部のクリエイターから注目を集めていた。199€で2020年1月23日発売予定。

https://oeksound.com/soothe2-introduction/



Solid State Logic ( SSL ) - SSL 2 / SSL 2+



Solid State Logic ( ソリッドステートロジック)から、まさかのコンパクトタイプのオーディオインターフェイスが2種類発表。昨年のSSL SiXに引き続き、宅録ユーザー向けな新製品のリリースだったのでクリエイターにとっては嬉しい驚き。SSLといえばテレビで大物プロデューサーの登場した際に、その背景にある大型のコンソールミキサーのイメージだったが、どうやら我々はデビューしたてのビートメイカーでも自宅でSSLサウンドを楽しめる時代に生まれてしまったようだ。


マイクプリがSSL製というだけでも買いだが、今回一番の注目機能が「Legacy 4K」。この機能によりあのSSLコンソールでレコーディングしたようなキャラクターが再現できるという。さらにはSSL Native™Vocalstrip 2およびDrumstripプラグインやAvid「Pro Tools | First」、Ableton 「Live Lite」、Native Instruments 「Hybrid Keys & Komplete Start」など豪華なおまけソフトもついて「SSL 2」が230ドル、「SSL 2+」が280ドル。10年前ならゼロが二つ足りないくらいの内容。

https://www.solidstatelogic.com/interfaces


AMS Neve - RMX16



SSLと並ぶスタジオ機材二大巨頭、Neveからはデジタルリバーブの名機「RMX16 」がAPI500規格で復活すると発表された。

80年代らしいデジタルリバーブサウンドに加え、デザインもそのまま引き継がれているのも好印象。このオリジナルをキュッと凝縮したような見た目が可愛く見えてきたら、いよいよ機材沼の脱出不可能な位置にいると自覚しよう。価格は1,295ドル。

https://www.ams-neve.com/ams-rmx16-110-p.asp


Universal Audio - LUNA



レコーディングスタジオDAWのオンリーワンであるPro Toolsの対抗馬となり得るか。Universal AudioがDAWソフトウェア「 LUNA」を発表したのは、はやくも今年前半のDTMer界隈最大のニュースではないだろうか。LUNAは現在のところMacOSのみでリリースされるレコーディングシステム。同社のApolloまたはArrowを接続して使う必要があるが、ソフト自体はなんと無料でダウンロードが可能になる。リリース予定は2020年春。こちらのDAWについては改めて記事にするので詳細はそちらにて。ちなみに現状で存在しているオフィシャル動画はストリーミングだったこともあり激長いが、実際にミュージシャンをレコーディングしながら、かなり詳細なデモが見れる。

https://www.uaudio.com/


PreSonus - ioStation 24c




PreSonusからはレコーディング、モニタリング、DAWコントローラーを一体型にしたような新製品「ioStation 24c」が発表された。ざっくりいってしまえば長寿人気DAWコントローラー「FaderPort」に小型のオーディオインターフェイスをセットしてしまったようなもの。DAWのフェーダー型コントローラーとしてはFaderPortはおそらく世界で最も数がでている製品だろう。ミックス作業も録音などもこれ一つで便利にできてしまうとなると、もうミニマリストなDAWユーザーはコレ1択となりそうな勢い。2020年3月下旬以降に出荷開始予定で、36,800円にて予約受付中。値段まで良心的とか、オーディオインターフェイス界の出木杉くんかよ。

https://www.mi7.co.jp/products/presonus/iostation/



【関連記事】

#NAMM2020 シンセ・サンプラー関連で気になる新製品を一挙紹介!


written by Yui Tamura


source:

https://www.solidstatelogic.com/interfaces

https://www.ams-neve.com/ams-rmx16-110-p.asp

https://www.uaudio.com/

https://www.mi7.co.jp/products/presonus/iostation/

https://oeksound.com/soothe2-introduction/

https://www.uaudio.com/


photo:

https://www.ams-neve.com/ams-rmx16-110-p.asp





SHARE