Mika VainioトリビュートイベントにRyoji IkedaとAlva Notoによるcyclo.、宇川直宏が出演

【block.fm イベントピックアップ】エレクトロニック・ミュージックの巨星のトリビュートイベントで宇川直弘によるまさかのモジュラー&DJセットにも注目したい。
SHARE
2019.10.16 03:00

極北の中の極北、電子音楽史に名を残すフィンランドの巨星で、Pan Sonicの活動でも知られた電子音楽家、Mika Vainioのトリビュート・イベントがWWW Xにて開催される。



実験電子音楽のパイオニア、Mika Vainio が描く”極限”の世界をトリビュート


テクノイズ、接触不良音楽、ピュア・テクノ、ミニマルとハードコアの融合といった形容をされながら、90年代初期にIlpo Väisänen (イルポ・ヴァイサネン)とのデュオ、Pan Sonicの結成と同時に自身のレーベル「Sähkö」を立ち上げたMika Vainio。



本名名義の他、ØやPhilusといった名義で、インダストリアル、パワー・エレクトロニクス、グリッチ、テクノ、ドローン、アンビエント等の作品を多数リリース、アートとクラブ・ミュージックのシーンをクロスオーバーした実験電子音楽のパイオニアとして、2017年の逝去後も再発や発掘音源のリリースが続き、新旧の世代から未だ敬愛され、後世に絶大な影響を与えている。





Ryoji IkedaとCarsten Nicolaiによる「cyclo.」、宇川直宏らが出演 


本公演では昨年音源化が実現し「noton」よりリリースされたMika Vainioとコラボレーション・ライブも行ったRyoji Ikedaの発案の元、Mika Vainioのトリビュート企画が実現。同じくそのコラボレーション・ライブに参加し、「noton」主宰のAlva NotoことCarsten Nicolaiが来日し、2人のユニット「cyclo.」では8年ぶりとなる東京公演が決定。



DJにはここ数年欧州やアジア圏でもツアーを行い、ベルリン新世代による実験電子音楽の祭典Atonalにも所属する行松陽介と、DJ Nobu率いる「Future Terror」のレジデント/オーガナイザーであり、プロデューサーでもあるHarukaがラインナップ。そして、DOMMUNE/現在美術家の宇川直宏が貴重なモジュラー&DJセットで参加、各々のトリビュート・セットを披露する。 


ピュアなエレクトロニクスによる星空のように美しい静閑なサウンドス・ケープから荘厳なノイズと不穏なドローンによる死の気配まで、サウンドそのものによって圧倒的な個性を際立たせるMika Vainioが描く”極限”の世界を是非、出演者のフィルターを通して体験してほしい。





【イベント情報】

WWW & WWW X Anniversaries Mika Vainio Tribute - Infinite -


2019/10/19 sat at WWW X

OPEN / START 24:00

ADV ¥4,300 | DOOR ¥5,000


cyclo. (Ryoji Ikeda + Carsten Nicolai)

Yousuke Yukimatsu

Haruka

Ukawa Naohiro [DOMMUNE]


※未成年者の入場不可・要顔写真付きID / You must be 20 or over with Photo ID to enter.


written by Jun Fukunaga




SHARE