才能あふれるアーティストが所属し、ファッションブランドとしての側面もあるOWSLA

Skrillexが設立した音楽レーベル「OWSLA」
SHARE
2018.08.27 07:00

Skrillexが設立した音楽レーベル「OWSLA」


「OWSLA」とはアーティストのSkrillex(スクリレックス)が立ち上げた音楽レーベルである。ポップアップ・ストアが開催されアイテムが販売されるなど、ファッションブランドとして有名なのも特徴だ。今回は、OWSLAがどのような音楽レーベルなのかを紹介していこう!





日本でポップアップ・ストアを開催したOWSLA


OWSLAのポップアップ・ストアが2018年の日本で開催された際は、ファッションブランドとしていろいろなアイテムが販売された。TシャツやパーカーなどのアイテムはInstagramでも紹介され、日本限定のファッションブランドアイテムも店頭に並び、キャップやスマートフォンのケースなど幅広いアイテムが注目を集めた。


また、2017年にSkrillexが来日した際は、東京だけでなく京都でもポップアップ・ストアは開催された。動画サイトでは京都で観光をする所属アーティストの映像も公開されている!





ポップアップ・ストア後に開催されたアフターパーティ


ファッションブランドとして音楽レーベルのOWSLAが日本にポップアップ・ストアを展開した際は、アフターパーティが行われた。フランス・パリのプロダクション・トリオPoint Point(ポイント・ポイント)といった所属アーティストがライブするなど、ダンスミュージックファンにとって嬉しいサプライズイベントになった。音楽レーベルとして立ち上げられたが、ファッションブランドとしても多くのファンが存在するのがOWSLAだ!


ポップアップ・ストアとアフターパーティが開催された後はスケーターに向けた新作のコレクションとしてBORN2BURNを発表し、動画サイトでコンセプトビデオを公開した。ラインナップにはフードつきのパーカーやキャップといった豊富なアイテムがそろっており、コンセプトビデオでは女子のスケーターが街中を滑る様子などを収録している。




所属アーティストには誰がいるのか


世界でポップアップ・ストアを開催ファッションブランドアイテムを販売したOWSLAには、多くのアーティストが所属している。まず、音楽レーベルの代表であるSkrillexはアメリカ出身のアーティストであり、もともとはハードコアバンドとして活動していた。2007年からはソロで活動するようになり、ダブステップから派生したブロステップというジャンルの代表的な存在になった。ダブステップは低音域を重視するなど暗いイメージの曲調であることが多いが、ブロステップは派手な音色を使っていることが多い。多くの曲を発表しているが日本のクラブでも耳にしやすいのが「Wild For The Night」だ。A$AP Rocky(エイサップ・ロッキー)というラッパーとコラボした楽曲となっている。また、韓国出身のアイドルグループとして知られるBIGBANG(ビッグバン)のG-Dragon(G・ドラゴン)が参加した「Recess」も日本人には馴染み深い楽曲だ。




次に女性アーティストもOWSLAには所属している。来日経験もあるMija(ミーハ)というフィメールDJはアメリカ出身で、2014年にSkrillexと競演したことで注目された。ジャンルを飛び越えたDJセットが特徴であり、自身のセットを「FK A GENRE」と掲げている。17歳のころからプロモーターとして仕事をしていたが、Skrillexにイベントのブッキングをしたことが関わりをもったきっかけだ。その後、同じイベントに出演した2人はステージ上で競演することになり、ディープなDJプレイが賞賛された。フェニックスで活動を始めたころはテクノやハウスをプレイすることが多かったが、LAに活動の拠点を移した後はトラップやヒップホップといった様々な音楽に接するようになった。その後、いろいろなジャンルをひとつのミックステープに収録し、サウンドクラウドに公開したところ多くの人の心をつかんだ。


この他、多くの才能あふれるアーティストが所属している音楽レーベルがOWSLAである。



photo: facebook


written by 編集部


SHARE