音楽機材メーカー直伝「自宅で音楽制作を楽しむ方法と機材の除菌ケア」ガイド

Pioneer DJ、Roland、Ableton、Native Instrumentsに外出自粛期間中に音楽制作を楽しむための方法についてインタビュー。さらにPioneer DJ、RolandにはCDJやシンセの除菌ケア方法を聞いてみた。
SHARE
2020.04.24 11:30

新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした「緊急事態宣言」が今や日本全国に出され、これまで以上に外出自粛のムードが高まっている。音楽ファンの間でも自宅で過ごす時間が増えているという人も決して少なくないだろう。


そういった人におすすめしたいのが、音楽機材メーカーが期間限定で配布している音楽アプリなどの無償コンテンツだ。


今回はそういったコンテンツについて、Pionner DJ、Roland、Ableton、Native Instrumentsの4社にインタビューして、各社のおすすめをきいてみたのでご紹介したい。またPionner DJとRolandが音楽機材の除菌ケアについてもレクチャーしてくれたので、合わせてチェックしておこう。




自宅で音楽制作を楽しむためのサービス


【Pioneer DJ】この機会にDJデビュー! ビギナー向けサービスを提供

Pioneer DJではDJプレイに役立つコンテンツを提供中だ。ライブストリーミング配信やDJミックス制作に使えるスマホアプリ、DJコントローラーのチュートリアル動画はDJ初心者ならこの機会に是非チェックしておきたい。

Pioneer DJ: ライブストリーミング配信やDJミックスの制作にお役立ていただけるよう、弊社では「DJM-REC for iOS」の無料体験期間を30日から90日に延長しています。こちらは過去に無料体験をご利用いただいたことがある方も、再度90日間の無料体験をご利用いただけるので、是非お試しください。対応機種やアプリの詳細についてはこちらをご参照ください。 


また外出自粛中にDJを始めてみたいという方にも安心してDJを始められるようにDJコントローラーのDDJ-200、DDJ-400の豊富なチュートリアルをご用意しております。Youtubeの字幕表示を日本語に設定してご覧ください。



DDJ-200 ⇒ https://bit.ly/2Vp4B2S 

DDJ-400 ⇒ https://bit.ly/3agFIdO


Pioneer DJ公式サイト :  https://www.pioneerdj.com/ja-jp/

【Roland】 音楽制作やコラボ動画制作に最適なアプリを提供中!

マルチデバイス対応の音楽制作アプリのスマホUnlock版を使って楽曲制作したあとは、動画撮影アプリを使って、友達とコラボ動画を作成。それをSNSにアップして、コラボの輪を広げてみるのも楽しいかも!? 


Roland: 現在、以下のような音楽制作や映像系アプリの無償提供を行なっています。  


『Zenbeats』:PC/Mobileのマルチデバイス対応で、シンプルな操作で音楽制作が可能なアプリ(無料版も用意しています)で、iOS/Android版のUnlock(通常価格14.99ドルの有償プラン)を無償で提供中です(3月28日~終了未定)。


関連記事:
【使ってみた】Rolandから無料で始められるトラックメイカー仕様なDAWが登場


『4XCAMERA』:画面を分割した動画を簡単に作成できるiOSアプリで、ミュージシャンの動画撮影に最適です。 話題になっている星野源さんの「うちで踊ろう」のコラボ動画のようなものも簡単に作成可能です。通常提供している無料版では画面分割は最大2画面まで利用可能で動画の右下にRolandロゴが表示されますが、今回無償提供するアップグレード版(通常価格480円)は、画面分割が最大4画面になり、Rolandロゴ表示なしでご利用いただけます(4月13日~終了未定)。




『ビートメイキングコンテスト "SP BEAT TAPE"』:「SP-404」、「SP-404SX」ほか、サンプラー「SPシリーズ」で制作したビートのコンテストを開催中。Facebook、Instagram、Twitter、YouTubeにハッシュタグ“#spbeattape”をつけて投稿。詳細はこちらのページからご確認ください。 



また「新型コロナウイルス 緊急事態宣言に伴う修理対応」についても情報を公開しています。保証期間内に故障が発生し、緊急事態宣言の影響により保証期間を過ぎてから修理をご依頼いただいた場合も、保証期間内扱いとさせていただきます。詳細は弊社サイトにてご確認ください。



Roland公式サイト:https://www.roland.com/jp/




【Native Instruments】音楽クリエイターが今、自宅でできることTipsを公開


Native Instrumentsでは、外出自粛中に音楽クリエイターが自宅できることをまとめたTipsを公開中。そちらでは独自のKONTAKTライブラリーを作る方法から音楽コミュニティへの募金方法まで様々なTipsを紹介中だ。

Native Instruments: 音楽クリエイターが外出自粛期間中に今、個人でできることから音楽コミュニティに対してや社会に対してできる支援などの情報をまとめた「Stay home, stay creative」というTipsを公開しています。  


そのほかにも弊社ではこれまでに「ANALOG DREAMS」という音源集の無償提供(3月末をもって終了)を行なったほか、現在も「KOMPLETE START」 と「TRAKTOR DJ 2」の無償提供を行なっています。  


※関連記事:
無料ソフトシンセなのに即戦力、「KOMPLETE START」と「Memory-V」はここがすごい
Native Instrumentsが無料で使える最新DJアプリ「TRAKTOR DJ 2」をリリース



Native Instruments 公式サイト:https://www.native-instruments.com/jp/

【Ableton】無料Pack配布や音楽制作の教則アプリをチェック!

Abletonでは音楽制作に使える無料音源の配布や音楽制作やシンセの基礎を学べる教則用のウェブブラウザアプリを公開中。教則アプリは初心者から経験者まで目からうろこの内容なのでマストでチェックしておくべし!


Ableton:弊社では「自宅で音楽を制作するためのアイデアとサポート」というブログ記事を定期更新しています。


また現在は期間限定でLiveの全エディションを30%値下げしての販売や、Live 10 Suiteの無償体験版を通常の30日間から90日間に変更しているほか、無料Packの提供、Abletonの書籍『Making Music: 74 Creative Strategies for Electronic Music Producers』(英語)を一時的に無料でダウンロード、さらに音楽制作やシンセの基礎を学べるウェブブラウザアプリ「Learning Music」、「Learning Synths」を公開中です。ぜひこれらを利用して自宅での音楽制作を楽しんでいただければと思っております。


そのほか、ベルリンでの開催が中止となったAbleton Loopイベントがオンライン上で4月24日(金)〜26日(日)の3日間にかけて開催されます。



関連記事:
Ableton、「Live 10」の期間限定30%セール実施! 無償音源Packやクリエイター向けガイドブックも配布

Abletonの無料ウェブアプリ「Learning Synths」でシンセの基礎をインタラクティヴに学んでみた


Ableton公式サイト:https://www.ableton.com/


 4社ともDJや音楽制作の初心者から経験者まで楽しめるコンテンツを幅広く提供している印象あり。またコンテンツ単体だけでなく、例えば「Learning Music」で基礎を学んだ後は「Zenbeats」で音楽制作、いくつかできたら「TRAKTOR DJ 2」でDJプレイというように各社のコンテンツを使いわけながら制作からDJプレイまで一気に挑戦してみるのも面白そうだ。




音楽機材の除菌方法


新型コロナウイルス感染拡大が懸念される現在、DJやアーティストにとっては、普段から使用しているCDJやDJコントローラー、シンセといった機材の除菌ケアは悩みのタネ。そんな悩みを解決するためにPioneer DJとRolandが機材の除菌ケア方法をレクチャーしてくれた。 


Pioneer DJ:  

①水で5〜6倍に薄めた中性洗剤に、柔らかい布を浸してよく絞る。 

②汚れを拭き取る。

③最後に乾いた布で拭きあげる。 

※注意:拭き取りの際、強くこすると印刷、塗装などがはげる可能性あり。 


Roland: 

①市販されているノンアルコール・タイプの除菌シートで鍵盤や操作パネルの表面をやさしく拭く。 

②水分をしっかり絞った柔らかい布で拭きあげる。 

※注意:表面を強くこすらない。アルコールが含まれた除菌シートや除菌スプレー、または塩素系の消毒液は使わない(鍵盤の変色やひび割れの原因となる恐れがあり鍵盤の変色やひび割れの原因となる恐れがあり) 


詳細:http://faq-jp.roland.com/faq/show/91045


5/1更新:機材除菌方法について、厚生労働省で消毒に推奨されている「次亜塩素酸水」などの使用に関する注意点などが上記リンク先に追記されている。


日常的に使う音楽機材だけにこういった各メーカーが適切な除菌ケア方法をレクチャーしてくれるのは非常にありがたい。両メーカーとも機材の汚れを拭き取る際は柔らかい布を使うこと、強くこすらないことを推奨しているので、そこに気をつけながら除菌ケアしてみよう。 


PCのケア方法はAppleが公開しているので、そちらも是非参考にしてほしい。 


関連記事: 
音楽制作ツール無償提供サービスまとめ。DAWソフト、アプリ、レッスンや楽曲提供など

 

written by Jun Fukunaga

photo: Flickr




SHARE