「#ミライノサクラ」イベントレポート|SKY-HI、☆Taku Takahashi、tofubeats、ぷにぷに電機、RHYME SOが東京タワーの麓でスペシャルライブ

アフタームービーも公開に。さらに、もう一度見たいとの声にお答えして、特別に期間限定でライブのアーカイブ公開が決定!
SHARE
2021.04.16 05:00

“一生に一度の桜を未来へ”をテーマに、glo™が新世代の音楽マルチメディアblock.fmと共に配信ライブ「#ミライノサクラ」を4月11日に開催した。


SKY-HI・☆Taku Takahashi・tofubeats・ぷにぷに電機・RHYME SOの5組がパフォーマンスした当日のオフィシャルレポートが到着。また、アフタームービーも公開された。




「#ミライノサクラ」は東京タワーを直上に見上げるロケーションから配信。会場には透過LEDを搭載したキューブ型のステージが設置され、SKY-HI・☆Taku Takahashi(m-flo,block.fm)・tofubeats・ぷにぷに電機・RHYME SOの5組のアーティストが一夜限りのスペシャルなライブを行った。




イベントの模様はglo™のインスタグラムアカウントから無料で配信され、延べ5000人が視聴。また、配信会場には人数限定で招待された観客が各々の車で来場し、車の中でFM電波を通じて音楽を楽しむ「ドライブインフェス」形式で、ソーシャルディスタンスを保ちながらイベントに参加した。




少しずつ日が落ち始めた頃、MCの三原勇希と☆Taku Takahashiのオープニングトークからイベントがスタート。MC席として会場に設置されたオープンカーの運転席に三原、助手席に☆Takuが乗り込み、“思うように桜が楽しめなかった春の思い出に、音楽とデジタルお花見を楽しんでほしい”とイベントの趣旨が語られた。




最初に登場したのはネットを中心に注目を集めるシンガー/プロデューサーのぷにぷに電機。LEDにはキューブの中で歌うぷにぷに電機の映像と、楽曲の世界観を表現したVJ映像が重なるように映し出される。透明感のある演出がぷにぷに電機の淡い歌声ともリンクし、「君はQueen」「empties」などエレクトロとジャジーなサウンドが融合した楽曲でオーディエンスを魅了した。






続くプロデューサー/DJのtofubeatsは、東京タワーというロケーションを存分に活かしたシティポップなDJセットを夕暮れの会場に響かせる。角松敏生の「Tokyo Tower」Remixなど小粋な選曲から、後半は自らマイクを握り「クラブ」、「水星」など代表曲を披露。東京タワーのライトアップと相まって、暖かくグルーヴィーな空間を演出した。






一転、エッジィなサウンドを響かせたのはシーンのトップを走り続けるプロデューサー・大沢伸一と詩人/ヴォーカリスト・RHYMEによるユニット、RHYME SO。RHYMEのボーカルとパンキッシュでクールなエレクトロサウンドが会場を包み、VJの映像とRHYMEのパフォーマスが重なり合い視聴者を引き込んでいく。




代表曲「Fashion Blogger」のライヴ・アレンジ、そして「Just Used Music Again」は、最近解散を発表したDaft Punkのトーマ率いるStardust「Music Sounds Better With You」とマッシュアップさせるなど流石の演出に、観客は大きな拍手を送っていた。




「完璧なステージング」とMCの三原も絶賛したSKY-HIは40分をフルに使ったライブを披露。SKY-HIが放つ強いメッセージに視聴者の盛り上がりもピークに達し、コメント欄も喜びの声で溢れる。圧倒されるラップパフォーマンスはもちろん、KANYE WESTの「Power」やBeastie Boysの「Ch-Check It Out」、さらにはNirvana「Smells Like Teen Spirit」まで往年の名曲をマッシュアップするなど、SKY-HIらしいサービス精神と遊び心を感じさせるステージだった。






イベントの最後を飾るのは☆Taku Takahashi。m-flo作品ではお馴染みの矢島正明氏によるイントロから宇多田ヒカル「DISTANCE (m-flo remix)」でスタートし、ハウス、エレクトロ、ヒップホップからドラムンベースまで縦横無尽の“らしさ”溢れるDJセットを披露。ラストは宇多田ヒカル「桜流し」のRemixで今年のお花見を締めくくり、視聴者は春の儚さと未来への希望を噛み締めていた。






エンディングでは出演者からの “10年後の自分へのメッセージ”を披露。「#ミライノサクラ」のコンセプトでもある“未来への希望”と共に、折りに触れLEDに映し出されたデジタルの桜は美しく会場を彩り、明るい未来を照らすようだった。




イベント終了後も、SNSではライブの興奮や感想を綴ったコメントが溢れた。音楽ライブと美しい映像、東京タワーのロケーションが作り出した“一夜限りのお花見”は、多くの視聴者に新しい春の楽しみ方を発見させたことだろう。


“喜び思いのまま”をメッセージに掲げるglo™とblock.fmは、今後も新しいエンターテイメントを模索し、提案していく。




「#ミライノサクラ」アフタームービーはこちら:



当日配信されたライブの期間限定アーカイブ公開が決定!


当日のライブを「もう一度見たい!」という声が多数届いたため、特別にフルライブのアーカイブ公開が期間限定で決定した。


@glo.japanのインスタグラムアカウントからIGTVにて公開となる。公開期間は4月17日〜5月9日。


▶https://www.instagram.com/glo.japan/

※@glo.japanのインスタグラムアカウントは20歳以上でないと閲覧できません。20歳以上の方はインスタグラムで誕生日を登録の上ご視聴ください。

※IGTVは期間限定での公開です。

※IGTVは予告なく公開が中止される場合がございます。



出演アーティストのサイン入りデバイスが当たるキャンペーンも実施中



glo™beat では特別キャンペーンを実施。

会員登録+キャンペーンへ応募するだけで、参加アーティストのサイン入り gloTMHyper+が当たる!

キャンペーンページ:

▶https://www.discoverglo.jp/globeat



Stage Visual : Moment Tokyo × REZ

AfterMovie : Moment Tokyo


Text by 望月智久





SHARE