偉業達成!! レゲエの母国ジャマイカで6度優勝する無敵の日本代表グループとは?

ジャマイカで行われたReggae SumfestにてWorld Crashが開催! 20周年の節目の年に見事勝利したのは?
SHARE
2018.07.23 22:00


世界最強レゲエ・サウンド!  日本代表Mighty Crown


日本代表Mighty Crown(マイティー・クラウン)が本場ジャマイカで行われたWorld Clash 20th Anniversaryに出場。Ricky Trooper(リッキー・トゥルーパー)Tony Matterhorn(トニー・マタラン)Pink Panther(ピンク・パンサー)といった並み居る強豪を下し見事勝利! レゲエでいうSound Clash(サウンド・クラッシュ)とはサウンド同士で行う音のバトルであり、Mighty CrownがWorld Clashで勝利したのは今回で6度目。その他にもこれまで数え切れ無いほどのクラッシュを制し、そのトロフィーの数は20を超えるほど!


World Clashとは違うが2014年より毎年開催されている、Bob Marley(ボブ・マーリー)の息子Damian Marley(ダミアン・マーリー)が主催する「Welcome to JAMROCK Reggae Cruise」にも世界選抜として招待されており、クルーズ内で行われるクラッシュでも3連覇を果たしているMighty Crown。日本人が世界で戦う、しかもレゲエの母国ジャマイカでのクラッシュで優勝するなんて本当に勇気がもらえるニュースだ!




日本から世界へ!


国内だけでなく世界の王者として君臨し続けるMighty Crownだが、近年では国内でのクラッシュの開催も主催している。アメリカのプロモーターIRISH&CHIN(アイリッシュ & チン)によって98年よりスタートしたクラッシュの世界大会World Clashのアジア唯一の代表を決める予選大会が昨年よりここ日本でも開催されているのだ! 会場は2大会連続で横浜ベイホールで行われ、2016年は東海を代表し、ジャマイカでも活躍を続けるFUJIYAMA SOUNDが、今年は関西を代表するJAH WORKSがそれぞれ本戦への切符を勝ち取った。


国内ではその他にも大小様々なクラッシュが開催されており、若手発掘から世界で活躍するサウンドまでその規模は様々。そして各サウンドのファンが全国から応援に駆けつけるのもクラッシュにかける熱い思いを知っているからこそ! 地元のレゲエサウンドがクラッシュに出場する際には駆けつけてみると普段とは違うレゲエの楽しさに気づくことができるかもしれない。





日本ではまだまだメディアで取り上げられることのないMighty Crownの快挙だが、World Clashだけでも6度目のタイトル。スポーツの世界チャンピオンと比べても素晴らしい数字だということがわかるはず! 先日のWorld Clashもだが、最近ではライブ配信されるクラッシュも多いので現地に行かずともその空気を多少味わうことができる。レゲエだけでなくロックのフェスなど音楽の垣根を壊し続け活動するMighty Crown、クラッシュだけでなくとも現役世界最高峰のレゲエサウンドを是非チェックしておこう!





written by #BsideNews


source:

http://www.mightycrown.com/news/2018/07/mighty-crownworld-clash-20th-anniversary-in-reggae-sumfest.html

http://jamaica-star.com/article/entertainment/20180720/mighty-crown-wins-sumfest-world-clash


photo: facebooktwitter



SHARE