MIX BLOCK:Meek Millのビートプロデュースや自身名義の楽曲など、幅広い制作を手掛けるXanderにインタビュー

block.fmのウィークリーミックスシリーズMIX BLOCKに登場するアーティストたちにインタビュー。
SHARE
2020.09.03 03:00

English translation of interview below.


ボストンを拠点にボーカリストとして活動し、ゴールド・ディスク認定のアーティストもプロデュースするアーティスト、Xander。他のアーティストのプロデュースと自分名義の制作の違い、兄でもあるプロデューサーNICK PAPZとの制作で得られること、最新リリースや今後についてインタビュー。エクスクルーシブミックスも公開。


MIX BLOCK - Xander:https://block.fm/radios/864


BANNERHERE


ー今回のミックスについて教えてください。


Xander:まだリリースされてない音楽と今インスピレーションを受けている音楽をミックスの中にたくさん入れた。夜に合うミックスを作りたくって、チルやグルーヴィーなアプローチで選曲した。


ードラムパッドを使っている動画をSNSでたくさんアップしていますね。制作でもよく使っている機材ですか?あなたにとって理想的な制作環境を教えてください。


Xander:実は、このドラムパッドビデオを上げ始めたのは最近なんだけど、高評価で嬉しい!一番最初のビデオを上げたら、洋服ブランドHundredsのオーナーにもすごく褒められたんだ。でも、制作するときは基本AbletonとFL Studioを使ってる。FL Studioはヒップホップを作る時に使っているよ。


ーデビューLP「Dreams」をリリースした時に、子供の頃を思い出して制作した作品と言っていましたが、詳しく教えてもらえますか?


Xander:「Dreams」を聴くと初めてドラムキットで遊んだ時を思い出す。12歳の時に、従兄弟にプレゼントされて、毎日ノンストップで遊んでたよ!



ーあなたは、全米レコード協会(RIAA)がゴールド・ディスク認定しているアーティストをプロデュースしていますが、同じように成功したいアーティストにどんなアドバイスを伝えますか?


Xander:頑張り続けるしかない!自分の目標を達成するまでに時間はかかるけど、頑張り続ければ、いつか達成するよ。諦めずに!


ー兄であるプロデューサーNICK PAPZとよくコラボしていますが、良い点、悪い点を教えてください。


Xander:正直、マイナスはないよ。子供の頃からだけど、自然と一緒に仕事をしていて、今は毎日兄と制作してるよ!他のアーティストのプロデュースアイディアを一緒に考えたり。素晴らしいことだ。


ー自分のリリース作品を制作する時と、他のアーティストの楽曲を制作するときでは、プロセスに違いはありますか?


Xander:他のアーティストのプロデュースに比べると、自分でリリースする作品のほうがジャンルが幅広いかな。自分の音楽を作る時は、もう少し細かいところを意識してる。


ー今後リリース予定のアルバムについて教えてください。


Xander:次のアルバムは、いろんなジャンルの曲が収録されているよ。私は本当に何でも作れること、何を作るときも楽しんでいることをファンにも知って欲しい。最高なフィーチャリングもいるので、自慢の作品なんだよね。早くみんなに聞かせたい。



ー最後に、告知はありますか?


Xander:ファンキーな新曲「Meant To Be」をリリースしたよ!制作がすごく楽しかったし、みんなにいいね!と言われている。まだ聞いてない人がいればぜひ聞いてほしい!今後サプライズリリースする曲もたくさんあるよ!


ーありがとうございます!


【Xander】

ボストンを拠点に活動するプロデューサー、ボーカリスト。Tame Impala、Flume、Knxwledgeのようなアーティストからインスパイアを受け、Xanderは自身のボーカルを自身のビーツの上に載せ、一度に一つのノートから没入型体験を目指している。2019年にインストルメンタルEPをリリースし、今後もリリースを予定するXanderから目が離せない。


【MIX BLOCK】

MIX BLOCK、毎週金曜日22:30-23:30に放送するDJ MIXショー。国内外注目されているアーティストよりエクスクルーシブな1時間ミックスをお届け!


Xanderのミックスがお気に入りの方にオススメのMIX BLOCK...


MIX BLOCK - DATSUNN:https://block.fm/radios/832


MIX BLOCK - DREWSTHATDUDE:https://block.fm/radios/723


MIX BLOCK - Falcons:https://block.fm/radios/721







<English>


ーCould you share with us a bit about your mix? 


Xander: I decided to put a lot of unreleased music on my mix. I also put some music that is inspiring me today. I wanted to go for a late-night sort of mix, so the approach was definitely chill/groovy.


ーYou post a lot of videos of you on your drum pad. Is it your go to equipment? 


Xander: I just started these drum pad videos and they seem to be doing very well! The very first one I did was a chilled lo-fi beat and everyone seemed to love it. The same day I shot my first drum pad video, I got shouted out by the owner of the clothing brand Hundreds which was cool! For producing, I usually use a mix of Ableton and FL studio. I know both of the programs well and the sounds are a bit different from each other, so I tend to use FL studio for my hip hop stuff!


ーWhen releasing your debut LP “Dreams”, you mentioned the work is about your childhood journey. Could you share with us a story that was expressed through the music? 


Xander: The “Dreams” project was something I spent a lot of time on trying to recreate memories I had in the past, yes. I would say the one memory that kept sparking every time I listened to this project was the first time I played a drum kit. When I was around 12 years old, I had this drum kit my cousin gave to me and would just bang on it every day nonstop!


ーYou’re a gold record producing artist- what’s the best advice for someone who wants to go on a similar path as an artist? 


Xander: Keep working hard! It may take some time to get to where you want to be but sooner or later if you keep at it, it will happen! Just keep your head up!


ーYou often work with your brother NICK PAPZ, what are the ups and downs of working together? 


Xander: My brother and I work every single day, developing new ideas for other artists. There really are no downs. We create organically together and have been since we were kids. Truly is a blessing!


ーAside from the difference in sound, what separates productions released under your own name and for other artists? 


Xander: My own productions are a little all over the place compared to what other artists are used to I would say. Not a bad thing for myself as I tend to get as detailed as possible with my music.


ーCould you share with us a bit about your upcoming album? 


Xander: My album is filled with different kinds of music- every song is a different genre. I want my audience to know that I really make everything and I enjoy making everything. Obviously it still has that Xander touch to each track, but I wanted to make a project that everyone could listen to and enjoy. Not just a niche group of people. I have some amazing features and I am really proud of it. I can’t wait to show it to the world.


ーLastly, anything else you want to share with your Japanese fans? 


Xander: I have a new song out called “Meant To Be” and it’s a funky one! I really had a lot of fun making this one and so far I’ve received a tremendous amount of love! If you haven’t listened the stream link is on my Instagram @iamxandermusic. I also have a bunch of new stuff on the way that I am too excited about, so I will just keep it as a surprise! 






SHARE